【家庭用筋トレマシン】種類別・メーカー別比較と考察|名称や使い方もご紹介



    ■家庭用筋トレマシンの徹底紹介


    ●さまざまなメーカーからたくさんの種類が発売されている。


    家庭筋トレ用のトレーニングマシンには、ベンチプレス台に簡易的なオプションが追加装備されたタイプ、ウエイトスタックマシンに簡易的なベンチプレスラックが追加装備されたタイプ、パワーラックを基本に各種オプションが装備されたものなどがあります。あまりに種類が多いので、実際にチョイスする際にはかなり悩むことになりますよね。

    そこで、数ある筋トレマシンの種類や使い方をご紹介するとともに、実際にジムを作っていくうえで購入したり試用したトレーニングマシン類の感想や、メーカ別の比較考察し、個人的な見解も述べたいと思います。

    ●ベンチプレス台+機能追加タイプの筋トレマシン


    まず、はじめにご紹介したいのが、ベンチプレス台に機能が追加されたタイプです。やはり、自宅でのトレーニングはベンチプレスが基本になりますので、一番人気の高いタイプでもあります。



    こちらのセーフティー機能が追加されたベンチプレス台は、一時期、筆者のジムにも置き、使用していました。このセットについているプレートを単品で買い集めるより、セットでマシンごと購入したほうがリーズナブルなのも魅力です。

    機材自体は多少がたつきますが、女性~初心者の筋トレに使用するのなら強度は問題ありません。ただ、プレスする動作の軌道が、構造上やや斜め上方向になるので大胸筋上部に刺激が集中します。このため、このマシンは、女性メンバーのバストアップ専用として使用していました。現在は、ジムメンバーの自宅においてあり、ジムに来れない日に重宝しているようです。

    ▼Amazonで比較する
    セーフティプレスベンチセット





    こちらは、ファイティングロードのフリーウエイト・家庭用筋トレマシンのフルセットとなる「キングスセット3」です。このメーカーはプレートはゆがみがなくとても良いですが、機材本体にやや強度不足の傾向があります。このクラスで100kg以上のベンチプレスをするのはおすすめできません。

    このセットでは、ベンチプレス台に「ラットマシン」、「カール台」、「フライマシン」、「レッグエクステンション&カールマシン」が追加装備されています。

    まず、ラットマシンは強度不足の感があります。特に体重を超えるような高重量でのトレーニングには向かないと言えるでしょう。また、カール台はバーベルを置く場所がないので、限界まで追い込むと「一人腕ひしぎ逆十字」になる危険性があります。ただし、フライマシンとレッグエクステンション&カールマシンは構造も単純なため、かなり効果的なトレーニングが可能です。

    基本的には、女性~初心者におすすめの筋トレマシンと言えます。

    ▼Amazonで比較する
    ファイティングロード (FIGHTINGROAD) キングスセット





    先に紹介したキングスセット3と同等クラスで、ワイルドフィットから発売されているのがこちらのマルチセーフティージムセットです。機能や付属品もほぼ同じです。筋トレマシン全般に言えることですが、強度やグラつきのなさなど基本性能は価格に比例します。

    こちらの場合も例外ではありません。

    ▼Amazonで比較する
    マルチトレーニングジムセット 白ラバー100kg





    ワイルドフィットの家庭用ハイエンド筋トレマシンがこちらになります。上のマシンの簡易型フライマシンとラットマシンがより本格的なものに変えられ、さらに、強度の高いバーベルラックがセットされています。

    上のセットより価格が安くなっていますが、これは上のセットにはプレート140kg分が同梱されているからで、同重量のプレートを購入するとこちらのほうが、機能が高い分価格も高くなります。

    ベンチプレス台+機能追加タイプの家庭用筋トレマシンのなかで、一台おすすめを選ぶとすればこちらになります。ただし、本格的にベンチプレスをするのなら、床からの高さが低く足を踏ん張りやすいフラットベンチ、安全のためにセーフティー装置などの追加購入を強くおすすめします。

    ▼Amazonで比較する
    [WILD FIT ワイルドフィット] マルチステーション(ハイパーベンチ付)





    ワイルドフィットのハイエンドタイプと同等クラスのIROTECのマシンがこちらです。こちらにはプレート140kg分がセットされています。

    ▼Amazonで比較する
    IROTEC(アイロテック) マルチビルダーステーション140フルセット

    ●マルチタイプの筋トレマシン


    次にご紹介するのが、ベンチプレスなどのフリーウエイトトレーニングは除外したタイプの家庭用筋トレマシンです。ベンチプレス台は保有している前提の商品と言えます。ケーブルマシンに専念した設計のため、ベンチプレス台に簡易型のケーブルマシンが付属したものより、格段に機能性は向上しています。



