▼当サイト人気記事▼
    underaumortop.jpg
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ
    チューブ筋トレ完全版チューブダイエット法
    ダンベル筋トレ完全版ダンベルダイエット法
    ゴリマッチョの筋トレ女性の美ボディ筋トレ
    ガンプラの全機種一覧癒し雑貨グッズ大特集

    【ガンプラ全一覧】初心者におすすめのかっこいい宇宙世紀登場機体(HGUC・MG・RG)を徹底紹介

    23421933_624.jpg

    宇宙世紀0079(ファーストガンダム)から、0083(デラーズ紛争)、0087(Zガンダム)、0093(逆襲のシャア)、0096(ガンダムUC)までに登場したMS(モビルスーツ)やMA(モビルアーマー)の解説と、初心者におすすめのかっこいいガンプラ機体(HGUC・MG・RG)をまとめました。

    本記事に全てを載せると莫大な量になりますので、宇宙世紀別・所属軍別にそれぞれ紹介記事をわけてリンクしていますので、お手数ですがご了承下さい。

    また、末尾には各宇宙世紀に登場した数多くの機体のなかから、初心者にもおすすめの選りすぐりのちょっとイカしたガンプラ商品に加え、後半では、ほぼ全てのバリエーション機体のガンプラも一覧カタログ形式でご紹介するとともに、実際に制作した「作り方・塗装例・レビュー記事」もリンクしていますので、そちらもご覧ください。

    ■目次


    ■ガンプラの種類(HGUC・MG・RG)
    ■ガンプラ塗装におすすめのグッズ
    ■初心者向きの組み方と塗装
    ■初心者におすすめのガンプラ紹介
    ■宇宙世紀0079年ジオン公国軍MS
    ■宇宙世紀0079年地球連邦軍MS
    ■宇宙世紀0079年以前の登場MS
    ■宇宙世紀0083年の登場MS
    ■宇宙世紀0087年の登場MS
    ■宇宙世紀0093年の登場MS
    ■宇宙世紀0096年の登場MS
    ■名シーンをジオラマで再現
    ■その他グッズ紹介

    ■ガンプラの種類


    ●主にHGUC・MG・RGがある


    ガンプラには、主にHGUC(ハイグレード)、MG(マスターグレード)、RG(リアルグレード)の三種類があり、それぞれの特徴は以下の通りです。

    ○HGUC(ハイグレード):1/144スケール最も基本のキットで、価格的にも一番リーズナブルです。簡単にパチ組み(接着不要)でき、各パーツも最初から色分けされているので、無塗装でもそれなりの見栄えになります。初心者向きです。

    ○MG(マスターグレード):1/100スケールと大きい分、細部のディールが細かく再現されています。中級者向きのグレードで、是非とも塗装をして自分オリジナルに仕上げたいものです。大きい分、場所をとるのがやや難点です。

    ○PG(パーフェクトグレード):1/144スケールですが、MGシリーズより細かいディティールが施されたハイエンドタイプです。動作の再現性を高めるため、パーツ数も多く、上級者向きと言えるでしょう。ディティールが細かい分、塗装をせずに墨入れをするだけでかなりのリアルな出来上がりになりますので、初心者の方でも時間さえかければ製作可能です。

    MS-06S・指揮官用ザクⅡで三種類のグレードを比較してみましょう。


    こちらが、HGUCです。


    こちらが、MGです。


    こちらが、RGです。

    シリーズによるディティールの差異がおわかりいただけると思います。

    ■ガンプラ塗装におすすめのグッズ


    一年戦争に登場するモビルスーツのガンプラ紹介の前に、ガンプラの仕上がりがグッと本格的になる、初心者にもおすすめの塗装グッズをご紹介します。

    HGシリーズもMGシリーズも、基本的にはパーツが色分けされているので無塗装でもそれなりの仕上がりになりますが、少し手を加えるだけでワンランク上の仕上がりになります。


    塗装無しの素組みのガンプラのモールド(スジの部分)にスミイレペンで塗料を流し込むだけで、グッとリアリティーが増します。こちらは、ガンプラ専用のスミイレペンです。


    質感にこだわり、艶ありや艶消しにしたい場合は、全塗装になります。サイズの小さなHGシリーズなら、こちらのような水性プラモデル塗料を筆塗りするだけで問題ありません。


