トレーニングベルトの効果・巻き方・選び方|その他の筋トレグッズ・ギア類もご紹介

    筋トレの道具としてまず用意したいトレーニングベルトの意味・効果・巻き方・選び方をご紹介するとともに、トレーニンググローブ、トレーニングシューズ、リストラップやリストストラップなど筋トレの効果を高めるための補助グッズ・ギアもご紹介します。これらの種類は多く、とくに初心者の方にはわかりづらいので、それらの使い方解説します。

    ●トレーニングベルトの意味・効果・巻き方・選び方


    ●トレーニングベルトの意味


    筋トレ時にトレーニングベルトを巻くことにより、物理的に脊柱起立背筋が補強され腰椎にかかる負荷を軽減することが可能です。このことが、トレーニングベルトを使用する意味になります。

    ●トレーニングベルトの効果


    また、トレーニングベルトを巻くことにより、腹部に力を入れた時に腹圧が高まるようになります。これにより、最大筋力が上昇するという効果が得られます。このことも、トレーニングベルトを使用する大きな意味の一つです。

    ●トレーニングベルトの巻き方




    トレーニングベルトの巻き方については、こちらの動画がとても詳しく解説していますのでご参照ください。

    トレーニングベルトは緩くては意味をなしませんが、きつすぎてもパフォーマンスに悪影響がでます。ちょうどよい締め具合は個人差がありますので、実際にトレーニングベルトを日々の筋トレに使用しながら、個人個人に最適な締め具合をみつけるのがベストです。

    ただ、初心者の方にアドバイスをするとすれば、思っている以上に締めたほうがよいと言えるでしょう。

    ●トレーニングベルトの選び方


    トレーニングベルトはダイエット・フィットネス向けのものからハードな筋トレ向け、さらには競技むけのものまであります。それぞれの目的やレベル別におすすめのトレーニングベルトをご紹介します。

    ●ダイエット・フィットネス向けトレーニングベルト



    ダイエットやフィットネス系の筋トレにおすすめなのが、こちらのようなナイロン製トレーニングベルトです。クルクルと巻いておくと小さなバッグ類にも入るので便利です。

    ●筋トレ初級~中級むけトレーニングベルト



    本格的なウエイトトレーニングの入門用におすすめなのが、こちらのような革製ベルトです。腹部の幅が狭くなっているので、トレーニング動作が行いやすいのが特徴です。

    ●筋トレ上級者むけトレーニングベルト



    100kg以上のウエイトを扱うのならば、こちらの幅広タイプが推奨です。高重量トレーニングでは、通常のベルトだと若干不安があります。

    ●競技者むけトレーニングベルト



    上級者としてトレーニングや競技を行っていくのであれば、こちらのようなIPF(世界パワーリフティング協会)の規定をクリアしているのベルトが必須となります。こちらは、筆者の友人でもありベンチプレス日本記録保持者の方が、こだわりのギアを扱っている「武器屋.net」のトレーニングベルトです。写真のタイプ以外にもさまざまなタイプのトレーニングベルトが扱われていますので、下記公式ショップをご覧ください。

    武器屋.net トレーニング用品セレクトショップ |

    ▼関連記事

    【筋トレ用トレーニングベルト特集】通販で買える商品を一覧で一挙紹介

    ■基本的な筋トレギア・グッズ・補助道具


    ●トレーニンググローブ


    まず揃えたいのがグローブです。不特定多数が触るバーやシャフトを直接触るのは不衛生ですし、何よりもグリップ力が増して手が滑らなくなります。女性などは手の平のバーベルタコ予防にも必須です。


    トレーニンググローブは各メーカーからさまざまな商品が発売されていますが、ダイエット筋トレなどにおすすめのトレーニンググローブがナイロン製のこちらのタイプになります。リーズナブルで頑丈なブランド品です。


    ノーマルタイプのトレーニングベルトなら、ゴールドジムのこちらの革製がおすすめです。リーズナブルなナイロン製のものなどもありますが、強度の高いトレーニングでは使い物になりませんので、最初から革製品を購入することを推奨します。


    さらに高重量でトレーニングを行う方におすすめなのが、こちらの手首サポーターベルトつきの革製グローブです。高重量ベンチプレスなどで手首関節を保護してくれます。

    ●トレーニングシューズ


    初心者の方にありがちな間違いが、クッション性の高いエアータイプやゲルタイプのソールのスポーツシューズで筋トレをすることです。筋トレにむくシューズはできるだけソールの低い、裸足に近いものです。


    実はトレーニングシューズとして使えるのがコンバースのオールスタースニーカーです。一般的なスニーカーをトレーニングシューズに流用するのならば、このようにソールの低いものをおすすめします。


    トレーニング上級者に愛用されているのが、こちらのようなレスリングシューズです。


    パワーリフティング選手に愛用者が少なくないのが、こちらの綱引競技用のシューズです。グリップ力が格段に違います。

    ■プル系トレーニングに便利な補助道具



    ゴールドジムのものがリーズナブルで頑丈です。リストストラップがあれば、握力が果てても引き続けることができます。プル系トレーニングの追い込みには必須のギア・グッズと言えるでしょう。


    リストストラップはクルクルとシャフトに巻きつけるのがけっこう手間です。こちらのパワーグリップだとワンタッチで便利ですよ。


    懸垂やディップの負荷追加に欲しいのがチン&ディップベルトです。ナイロン製のものもありますが、60kgをぶら下げたら破れた経験もあり、やはり、丈夫な皮製をおすすめします。

    ■プレス系トレーニングに便利な補助道具



    高重量プレスの強い味方となるリストラップはこちらがおすすめです。IPFの規定をクリアしているので、将来的にベンチプレス競技に出るときなど、買い換えなくてもすみます。


    また、とくにウエイト競技に出るつもりらがないのであれば、シャフトパットを使えば、ベンチプレスで痛い思いをしなくてもすむます。ただし、可動範囲はやや狭くなります。


    ケーブルプレスダウンをするならのならば、専用アタッチメントを使用することを推奨します。ノーマルの直線バーですと手首に負担がかかり、効率的に追い込むのが難しくなります。


    こちらもおすすめです。キリキリと三頭筋を追い込めます。



    さらに詳しくトレーニングギア・グッズを探したい方は、下記の各トレーニング用品公式ショップもご参照ください。

    GOLD’S GYM & IRONMAN WEB SHOP

    ボディメーカー

    ファイティングロード

    ワイルドフィットネットショップ