    IROTECのマルチマシンがこちらです。マシン底部の面積をコンパクトにしているので、多少ガタつきが気になりますが、女性~初心者には問題ない強度があり、全身を気軽に鍛えられるフィットネス機と言えるでしょう。

    ▼Amazonで比較する
    IROTEC (アイロテック) NEWマルチホームジムDX150

    ▼Yahooでも比較する
    IROTEC(アイロテック)マルチホームジム150-V2





    こちらはマーシャルワールドの家庭用マルチマシンのハイエンド機種です。筆者のジムでもマーシャルワールド製品はかなり強度がしっかりしているので愛用しています。IROTECのものに比べ、底部面積が広いので安定感も優れています。

    こちらのマシンも、ガタつきが気になる数箇所をチェーン&ターンバックルで補強を追加をすれば家庭用の域を超えたトレーニングが可能です。フライ、ラットプル、レッグエクステンションなど一通りの全身の筋肉を鍛えることができ、ウエイトスタック式なので、ワンタッチで重量変更が可能と便利です。

    ▼Amazonで比較する
    マーシャルワールド NEWハードジム B20





    海外家庭用トレーニング機器の有名ブランドHORIZONの家庭用マルチマシンがこちらです。価格もかなりのものですが、性能もそれに比例するでしょう。




    上級者に自信を持ってすすめられるのはこのランクになります。かなり高額になりますが、これまでの家庭用マシンの角材の肉厚が1mmなのに比べ、このクラスからは1.5mmと準ジムマシンクラスになります。もちろん、使用感・安定感ともにジムマシンに準ずる性能を持っています。安心のブランド製品なのも信頼感がありますね。

    ●家庭用単機能筋トレマシン


    単機能より多機能のほうが良いように誤解されがちですが、結局のところ機械というのは、「一機一機能」が最も高性能です。もちろん、単機能マシンを置くとなれば、複数のマシンが必要になりますので、最低でも一部屋は「ホームジム」にする必要があります。



    ラットマシンの最安値マシンがこちらです。筆者のジムでも10年近く使っているので、強度や使用感は保障ができます。マーシャルワールド製品はとにかく頑丈です。70~80kgの高重量をセットしても問題ありません。ただし、チェーン&ターンバックル、アンカーボルトなどで相当に補強しての場合です。あと、付属のプラスチック滑車は数ヵ月でだめになるので、工業用ベアリング滑車に交換するのがおすすめです。

    ▼Amazonで比較する
    マーシャルワールド プロラットマシンDX

    ■ラットマシンのケーブル交換
    ●自分で交換するのがリーズナブル
    20170718193746867.jpg

    ラットマシンを長年使用していると、いつかは切れるのがワイヤーです。この場合、自分でワンサイズ上のワイヤーに交換するのがリーズナブルな上に、マシンの補強にもなるのでおすすめです。

    具体的なワイヤー・滑車交換のやり方を解説したものが下記の記事です。是非ご活用ください。

    ▼関連記事

    【ケーブルマシンのワイヤー・滑車交換】やり方とおすすめアイテム&ポイント解説





    ウエイトスタック式でリーズナブルなのがこちらのラットマシンです。通常の家庭用マシンに比べ肉厚な角パイプが使用されており、準ジムマシンとしても使用可能です。ただし、滑車は金属製のものに交換することをおすすめします。

    ▼Amazonで比較する
    ファイティングロード (FIGHTINGROAD) ラットマシーン-TRUST





    補強なしでも大丈夫、と言えるのはこのランクからになります。ただし、家庭用としてはかなり高額なので、チンニング(懸垂)で広背筋はトレーニングし、他の補助的なケーブル種目を安価なケーブルマシンで行う……というシステムのほうが現実的かもしれません。

    ▼関連記事

    【ケーブルマシン筋トレ完全版】最大収縮まで負荷がかかり続ける魅力のトレーニング法

    【ラットマシンの使い方】各種アタッチメントや自宅ジムにおすすめの家庭用マシンもご紹介



    プレス系のマシンの代表格がこちらのようなスミスマシンです。ベンチプレス、ショルダープレス、スクワットなど一機種で多くの筋トレが可能です。と言っても、マシンが変化するわけではなく、人がマシンに合わせて体勢や動きを変えるだけです。ですので、多種目ができる単機能マシンと言え、構造が単純なため、比較的リーズナブルなわりに頑丈です。