    MGシリーズやHGシリーズでも平面部分が広いガンプラは、こちらのようなスプレータイプの塗料を使えば塗装ムラがなく仕上がります。


    なお、こだわりのオリジナルカラーに塗装したいという方には、プラモデル専用のエアーブラシセットがおすすめです。使ってみると、意外に簡単ですよ。

    ■初心者向きの作り方と塗装


    ●パチ素組み+つや消し+すみ入れ




    こちらが、初心者の方がガンプラを作って塗装するためのセットです。

    組み立てはパチ素組みで、パーツはニッパーを使ってランナーから綺麗に切り取り、細かい部品とシール貼りはピンセットを使います。

    塗装は素材のプラスチック感をなくすためにフラットクリア(つや消し透明)塗装をしますが、この一手間だけでずいぶんと質感がよくなります。

    また、細部やミゾにはガンプラマーカーのすみ入れペンなどを使い簡単に着色すると、仕上がりを向上させることが可能です。

    20180520051137753.jpg

    こちらが、パチ素組みだけをした状態ですが、やはりプラスチック感があります。

    20180520051446725.jpg

    こちらが、パチ素組みをしたものにつや消しクリア塗装とすみ入れを施した状態です。かなり質感が向上することがおわかりいただけるのではないでしょうか。

    初心者の方でも簡単にできて、かっこよく仕上がる、具体的なすみ入れ方法をご紹介します。



    フラットクリアを塗って乾かした状態ですが、すみ入れに使う塗料で溶け出さないように、フラットクリアは油性塗料、すみ入れには水性塗料を使うのがポイントです。



    すみ入れをした状態です。すみ入れ塗料は乾燥のおそいタイプなので、全体的に塗っておいてから綿棒ではみ出し箇所をふき取ります。



    はみ出し部分をふき取った完成状態です。なお、すみ入れ塗料の色はブラックだとメリハリが効きすぎますのでグレーがおすすめです。

    また、好みによりますが、ベース色が濃い色の場合はライトグレーなど明るい色ですみ入れをするとディティールが浮き立ちます。

    20180506073949240.jpg

    20180506092531238.jpg

    なお、すみ入れは本体のカラーリングに合わせ、濃い色のキットの場合は強めに、薄い色のキットの場合は薄めに行うとコントラスト的にしっくりときます。

    20180506092621506.jpg

    20180506092706829.jpg

    さらに、HGUCシリーズの場合、バーニア内面は色分けがされていませんので、そこだけでもピンポイント塗装を行うと、一気にモデルが精悍なイメージになるとともにリアリティーが増します。

    20180509055305982.jpg

    なお、さらに詳しい汚し塗装(ウェザリング)やダメージ加工については、下記の記事で、マット塗装・錆び塗装・剥がれ塗装・泥塗装・弾痕加工などを、実際に製作工程順に解説していますのでご参照ください。

    ▼さらに詳しいガンプラ塗装

    【ガンプラ汚し塗装】錆び・油・泥・剥がれウェザリングの初心者向きのやり方

    ■初心者におすすめのガンプラ紹介


    初心者の方におすすめのガンプラは、パーツ数が少なく、パチ組みオンリーの無塗装でもそれなりの仕上がりになるHGUCタイプです。




    まず、基本中の基本として、最初に作っていただきたいのがHGUCの「RX-78・ガンダム」と「MS-06F・ザクII」です、この二つのキットは、もっとも販売数が多いだけに、これまで幾度となく改良が繰り返されており「初心者でも作りやすくかっこいい」代表格とも言えます。

    まずは、ここからガンプラ作りをスタートしましょう。

    ガンプラ作りの基本を覚えたら、スタンダードな機体を一つずつ作っていくのが基本スタイルですが、最近はかなりカッコよくてイカしたセットやキットがあります。まずは、ガンダムファンならグッとくるセット・キットをあえてご紹介したいと思います。

    1/144サイズのHGUCタイプを中心にご紹介します。


    ガンプラライフをスタートした方に、最初におすすめしたいのは、やはりザクⅡですが、06Fではなくて、06J=陸戦型です。脚部のミサイルランチャーがそそります。ザクⅡは、設定上もプラモ的にもガンダム世界で最大の生産量を誇っていますので複数機体持っていてもよいでしょう。なお、こちらは、陸戦型ザクⅡと戦車のセットで気分も盛り上がります。


    ガンダム・ザクときたら、ドムも外せません。安価な1/144スケールならマッシュ・オルテガ・ガイアのトリプルドムが揃ってもこの価格です。


    ファーストガンダム最初の山場がジャブロー攻略戦です。大活躍した、ジオン軍の水陸両用モビルスーツのセットがこちらになります。ジオンの水陸両用モビルスーツは比較的シンプルな構造をしており、パーツ数も少なく価格もリーズナブルなので、これからガンプラ作りをスタートアップする初心者の方の練習用としても最適です。


