▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】

    【筋トレと筋肉痛と超回復】筋肉のメカニズムを知りベストなトレーニングを

    筋トレをして身体をつくっていく上で、どうしても理解しておきたいのが「筋トレ」と「筋肉痛」と「超回復」のメカニズムです。それをしり、ベストなタイミングでベストなトレーニングをするのが成功の秘訣です。

    ●筋トレと筋肉痛・超回復の関係


    ・筋トレと筋肉痛について


    20160221171645604.jpg

    通常の筋トレはもちろん、体幹トレーニング、競技練習を行うと筋肉痛が起こります。筋肉痛が起こるメカニズムには2つの理由があり、1つは負荷による筋繊維の破壊(主に 伸張性収縮:エキセントリック収縮)によるもの、もう1つは筋肉細胞内に発生する乳酸に起因するものです。

    筋肉が負荷を受けて筋肉痛になると、通常48~72時間かけて回復します。この時に筋肉が元より強く回復する生科学的反応を「超回復」と呼びます。

    ・筋肉痛と超回復について




    筋肉痛から48~72時間かけて超回復した筋肉は負荷前より強化されて回復しますが、回復途中で再度強い負荷を受けると、逆に退化していきます。ですので、筋肉痛の部位は筋トレをしないのが鉄則になります。

    ただし、近年では筋肉痛の時に代謝と血行を向上させる程度の刺激を与えることにより、超回復の速度を高める「積極的休養」または「動的休養」=アクティブレストという考え方が主流になりつつあります。

    ▼関連記事

    【アクティブレスト】筋肉痛時にあえて筋トレ・ストレッチで回復を早める

    ●筋トレに最適な時間・タイミング




    一般的な勤務・通学の生活パターンの1日のなかで、筋トレをするのに最も生科学的に適切な時間は15:00~17:00とされていますが、ほとんどの人にとってトレーニングをするのが困難でしょう。ですので、現実的には19:00~22:00のタイミングで筋トレをするのが最も効果的です。

    ただし、「空腹時」「食後すぐ」「就寝前」は筋トレをするのに不適切なタイミングになりますので、トレーニングを実施する日には生活サイクルの微調整が必要になります。詳細に関しては下記の記事に記載しました。

    ▼関連記事

    【筋トレと超回復の基本理論】筋肉部位ごとの回復時間も解説

    スポンサーリンク



    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事と新着記事のご案内 2020/01/01
    【きしめんVSフィットチーネ】どっちが筋トレむき?パスタの代用になるか検証 2018/01/17
    【筋トレ男性バレンタイングッズ】トレーニング好き彼氏にプレゼントしたい厳選アイテム 2018/01/17
    【筋トレ用トレーニングベルト特集】効果・使い方・選び方とおすすめアイテムを徹底紹介 2018/01/17
    【おすすめ握力グッズ】強化やリハビリにも効くトレーニング器具のご紹介 2018/01/17
    【三種類の握力と鍛え方】クラッシュ・ピンチ・ホールド強化方法とおすすめの器具 2018/01/17
    【自宅器具なし0円筋トレ完全版】自重種目BIG5と数千円で効果倍増の器具紹介 2018/01/17
    【筋トレむき豆腐ハンバーグの作り方】植物タンパク質豊富な筋肉食事メニュー 2018/01/16
    【囚人トレーニング】アメリカ式最強自重筋トレのBIG6動画を完全公開 2018/01/16
    【ベンチプレス初心者&女性版】適切な重さと回数の決め方・基本的なフォームとやり方 2018/01/15


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    gaku.jpg

    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