【筋トレ用トレーニングベルト特集】効果・使い方・選び方とおすすめアイテムを徹底紹介



    筋トレで使うトレーニングベルト・リフティングベルトには、様々な種類がありますが、いずれも腹圧を高めることにより腰椎を保護する意味があるだけでなく、最大筋力を向上させる効果があるため、筋トレをするときは着用することがほぼ不可欠なトレーニング用品です。
    写真:https://powerliftinguniversity.com/

    本記事では、通販サイトで入手が可能なトレーニングベルト・リフティングベルトを種類・タイプ別に一覧にしご紹介していきたいと思います。各商品の詳細は各リンク先にてご確認ください。

    ■目次


    ■トレーニングベルトの意味
    ■トレーニングベルトの効果
    ■トレーニングベルトの巻き方

    ▼おすすめのトレーニングベルト

    ■トレーニングベルトの選び方
    ■トレーニングベルトの種類
    ●ナイロン製ベルト
    ●革製トレーニングベルト
    ●革製パワーベルト
    ●競技用リフティンググベルト
    ■ベルト選びのワンポイントアドバイス

    ■トレーニングベルトの意味


    150106-F-AI558-024.jpg

    筋トレ時にトレーニングベルトを巻くことにより、物理的に脊柱起立背筋が補強され腰椎にかかる負荷を軽減することが可能です。

    とくに、高重量で行う種目や不安定な動作をともなう種目では、一瞬の不注意が腰痛発生につながり、そうなってしまっては、しばらくトレーニングを行うことができなくなってしまいます。

    腰椎の保護、まずはこのことがトレーニングベルトを使用する第一の意味です。

    ■トレーニングベルトの効果


    トレーニングベルトを使用するのには、腰椎保護以外にも、もう一つ大きな意味があります。それは、ベルトにより腹部外側を固定することにより腹囲の膨張を物理的に制限し、結果として腹圧を高めることができることです。最大筋力と腹圧の間には密接な関係性があり、腹圧が高いほうが最大筋力は上昇します。

    つまり、トレーニングベルトを巻くことで、より安全に、より高重量で効率的にトレーニングを行うことが可能になるのです。このことが、トレーニングベルトを使用する意味+効果になります。

    ■トレーニングベルトの巻き方




    トレーニングベルトの巻き方については、こちらの動画がとても詳しく解説していますのでご参照ください。

    トレーニングベルトは緩くては意味をなしませんが、きつすぎてもパフォーマンスに悪影響がでます。ちょうどよい締め具合は個人差がありますので、実際にトレーニングベルトを日々の筋トレに使用しながら、個人個人に最適な締め具合をみつけるのがベストです。

    ただ、初心者の方にアドバイスをするとすれば、思っている以上に締めたほうがよいと言えるでしょう。

    ■トレーニングベルトの選び方


    トレーニングベルトはダイエット・フィットネス向けのものからハードな筋トレ向け、さらには競技むけのものまであります。

    トレーニングベルトを選ぶときのポイントは、トレーニング目的に合わせたものをチョイスすることです。例えば、女性のフィットネス用に分厚い競技用革ベルトは重すぎますし、逆に、バーベル筋トレBIG3のベンチプレス・デッドリフト・スクワットを高重量で行う場合にフィットネス用ナイロンベルトでは用をなしません。

    目次にもどる

    ■トレーニングベルトの種類


    トレーニングベルトには軽トレーニングやフィットネス向きのものから、本格的な競技用のものまで多様な種類がありますが、大きく分類すると、強度の低いものから順番に「ナイロン・布ベルト」→「幅の狭い革ベルト」→「幅の広い革ベルト」→「競技用」とあります。それでは、順にご紹介していきたいと思います。

    ●ナイロン・布製ベルト


    軽いトレーニングやフィットネスに使用するタイプで、コンパクトに巻いて収納できるので持ち運びにも便利です。反面、本格的なトレーニングには強度不足となり適しません。女性・初心者・ダイエットトレーニング向きです。

    このタイプは女性や軽トレーニングの男性がフィットネスクラブ等で使用することが多いタイプのベルトですので、やはり、下記のような機能性にファッション性も兼ね備えたスポーツブランド製のものがおすすめです。

    ・アディダス(adidas)ナイロンウエイトリフティングベルト



    ▼Amazonで比較する
    adidas(アディダス) ナイロン ウエイトリフティング ベルト M ADGB-12237

    ・ナイキストレングストレーニングベルト



    ▼Amazonで比較する
    ストレングス トレーニングベルト2.0AT9030-041

    ・GOLD'S GYM(ゴールドジム)ネオプレーンベルト



    ▼Amazonで比較する
    ゴールドジム ネオプレーンベルト(トレーニングベルト) G3335 (M(70~85cm))