    連邦軍の名脇役機体と言えば、ガンキャノンとジムですが、陸戦部隊・ホワイトディンゴ隊の量産型ガンキャノン&陸戦型ジムはかなりイカしてますね。


    マニアックな人気を誇るガンタンクですが、初期生産型はさらにマニアックですね。


    ジオンの傑作高性能機・ゲルググの局地戦タイプがこちらのマリーネです。エネルギー切れしないように実弾兵器を装備、流用したザクシールドが格闘武器というシビれるイカしっぷりですね。


    「脚?あんなものは飾りですよ」と整備兵に言わしめた、ジオン未完成最終兵器の完成形がこちらのパーフェクト・ジオングです。飾りがないほうがカッコいいかもしれません。



    こちらがパーフェクトなら、あちらはフルアーマーガンダムです。ちなみに、筆者はジオン派です。


    プロパガンダに利用された、悲運の試作機ヅダがこちらです。ストーリーを知っていると泣けてきますね。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180510050642493.jpg

    【EMS-10ヅダ】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー


    ジオン版ガンタンクと言えるのがヒルドルブです。ガンタンクと違い、戦車形態に変形するのがイカしてます。


    ジムの最強仕様がこちらのパワードジムです。ザクでは絶対に近寄りたくないですよね。


    宇宙世紀のガンダムシリーズのなかでも、ミリタリー感溢れるリアルな設定で、今でも高い人気を誇っているのが08小隊です。ガンダムの規格外パーツを再利用した量産機である陸戦型ガンダムは、原作とおり多彩な武装とランドセルパックが再現された、非常にかっこいいキットです。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180509061914844.jpg

    【RX-79[G]陸戦型ガンダム】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー


    Ez8は陸戦型ガンダムを現地改修し、追加装甲などを装備した機体で、ガンダム系のモビルスーツとしては珍しく「二本角ではない」頭部デザインが人気です。ガンプラのほうは陸戦型ガンダムと共用設計になっており、バックパックやランドセルが双方に使いまわせるようになっています。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180519095931950.jpg

    【RX-79[G]Ez-8ガンダムEz8】初心者向きガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー


    筆者が、最強にイカしていてかっこいいと思うのが、こちらのジオン最期のモビルスーツ・強襲機体のケンプファーです。かっこよすぎます。大量のバーニアがずらりと並んだ背面側のデザインは、いかにも強襲機という雰囲気です。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180510060758961.jpg

    【MS-18Eケンプファー】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ●宇宙世紀0079年の登場モビルスーツを一挙紹介


    大変ご好評をいただいている本記事ですので、付録情報として宇宙世紀0079年の登場モビルスーツのガンプラを一挙にご紹介します(2017年7月追記)。あわせて、各MSシリーズごとのさらに詳細なHGUC・MG・RGガンプラカタログ記事もリンクしておきますので、是非ご活用ください。

    目次にもどる

    ■ジオン公国軍の登場モビルスーツ一覧


    ・YMS-03 ヴァッフ




    ジオン軍最初の量産型モビルスーツMS-05BザクⅠのルーツとなる、そして全てのモビルスーツの始祖となる試作機がYMS-03ヴァッフです。ガンプラは最新のオリジン版HGUCとあって、可動域が広く、モールドなどのディティールも精密な造りとなっています。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180521083922474.jpg

    【YMS-03ヴァッフ】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-04 ブグ




    YMS-03から発展した先行試作機がMS-04ブグですが、高性能を追求した機体のため生産コストが高く、正式化にはいたりませんでした。劇中ではランバラルが登場し、ガンキャノン初期型を圧倒的な性能差で一蹴します。ガンプラはオリジン版ザク系のバリエーションとなっているため、可動範囲、モールドともに非常に良好です。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180524131843252.jpg

    【MS-04ブグ】初心者向きガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-05B ザクⅠ




    ジオン軍初、そして宇宙世紀初の量産モビルスーツとなるのは、MS-05BザクⅠです。一般的には旧ザクと呼ばれることの多い機体で、地味ながら根強い人気があります。ザクシリーズの特徴である動力パイプが、装甲内に収納されているため、かなりシンプルなデザインとなっており、ガンプラのほうも初心者が作りやすい構造です。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180516083029353.jpg

    【MS-05BザクⅠ】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-05S シャア専用ザクⅠ




    ガンダム THE ORIGINに登場した、旧ザクのSタイプでシャー専用機がこちらのMS-05Sです。旧ザクながら、左肩のスパイクアーマーがMS-06タイプになっているのが特徴です。こちらもシンプルな構造で、初心者でも最も作りやすいガンプラ機体の一つと言えるでしょう。

