▼当サイト人気記事▼
    underaumortop.jpg
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ
    チューブ筋トレ完全版チューブダイエット法
    ダンベル筋トレ完全版ダンベルダイエット法
    ゴリマッチョの筋トレ女性の美ボディ筋トレ
    ガンプラの全機種一覧癒し雑貨グッズ大特集

    【超特大お買い得うなぎ】こだわりのジャポニカ種蒲焼きを試食レポート



    うなぎは高タンパク質なだけでなく、ビタミン・ミネラルが豊富で非常に優秀な筋トレ食品です。しかし、国内シラスウナギの不漁を受けて、価格が高騰または品切れ状態の国産うなぎにかわり、再び注目されているのが海外産うなぎですが、そのなかでもトップクラスの品質・衛生管理保証付きの、こだわりのジャポニカ種蒲焼きを購入・試食しましたのでレポートします。

    ■うなぎの種類とは?


    ●ニホンウナギ(ジャポニカ種)以外も食用にされている




    うなぎには日本周辺に生息するニホンウナギ(ジャポニカ種)のほかに世界で19種類が知られています。

    そのなかで、食用とされるのが、ニホンウナギ・オオウナギ・アメリカウナギ・ヨーロッパウナギ・ビカーラウナギです。

    このなかで、オオウナギとアメリカウナギは一口でわかるほど身が固く、いわゆる「うなぎの蒲焼き」とされるのがニホンウナギ・ヨーロッパウナギ・ビカーラウナギ(東南アジア産)の三種類です。

    ニホンウナギはご存じのように資源量が減少しており、ヨーロッパウナギは輸出規制のためあまり流通しません。

    資源量に余裕があり、格安の外国産うなぎとして輸入されれるのが東南アジア原産のビカーラ種で、東南アジアや中国南部などの亜熱帯~熱帯地域で養殖されています。

    ニホンウナギ(ジャポニカ種)と違い、水質悪化に強く過密飼育が可能なビカーラ種は、その生産現場の環境が問題視されてきたことは、記憶に新しいところです。

    ■外国産ジャポニカ種


    ●高水準の品質・衛生管理




    こちらが、今回初めて購入した外国産ジャポニカ種うなぎの蒲焼きです。

    国内業者がジャポニカ種にかぎり、高水準の品質管理がなされたものだけを輸入し、国内で加工したものです。

    いわゆる外国産うなぎのなかでは最上級クラスであること、そして購入者の実際の口コミ評価などは、上のリンク先で紹介されていますので、是非ご参照ください。

    ■同クラスの国産うなぎと比較考察


    ●価格差ほど風味に差はない




    こちらが、少し前にご紹介した国産特大うなぎで作った「うな丼」です。非常に美味しいのですが、現在、品切れとなっており、この事が今回の外国産うなぎ購入のきっかけでもあります。

    ▼関連記事

    【薄揚げ豆腐のうなぎ蒲焼き】筋トレ後にもおすすめのタンパク質増量メニュー



    今回は、こちらの同サイズクラスの外国産特大ジャポニカ種うなぎを使い、上の記事と全く同一条件でうな丼を作り、試食しました。



    まず、うなぎの胴体部分は薄揚げ豆腐と一緒に蒲焼きのたれで煮込み調理を行います。



    頭周辺と尻尾の部分は細切りにし、ひつまぶし用に加工します。



    出来上がりました。



    上の段が国産うなぎ、下の段が外国産うなぎで、温かい状態はうな丼で比較、冷めた状態はひつまぶし弁当で試食・比較しました。

    まず、うな丼ですが、外国産のほうが若干脂が多いのですが、ベタベタ感があるほどではありませんでした。身のしまりは、やはり微妙に国産が上ですが、あまり大差はありません。

    風味に関しては、どちらも上品なうなぎの香りで、泥臭さなどは感じず、ほぼ同等に感じました。

    次に冷めた状態ですが、安物うなぎだとかなり不味くなるのですが、今回の外国産は臭みも出ず、脂っぽさもほとんど感じませんでした。

    美味しいうなぎ≒冷めても美味しいうなぎですので、十分に合格ラインと言えるでしょう。

    正直なところ、やはり国産が若干美味しいのですが、外国産は約半額ということを考えると、価格差ほどの違いはないと感じました。

    今後、リピート購入をしていこうと考えています。

    ▼高級外国産特大うなぎ

    【送料無料】★超特大サイズ(こだわりのジャポニカ種のみ)うなぎ蒲焼3尾入(1尾約320g×3尾)

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも

     

    スポンサーリンク



    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【当サイト筋トレ情報が根拠とする公的機関の公式ページ】厚生労働省e-ヘルスネットのリンク集 2020/01/01
    【豚しゃぶキャベツサラダ】ダイエット筋トレに最適な食事メニュー紹介 2018/06/21
    【キャベツダイエット】物理的・精神的に満腹感が得られる確実な方法 2018/06/21
    【焼き鳥キャベツサラダ】もも肉で作る筋トレダイエットの食事メニュー 2018/06/21
    【焼肉キャベツサラダ】ダイエット筋トレにもおすすめの食事メニュー 2018/06/21
    【筋トレ向き鮭じゃがいもバター炒め】ホタテも入れたバルクアップ食事メニュー 2018/06/21
    【筋トレ向き肉じゃがの作り方】時短で味を染み込ませるにはあれを入れる 2018/06/21
    【筋トレじゃがいも料理】牛肉で作るジャーマンポテトの料理レシピ 2018/06/21
    【筋トレ向きスイーツ解説】トレーニング前は和菓子で後は洋菓子がベスト 2018/06/21





    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    運営者情報

    プライバシーポリシー

    当サイト筋トレ情報の根拠

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