【爆発的パワーを出す】ゴルジ腱反射を利用したスポーツ競技のアップ法



    爆発的な瞬発力を生むゴルジ腱反射の生化学的解説と、同反射反応を具体的に競技に組み入れるためのウォーミングアップ方法をご紹介します。

    ■ゴルジ腱反射とは


    ●ゴルジ腱反射は1b抑制または逆伸長反射とも呼ばれる


    Skeletal_muscle.jpg

    ゴルジ腱反射とは、筋肉を伸張させる力が加わると起こる生化学的反応です。この反応は、1b抑制や逆伸長反射とも呼ばれています。

    筋肉が伸長されると筋腱のなかの受容器であるゴルジ腱器官が活動し、感覚ニューロンである「1b感覚ニューロン」を介して脊髄にある「抑制性介在ニューロン」を興奮させます。その次に、「抑制性介在ニューロン」が運動ニューロンである「α運動ニューロン」 を抑制し,その筋肉の活動を妨げます。その時に拮抗筋には逆に運動ニューロンを興奮させる反射が起こり、爆発的な筋活動が促進されます。

    なお、この反射は、筋腱の過剰伸長による断裂を防ぐための身体に備わった防御作用の一つとされています。

    ■ゴルジ腱反射の具体的導入法


    ●強い伸張性収縮を与えた後に短縮運動をする




    では、このゴルジ腱反射を実際に競技に取り入れる手法をご紹介します。今回はベンチプレスを例に解説していきます。

    ゴルジ腱反射はターゲットとする筋肉群に対して、強度の伸張性収縮(筋肉が伸ばされながら重量に耐える動き)の直後の短縮性収縮(筋肉が収縮しながら力を発揮する動き)を爆発的に強化します。

    より具体的に述べれば、ベンチプレス100kgがギリギリ挙がらない人がいるとします。100kg挙上に挑戦する前のアップとして、120kg程度の絶対に挙げられない重量をラックアウトだけして数秒間重量に耐えます。

    もちろん、万が一に備えて両側に補助者をつける事を推奨します。この過剰な伸張性収縮の直後にベンチプレスの試技を行えば、爆発的な短縮性収縮が発揮され、これまで挙げられなかった100kgが挙上できるケースも少なからず見受けられます。

    この、ゴルジ腱反射はさまざまなスポーツに応用できると考えられ、具体的なメソッド考案など、最新のスポーツ科学分野の研究課題の一つと言われています。

    ▼この記事を読んだ方におすすめの記事

    【バルサルバ法】血圧を上昇させる呼吸で瞬間筋力を高める方法と注意点

    【ベンチプレスの呼吸法】通常の筋トレとの違い|ハイパーベンチレーションの導入も解説