    ・MS-05L ザク スナイパータイプ





    MS-05LザクⅠスナイパータイプは、旧型化した量産期であるMS-05Bのバックパックを改装し、大型ジェネレーターを搭載することにより、大型スナイパーライフルを使用できるように改修した狙撃専用機体です。近接戦に備え、頭部バルカンが追加されています。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180510050603686.jpg

    【MS-05LザクⅠスナイパータイプ】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-05B 黒い三連星仕様ザクⅠ




    黒い三連星仕様の旧ザクで、機体は量産型のMS-05Bのオリジナル塗装バージョンです。非常に作りやすい初心者向きのおすすめ機体です。

    ・MS-05 ランバ・ラル専用ザクⅠ




    グフのイメージの強いランバラルですが、その前の搭乗機体がこちらの青い旧ザクです。

    全てのモビルスーツの始祖とも言えるのが、MS-05・ザクⅠ(旧ザク)です。ノーマルのものから、スナイパータイプ、ランバラル専用機、黒い三連星専用機などのバリエーションがあります。HGUC・MG・RG別の一覧は下記のカタログ記事でご確認ください。

    ▼関連記事

    MS-05ザクⅠ系モビルスーツのガンプラ(HGUC・MG・RG)

    また、Amazonで見る場合は下記のリンクからお探しください。

    Amazon旧ザクガンプラ一覧

    ・MS-06F 量産型ザクⅡ




    ジオン公国軍で飛びぬけて生産機数が多い量産機体がMS-06FザクⅡです。ガンプラのほうでも生産数は飛びぬけて多く、幾度もモデルチェンジされてきています。そして、モデルチェンジのたびに可動域は広く、初心者にも作りやすくなってきていますので、間違いなく初心者におすすめの機体と言えます。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180510050514909.jpg

    【MS-06F量産型ザクⅡ】初心者むきのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-06F-2 後期生産型ザクⅡ




    個人的に、MS-06系のガンプラで作りやすさと完成度の兼ね合いが、高いレベルで実現されていると感じているのが、こちらのHGUCシリーズのMS-06F-2後期生産型ザクⅡで、初心者の方にも非常におすすめのキットです。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180512082915204.jpg

    【MS-06F-2後期生産型ザクⅡ】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-06S シャア専用ザクⅡ




    機体としたは、量産型とは違うMS-06Sですが、外観はブレードアンテナ以外は06Fと同一ですので、ガンプラとしては量産型と全く同じキットの色違いとなっています。



    また、オリジン版のHGUC・MS-06Sは、ザク系ガンプラのなかでも最新バージョンにあたるもので、RGグレード並みのモールドが彫られており、作製難易度は高いものの、完成したときの出来栄えは非常に高いキットです。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180512083143209.jpg

    【MS-06Sシャア専用ザクⅡオリジン版】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    20180520051505736.jpg

    また、ほぼ同一キットの色違いではありますが、量産型MS-06Cも非常に完成度の高いキットとなっています。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    【MS-06C-5初期生産型ザクⅡ】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-06F ドズル・ザビ専用ザクⅡ




    ビクザムのイメージの強いドズル・ザビですが、ザクも所有しています。将官ですが、ベース機体はあくまで量産型のMS-06Fです。ただし、オリジナル要素として、スパイクアーマーが両肩装備、大型の特注ヒートホーク装備となっています。

    ・MS-06R-1A シン・マツナガ専用ザクⅡR




    白狼として知られるエースパイロットであるシン・マツナガ専用のMS-06R-1AザクII(高機動型ザク)です。ガンプラの造形上のMS-06Fとの相違点は、脚部のバーニアや大型ランドセル(バックパック)でやや作成難易度は上がりますが、ガンプラ全体ではかなり作りやすい部類に入り、初心者向きのキットです。

    ・MS-06R-1A 黒い三連星ザクⅡR




    黒い三連星仕様のMS-06R-1Aで、キットとしてはシン・マツナガ機と色違いの同一モデルです。

    ・MS-06R-2 J・ライデン専用ザク




    ザクⅡの最終進化形態の一つともいえるのが、こちらのMS-06R2(高機動型ザクR2)で、性能はMS-14Aゲルググに匹敵するとされています。ガンプラの造形としては、脚部に外装が追加されていますが、外装パーツをあえて取り付けないことでMS-06R-1のバリエーションとして作ることも可能です。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180515072038985.jpg

    【MS-06R-2ジョニーライデン専用高機動型ザクⅡ】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-06FZ ザクⅡ改




    ザクⅡ量産型の最終バージョンとされるのがMS-06FZ ザクII改で、唯一ガンダム系モビルスーツを倒したザクです。全体的にデザインが再構築されていますが、ガンプラの作りやすさは普通のザクⅡとあまり変わらず、初心者におすすめです。