    ▼Amazonで比較する
    ファイティングロード (FIGHTINGROAD) スミスマシーン-TRUST



    また、家庭用筋トレマシンメーカーとして知られるワイルドフィットからも、最近、スミスマシンが発売されましたので、追加でご紹介します。

    ▼Amazonで比較する
    [WILD FIT ワイルドフィット]スミスマシン



    なお、こちらのようなパワーラックタイプのスミスマシンも新規に開発・リーリースされました。

    ▼Amazonで比較する
    [WILD FIT ワイルドフィット]マルチスミスラック





    ジムレベルの使用感のスミスマシンが必要であれば、やはりこの価格帯になってきます。スミスマシンにこの価格を割くのなら、パワーラックを購入して完全フリーウエイトで筋トレをするのが良いとも言えます。

    ▼関連記事

    【スミスマシンの使い方完全版】ベンチプレス・デッドリフト・スクワット以外にも種目が豊富


    ●パワーラック型マシン


    パワーラックはマシンの概念の器具ではなく、あくまでフリーウエイトトレーニング用の多機能ラックなので、本記事では紹介はしませんが、パワーラック型のマシンもあるので、最後にご紹介します。



    1.5mm厚の高強度パワーラックに、マルチベンチが付属したのがこちらのマシンです。スクワットやデッドリフト時にベンチを脱着する手間を考慮すると、通常のパワーラック+フラットベンチのほうが使い勝手がよいかもしれません。





    また、こちらのタイプはパワーラックにウエイトスタック式のラットマシンが追加されたものです。

    ▼Amazonで比較する
    [WILD FIT ワイルドフィット]200パワーラックフルモデル





    このほかにも、パワーラックにスミスマシンとケーブルマシンの機能が追加されたタイプも新たに発売されました。

    ▼Amazonで比較する
    [WILD FIT ワイルドフィット]200ケーブルスミスラック

    ▼関連記事

    【パワーラックの使い方完全版】メーカー別自宅用おすすめ比較と選び方も解説


    ●家庭用筋トレマシンの考察


    さまざまな家庭用筋トレマシンをご紹介してきましたが、前半で解説したマルチ・多機能タイプのものはあくまで初心者~中級者用と割り切ったほうが良いかもしれません。マシンは強くなりませんが、人間はトレーニングを積むと強くなります。必要な重量、強度もどんどん高くなります。これらのマシンはあくまで女性・初心者・フィットネス用と考えましょう。

    上級者、と言われるレベルまで身体を鍛えるのであれば、「パワーラック+フラットベンチ」に単機能のケーブルマシン・カール台を追加して購入するのがおすすめです。もちろん、それなりの場所と費用が必要ですが、結局のところ、省スペースで手軽に強くなることはできません。

    なお、ホームジムの具体的な作り方と、おすすめのラック・マシン類に関しては下記の記事で解説しています。あわせて、ご参照ください。

    ▼関連記事

    【ホームジムの作り方】実体験からおすすめのラックとマシンを解説

    また、国内主要メーカーの公式通販ページを下記にリンクしますので、ご活用ください。

    国内トレーニング用品メーカー
    ▼公式ショップページ▼



    ファイティングロード公式ショップ


    ボディメーカー公式ショップ


    ワイルドフィットネットショップ


    スーパースポーツカンパニー(IROTEK)

    なお、下記の記事はダンベル・バーベル類、ベンチ・ラック類、各種マルチマシン類をカタログ形式でご紹介した最新記事です。是非ご活用ください。

    powertec-workbench-multi-system-300x240.jpg

    ▼最新の筋トレグッズ・マシン記事

    【家庭用筋トレマシン一覧】ベンチ・パワーラックからケーブルマシンまで各メーカー品を紹介

    また、家庭用の各種筋トレラック・ベンチ類についてまとめたのが下記の記事です。こちらもあわせて、ご参照ください。

    【家庭用トレーニング用品】四大ブランドのダンベル・ベンチ・パワーラックなどを比較紹介

    【家庭用ベンチプレス台】通販各タイプの実際の使用感と安心できる耐荷重量

    【マルチポジションベンチ】IROTEC(アイロテック)製のインクライン・デクラインベンチの機能解説

    【新発想のパワーラック】ベンチもOKのIROTECパワースクワットラック

    【自宅筋トレにおすすめの器具グッズ類】ダンベル・ベンチ・懸垂台・ベルト・グローブなど

    ▼FutamiTC.jpおすすめストア


    FutamiTC.jpおすすめストア|Powered by Amazon

    これまでご紹介してきた筋トレ器具・グッズ・マシン・プロテイン・サプリメントのなかから、当ジム推奨のものだけを厳選し取り揃えた当ジム公式ストアです。是非ご活用ください。

    なお、下記の記事は筆者の20年以上の競技・指導経験を集約した「筋トレに関する全て」を解説したものです。ぜひ、ご参照ください。

    ▼筋トレの全てはこちら


    20160221172218703_2016111806301444f.jpg

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示|自宅からジムまで