【苺トリュフ特集】神戸フランツから各地の個性派までご紹介

    最近、かなりの勢いでトレンドから定番になりつつある「苺トリュフ」ですが、その元祖と言えば「神戸フランツ」です。「神戸魔法の壺プリン」がかなり有名なスイーツショップです。

    サクッとした独特の食感と、美味しさ風味をそのままフリーズドライした苺……という組み合わせが新発想で、かつての「苺大福」誕生時のような勢いでひろまりつつあります。

    ■元祖苺トリュフは神戸フランツ


    こちらがブームの火付け役、神戸フランツの元祖苺トリュフです。現在、年間で10万箱以上売れているというから、その美味しさは別格です。発送はクール便なので夏場も大丈夫です。


    こちらは抹茶バージョンです。少し大人の味わいです。


    名物の壺プリンとのセットがこちらです。一度にあれこれ味わえるなんて、贅沢ですね。


    苺トリュフをさらに進化させ、ミルフィーユにしたのがこちらです。

    ■対抗馬の苺トリュフたち

    美味しい苺トリュフは神戸だけじゃない……と言わんばかりにあちこちから苺トリュフが発売されています。


    本家より美味しいかも……と話題なのが北海道苺トリュフ……チョコと言えば北海道も本場です。


    青森だって北海道のとなり……苺トリュフもお手のもの。


    栃木だって作ります。


    「苺大福」に先祖がえりしてるし……と言ってはいけません。美味しいかもしれませんよ。

    ということで、これからまだまだ熱い商品が開発されそうな苺トリュフ……目が離せません。