    また、通常の頭部のほかに、フリッツヘルムバージョンの頭部も付属しているのが嬉しいポイントです。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180516093200688.jpg

    【MS-06FZザクⅡ改】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-06RD-4 高機動試作型ザク




    THE ORIGINに登場する試験機がMS-06RD-4 高機動試作型ザクです。かなりディティールが細かい造形ですので、やや難易度は上がりますが、ザクシリーズのなかでも最新デザインのものですので、是非チャレンジしてください。

    モビルスーツ史上もっとも多くの機体が生産されたのがMS-06・ザクⅡシリーズで、そのバリエーションは多岐にわたり、本記事だけではまだまだご紹介しきれません。さらに詳しくは下記のカタログ記事でご確認ください。

    ▼関連記事

    MS-06FザクⅡ/MS-06S指揮官用ザクⅡ系モビルスーツのガンプラ紹介(HGUC・MG・RG)

    また、Amazonで見る場合は下記のリンク先からお探しください。

    AmazonザクⅡ系統ガンプラ一覧

    ・MS-07B グフ




    「ザクとは違うのだよザクとは」で衝撃的なデビューを果たしたジオン公国軍発の陸戦モビルスーツが、MS-07B グフです。ガンプラの造形としてはザクⅡよりもシンプルですので、かなり作りやすい部類に入ります。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180513185054206.jpg

    【MS-07Bグフ】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-07B マ・クベ専用グフ




    派手めの塗装が特徴のMS-07B マ・クベ専用グフですが、基本的にキットはグフと同一ですので、プラモデルつくりの難易度としては決して高くありません。

    ・MS-07-B3 グフカスタム




    数あるガンプラのなかでも、特に人気の高い機体の一つがMS-07-B3 グフカスタムです。象徴的なデザインともいえるガトリングシールドは、造形がやや細かく制作難易度が上がりますが、本体自体は普通のグフと同様に、初心者にも組み立てやすい機体です。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180511082742647.jpg

    【MS-07B3グフカスタム】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-07H8 グフフライトタイプ




    ドムへの試験型としての位置づけがなされているMS-07H8 グフフライトタイプは、各フライトスタビライザーの組み立てが少々難しく、筆者自身も作成に苦労しました。その分、完成したときのかっこよさと充実感は高いので、初心者の方も是非チャレンジしていただきたいと思います。

    ザクの進化型量産期であるグフや、ドムの試作機であるグフフライトタイプなど、MS-07シリーズもれ強い人気があります。さらに詳しくは下記のカタログ記事でご確認ください。

    ▼関連記事

    MS-07Bグフ/MS-07B3グフカスタム/MS-07Hグフフライトタイプのガンプラ(HGUC・MG・RG)の紹介

    また、Amazonで見る場合は下記のリンク先からお探しください。

    Amazonグフ系統ガンプラ一覧

    ・MSM-03 ゴッグ




    頭部のない特殊なデザインで、一部のガンプラファンに高い人気のあるのがジオン公国軍の水陸両用モビルスーツです。なかでもMSM-03 ゴッグはかなりあっさりとした造形ですので、初心者の方にとって作りやすさナンバーワンクラスのガンプラです。

    ・MSM-03C ハイゴッグ




    ゴッグをカッコよくデザインしなおした感じの水陸両用モビルスーツがMSM-03C ハイゴッグです。作成難易度は高くはありません。

    ・MSM-04 アッガイ




    兵器らしからぬ「可愛い系デザイン」で、あっがいたんとも呼ばれるのがMSM-04 アッガイです。非常にシンプルな構造ですので、ガンプラ作成難易度はもっとも簡単な部類です。

    ・MSM-04G ジュアッグ




    昭和に発売された当初のMSVシリーズのMSM-04G ジュアッグのガンプラは、かなり組み立てにくいキットでしたが、最新版のジュアッグは非常に作りやすいキットです。

    ・MSM-07 量産型ズゴック




    ジオン公国軍の水陸両用モビルスーツのなかでも、圧倒的人気を誇るのがMSM-07 量産型ズゴックです。ツィマッド社の尖った意匠を具現化したようなデザインですが、ガンプラの組立てとしては非常に簡単な部類に入り、初心者の入門・練習用としてもおすすめです。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180512095402441.jpg

    【MSM-07量産型ズゴック】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MSM-07S シャア専用ズゴック




