【タイガーナッツ】話題のヘルシーフードの成分と食べ方

    Cyperus_esculentus_MS_4388.jpg


    最近、ヘルシーフードとして注目を集めているのが、古代エジプト王族の棺からも出土したタイガーナッツです。

    このタイガーナッツは、スペインで多く栽培されている カヤツリグサの仲間で、現地ではチュファと呼ばれています。

    タイガーナッツ(cyperus sculentus lativum)は、ナッツと呼ばれていますが、実際はナッツ(実)でなく、小さな塊茎(むかご)です。4000年前に発見されたスーパーフードで、遥か古代エジプトでは王族の長寿食として重宝されていました。

    食物繊維、タンパク質、および天然の糖質が非常に高く、健康維持に最適であると認識されてきましたが、植物タンパク質が豊富なだけでなく、日本人に不足しがちなミネラル分・繊維分をふんだんにふくんでいます。

    気になる食べ方ですが、商品として一般的なのは以下のように洗浄・乾燥加工されています。



    食べ方はいたって簡単で、シリアルやドライフルーツと一緒にミルクに入れて食べるだけです。

    味は甘酸っぱくて癖がく、ほどよい固さで、歯の丈夫な人ならスナックとしてそのままボリボリと食べることも可能です。

    このほかにも、ミキサーでミルクと一緒にジュースにしても美味しくいただけます。

    まだまだ日本では馴染みの薄いタイガーナッツですが、話題のスーパーフードとしてブレイクしそうです。いくつかタイガーナッツのショップをリンクしておきますので、興味のある方はご参照ください。