    こちらの、ゴールドジムのネオプレーンベルトもおすすめです。筆者も軽いトレーニングや作業のときなどに愛用しています。

    目次にもどる

    ●革製トレーニングベルト(幅の狭い革ベルト)


    一般的な男性のウエイトトレーニングに使用するのが、腹側の幅が狭くなっているタイプの革ベルトです。筋トレを確実に筋肥大をしていく強度(自分の体重以上のウエイトを扱う)で行うのならば、最低でもこのタイプが必要です。フィットネス用のナイロンベルトでは用をなしません。

    腰椎の保護に関しては問題ありませんが、腹側の幅が狭くなっている分、腹圧を利用した筋力向上は後述するパワーベルトにやや劣ります。

    高重量でトレーニングする日にはパワーベルトを使い、軽めのトレーニングや上腕・肩だけのトレーニング日にはトレーニングベルトを使うという使い分けをしている人も少なくありません。

    ・アディダス(adidas)レザーウエイトリフティングベルト



    ▼Amazonで比較する
    adidas(アディダス) レザー ウエイトリフティング ベルト SM ADGB-12234

    スポーツブランドのアディダス製のトレーニングベルトは、そのブランド性もあり人気のトレーニングベルトです。

    ・GOLD’S GYM(ゴールドジム)ブラックレザーベルト



    ▼Amazonで比較する
    ゴールドジム ブラックレザーベルト G3367

    トレーニーの間で高い人気を誇っているのが、こちらのゴールドジムのブラックレザーベルトです。革の質がワンランク上のアンティークタイプのベルトもあります。

    ・GOLD'S GYM(ゴールドジム)アンティークレザーベルト



    ▼Amazonで比較する
    GOLD'S GYM(ゴールドジム) アンティークレザーベルト Mサイズ

    目次にもどる

    ●パワーベルト(幅の広い革ベルト)


    このタイプは全体に同じ幅で、幅が10cm以上あります。腰椎の保護はもちろん、腹圧の利用に関しても申し分なく、100kgを超えるウエイトを扱う場合などには必需品となります。中級者以上の必須アイテムと言えます。

    ・ゴールドジムパワーベルト(1ピン&2ピン)



    ▼Amazonで比較する
    GOLDS GYM ゴールドジム パワーベルト 1ピンタイプ G3351

    GOLDS GYM ゴールドジム パワーベルト 2ピンタイプ G3352

    パワーベルトのなかでも、特に人気の高いのがゴールドジムのパワーベルトです。1ピンと2ピンの二種類があり、脱着などの利便性では1ピンタイプ、固定の安定感では2ピンタイプが優れています。どちらを選ぶかは好みによりますが、筆者は2ピンタイプを使用していますが、当ジム所属選手のなかには1ピンタイプをチョイスしている人もいます。

    ・POWER ARMORパワーベルト



    ▼Amazonで比較する
    IROTEC(アイロテック) POWER ARMOR パワーベルト M

    トレーニング機器で有名なメーカー・IROTEC(アイロテック) のPOWERARMORパワーベルトも、リーズナブルながらしっかりとした作りでおすすめです。

    目次にもどる

    ●競技用リフティングベルト


    ベンチプレス競技やパワーリフティング競技に出場することを前提とした場合、IPF(世界パワーリフティング協会)の基準に適合したメーカーのものを選ぶ必要があります。また、競技用はもちろんですがハイパフォーマンスですので、普段のトレーニングベルトとして使用しても、確実にワンランク上のワークアウトを実現してくれます。

    ・競技用リフティングベルト


    20160405101230152.jpg

    ・ベンチプレス専用ベルト


    belt2.jpg

    国産の最上級品やベンチプレスに特化したベルトなどが必要な場合、下記のリンク先のショップは、筆者の友人でもありベンチプレス日本記録保持者の方が運営している、非常に良心的かつ厳選品しかないショップなので、断然おすすめです。

    ▼本物志向ならこちらがおすすめ

    武器屋.net トレーニング用品セレクトショップ

    なお、通販サイトで購入できる競技用のものが以下になります。基本構造は同じですが、カラーバリエーションがたくさんあります。



    目次にもどる

    ■トレーニングベルト選びのポイント


    index-finger-309826_960_720.png

    トレーニングベルトを選ぶときのポイント・アドバイスは、現在の自分のレベルよりもワンランク上のものを選ぶことです。トレーニングを続けていくのなら、必ず強度不足を感じるようになるはずです。

    初心者の方はいずれ中級者に、中級者の方はいずれ上級者となり、さらにハードなトレーニングを行うようになります。

    ▼関連記事

    【筋トレのギア類】トレーニングベルト・グローブ・ストラップなどの紹介

    【自宅筋トレにおすすめの器具グッズ類】ダンベル・ベンチ・懸垂台・ベルト・グローブ・ストラップなど