    MSM-07S シャア専用ズゴックは、量産型とは違う形式番号の期待ですが、外見上は量産期と同一で、プラモデルキットとしても色違いのバージョンになります。

    ・MSM-07E ズゴックE




    ズゴックの改修型がMSM-07E ズゴックEで、造形が複雑な分、制作難易度は上がりますが、難易度としては簡単な部類のガンプラです。

    ・MSM-08 ゾゴック




    旧キットから最新型のHGUCになり、非常に作りやすくなったのがMSM-08 ゾゴックです。

    ・HGUC MSM-10 ゾック




    HGUC MSM-10 ゾックはジオン公国軍の大型水陸両用モビルスーツで、前後がないデザインが特徴的です。

    ズゴックに代表されるジオン公国軍の水陸両用モビルスーツは、その独特な形状から人気のカテゴリーで、通称「ジオン水泳部」などとも呼ばれています。本カテゴリーもHGUC・MG・RGから多くのキットが発売されています。

    ▼関連記事

    MSM-03ゴッグ系/MSM-04アッガイ/MSM-07ズゴック系/MSM-10ゾックのガンプラ(HGUC・MG・RG)

    ・MS-08-TX イフリート




    グフ系陸戦専用モビルスーツの最終バージョンとも言えるのが、MS-08-TX イフリート改です。難易度としてはグフよりやや上ですが、けっして難しいキットではありません。

    ・YMS-08B ドム試作実験機




    量産型では動力パイプが装甲内に収められていますが、YMS-08B ドム試作実験機ではザクⅡのように動力パイプが外部に露出しています。このため、ドムシリーズとしては、ややスレンダーなデザインとなっています。

    ・MS-09/R |ドム/リックドム




    ザクⅡに続いて正式に量産された重モビルスーツがMS-09/R |ドム/リックドムです。ドムはホバー装備の陸戦機、リックドムはバーニア装備の宇宙機ですが、デザイン上は全く同一です。細かい造形がないシンプルなデザインですので、初心者の方にも作りやすいキットです。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180511071618465.jpg

    【MS-09ドム/09Rリックドム】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-09RS シャア専用リックドム




    MS-09RS シャア専用リック・ドムは、外観デザインとしては量産型ドムと同一ですので、かなり作りやすいキットです。

    ・MS-09R-2 リックドムツヴァイ




    やや尖った感じにデザインされなおされたドムがMS-09R-2 リックドムIIです。

    ・MS-09F ドムトローペン






    MS-09F ドムトローペンは通常のドムカラーのものと砂漠戦仕様のものがありますが、キットとしては違いはありません。比較的作りやすいキットです。

    ホバー走行で疾走するMS-09・ドムシリーズは、0078年では最重量級に分類される重モビルスーツです。その貫禄ある姿はコアファンも少なくありません。さらに詳しくは、下記のカタログ記事でご確認ください。

    ▼関連記事

    MS-09/09R/R2/Fドム・リックドム・リックドム2・ドムトローペンのガンプラ(HGUC・MG)の紹介

    また、Amazonで見る場合は下記のリンク先からお探しください。

    Amazonドム系列ガンプラ一覧

    ・YMS-15 ギャン




    YMS-15 ギャンは、ゲルググとの次期量産期コンペに参加したツィマッド社の格闘戦型モビルスーツです。西洋の騎士を連想させるデザインになっています。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180514053415857.jpg

    【YMS-15ギャン】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-14A 量産型ゲルググ




    ジオン公国軍最後の量産機がMS-14A 量産型ゲルググです。丸みを帯びた末広がりのデザインが特徴ですが、かなりシンプルな構造ですので、作成難易度としては初心者向きです。なお、本キットは一部の部品を選択することで、量産型ゲルググとゲルググキャノンを選んで作る仕様になっています。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180511071746465.jpg

    【MS-14A量産型ゲルググ】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180511071707794.jpg

    【MS-14Cゲルググキャノン】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-14C ゲルググキャノン




    ・MS-14S シャア専用ゲルググ




    ・MS-14A ガトー専用ゲルググ




    ・MS-14-JG ゲルググイェーガー




    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180517093205227.jpg

    【MS-14JGゲルググイェーガー】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・MS-14F ゲルググマリーネ




    ゲルググはザクⅡについでバリエーションの多い機体ですが、制作難易度は総じて簡単な部類に入ります。なお、さらに詳しいゲルググのガンプラ情報は、下記のカタログ記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    MS-14A・Sゲルググ/MS-14B高機動型ゲルググ/MS-14Cゲルググキャノンなどのガンプラ(HGUC・MG・RG)の紹介

    また、Amazonで見る場合は下記のリンク先からお探しください。

    Amazonゲルググ系列ガンプラ一覧

    ・MSN-02 ジオング




    「足?あんなものは飾りですよ」で有名なジオングは、完成率70パーセントのため、脚部がありません。このため、非常に作成行程が少なく作りやすいガンプラです。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    【MSN-02ジオング】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    目次にもどる

    ■地球連邦軍の登場モビルスーツ一覧


    ・RGM-79 ジム




    地球連邦軍初の量産型モビルスーツがジムですが、試作機のRX-78ガンダムから多くの機能をオミットし、生産性を上げて費用を削減したモデルです。ザクⅡと匹敵するほど数多くのバリエーションがあります。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー 

    20180511052358943.jpg

    【RGM-79ジム】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・RGM-79[G] ジム(陸戦型)




    RGM-79ジムとは別ラインで先行量産されたのが、こちらの陸戦型ジムです。かなりミリタリーな設定が今でも根強い人気があります。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180518072426393.jpg

    【RGM-79[G]陸戦型ジム】初心者向きのガンプラ(HG)の作り方・塗装例・レビュー

    ・RGM-79[G] ジム・スナイパー





    陸戦型ジムをカスタマイズし、狙撃機体に改修したのがジム・スナイパーカスタムで、後述のジムスナイパーⅡとは別ラインの発展機です。



    陸戦型ジムに追加装甲を施し、近接格闘戦よりにチューンナップされた機体がジムストライカーです。ガンプラとしては、追加装甲のモールドが多く、すみ入れ処理を行うとグッと完成度が高まるので、作っていて楽しいキットと言えます。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー 

    20180513063130107.jpg

    【RGM-79FPジムストライカー】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・RGM-79D ジム寒冷地仕様




    陸戦型ジムの寒冷地仕様で、ここからジムコマンドに発展するプロトタイプ機でもあります。劇中ではハイゴックの強襲からアレックスを守りきり、力尽きる時のサムズアップがかっこいいと人気です。ガンプラとしては、とてもシンプルな構造をしており、初心者の方にもおすすめの機体と言えるでしょう。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー 

    20180520101955017.jpg

    【RGM-79Dジム寒冷地仕様】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・RGM-79GS ジムコマンド




    ジムシリーズのなかでもエース機の扱いなのがジムコマンドで、地上戦用と宇宙戦用のバリエーションがあります。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180511052257444.jpg

    【RGM-79GSジムコマンド宇宙戦用】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・RGM-79SP ジム・スナイパーⅡ




    ジムコマンド系列の機体に、ジムスナイパーカスタムの技術を導入したのがジムスナイパーⅡで、その機体性能はガンダムにも匹敵するとされる、一年戦争で最高クラスのジムです。狙撃特化機体ではなく、狙撃もできる高性能機という位置づけになっています。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー 

    20180511052224569.jpg

    【RGM-79SPジムスナイパーⅡ】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    なお、Amazonで見る場合は下記のリンク先からお探しください。

    Amazonジム系列ガンプラ一覧

    ・RX-75 ガンタンク




    ガンタンクは61式戦車の後継機として開発されたRTX-44陸戦強襲型ガンタンクをベースに、RX計画の一環としてモビルスーツ開発のテストベッドとして試作された半戦車・半モビルスーツです。

    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180513173345519.jpg

    【RX-75ガンタンク】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・RCX-76 ガンキャノン 最初期型




    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180525071913950.jpg

    【RCX-76-02ガンキャノン最初期型】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・RX-77-2 ガンキャノン




    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180512095218451.jpg

    【RX-77-2ガンキャノン】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・RX-77D ガンキャノン量産型




    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180512095254791.jpg

    【RX-77Dガンキャノン量産型】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ガンキャノンにもバリエーションは少なくありませんが、いずれも長距離支援型のガンタンクタイプと近接型のガンダム・ジムタイプの中間距離=中距離砲撃をメイン任務としています。

    なお、Amazonで見る場合は下記のリンク先からお探しください。

    Amazonガンキャノン系列ガンプラ一覧

    ・RX-78-1 プロトタイプガンダム




    ・RX-78-2 ガンダム




    ▼実際の組み立て工程・塗装例とレビュー

    20180513184656988.jpg

    【RX-78-2ガンダム】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー

    ・RX-78-3 G-3ガンダム




    ・RX-78-4 ガンダム4号機




    ・RX-78-5 ガンダム5号機




    ・RX-78NT-1 ガンダムNT-1 (アレックス)




    ・フルアーマーガンダム




    新しい映像作品が公開されるたびに、新タイプのガンダムバリエーションがデザインされているので、ザクやジムについでバリエーションが豊富なのが、ガンダムシリーズです。

    なお、Amazonで見る場合は下記のリンク先からお探しください。

    Amazonガンダム系列ガンプラ一覧

    目次にもどる

    ■宇宙世紀0079年以前の登場MS



    ※こちらは商品のイメージ画像です。

    ガンダムThe originに登場するモビルスーツのガンプラ紹介

    目次にもどる

    ■宇宙世紀0083年の登場MS



    ※こちらは商品のイメージ画像です。

    【ガンダム0083STARDUSTMEMORY】宇宙世紀0079以降のおすすめガンプラまとめ①デラーズ紛争編

    目次にもどる

    ■宇宙世紀0087年の登場MS



    ※こちらは商品のイメージ画像です。

    【機動戦士Zガンダム】宇宙世紀0079以降のおすすめガンプラまとめ②グリプス戦役編

    目次にもどる

    ■宇宙世紀0093年の登場MS



    ※こちらは商品のイメージ画像です。

    【逆襲のシャア】宇宙世紀0093年の登場ガンプラ完全紹介(サザビ・ギラドーガ・νガンダムなど)

    目次にもどる

    ■宇宙世紀0096年の登場MS



    ※こちらは商品のイメージ画像です。

    【工事中・近日公開予定】

    目次にもどる

    ■名シーンをガンプラジオラマで再現


    20180519125136596_2018051917522085c.jpg

    ガンプラを作ったら、自分だけのオリジナル写真を撮って残しておきたいものですが、ここで一工夫をすると、あの名シーンを再現した作品風に仕上げることも可能です。

    20180519185500875_201805191906304cf.jpg

    こちらは、MS-07Bグフ初登場のシーンを再現したガンプラデジタルジオラマです。「ザクとは違うのだよ、ザクとは」であまりにも有名です。

    初心者の方でも簡単にできる、背景をフリー画像でデジタル処理したデジタルジオラマの作り方は下記の記事でご紹介していますので、是非ご参照ください。

    ▼関連記事

    【ガンダムの名シーンをガンプラジオラマでデジタル再現】作例と撮影に必要な器材のご紹介

    目次にもどる

    ■その他ガンダムグッズやメカ・SFグッズ


    ●ガンダムグッズ記事シリーズ


    下記の記事はガンダムの登場するモビルスーツをモチーフにしたさまざまなグッズ類を紹介した記事です。

    【ザクグッズ特集】プラモはもちろん文具・家電まで大紹介

    あえて【グフグッズ特集】プラモ・フィギュアはじめザクとは違うのだよ

    渋すぎる【ズゴックグッズ特集】プラモ・フィギュアほか渋いグッズが盛りだくさん

    ●他のメカプラモデル



    【重戦機エルガイム特集】プラモデルからROBOT魂まで現在でも入手できるグッズを紹介


    【装甲騎兵ボトムズ大特集】フィギュアからプラモデルまで現在でも入手可能なグッズを調査紹介

    SF映画・特撮ヒーローのプラモ・フィギュア・グッズ



    ガンプラ以外にもスターウォーズ、プレデターなどのSF映画もの・仮面ライダーやゴジラなどの特撮ヒーローもののフィギュア紹介記事も書いていますので、興味のある方は下記リンクからご覧下さい。


    ※こちらは商品のイメージ画像です。

    【SF映画・特撮キャラグッズ総集編】スターウォーズ・プレデターからガンプラ・仮面ライダーまで

    このエントリーをはてなブックマークに追加

     

    スポンサーリンク



    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【当サイト筋トレ情報が根拠とする公的機関の公式ページ】厚生労働省e-ヘルスネットのリンク集 2020/01/01
    【部位分割法筋トレ】最効率で効果を得られるスプリットトレーニングの組み方を解説 2018/06/20
    【40代のアラフォー自宅ダイエット筋トレ】男性・女性もまずは代謝を上げて継続できるメニューが大切 2018/06/20
    【金欠時の筋トレには魚肉ソーセージ】冷凍ハンバーグとのコラボが最強 2018/06/19
    【筋トレむき朝食の鮭丼】サーモンのバルクアップ効果満タンの筋肉飯 2018/06/19
    【カツオたたき茶漬け】ダイエット筋トレ時の食事としてもおすすめ 2018/06/19
    【ダブルチーズバーガーの筋トレ最適化】マクドナルドでも筋肉は作れる 2018/06/19
    【筋トレサプリメント25選】筋肉肥大におすすめの国内・海外製HMB・BCAA・クレアチン・プロテインなど 2018/06/19
    【自重スクワットの4種類】種目ごとのやり方と効果のある筋肉部位を解説 2018/06/19





    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    運営者情報

    プライバシーポリシー

    当サイト筋トレ情報の根拠

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