【たこ焼き筋トレ最適化チャレンジ】タコをたくさん入れて高タンパク質化した「粉もん」食事メニュー

    DSC_6159.jpg

    関西の「粉もん」食文化として発祥し、その手軽さと美味しさから、またたく間に全国に広まった「たこ焼き」ですが、筋トレの食事として考えた場合は、それほど栄養バランスの良いものとは言えません。そこで今回は、タコをたくさん入れることで栄養バランスをバルクアップ筋トレの食事として最適化した「スペシャルたこ焼き」にチャレンジしましたので、その過程をご報告します。

    ■たこ焼きのルーツとは


    ●大阪市西成区の会津屋が発祥とされる


    images_201711270558080ed.jpg

    たこ焼きの創始者は、大阪市西成区「会津屋」の初代社長である遠藤留吉氏とされています。その誕生は1935年にまで遡り、当時流行していた明石焼き・ちょぼ焼き・ラジオ焼きといった粉物食品にインスパイアされたと言われています。

    1948年に「とんかつソース」が開発されると、たこ焼きの味つけも醤油ベースからソースベースが主流となり、1955年には大阪市内に5000軒以上のたこ焼き店(屋台を含む)があるというほどになりました。

    1960年代中頃には、関東地方でも屋台での販売が盛んになり、関西のものとは異なり、表面をカリカリに焼き上げる「築地銀だこ」などに発展していきました。

    ●たこ焼きとお好み焼きの決定的な違い


    よく混同されるたこ焼きとお好み焼きの違いですが、それは小麦粉に卵を加える(たこ焼き)か加えない(お好み焼き)かの違いです。ちなみに、卵を加えたお好み焼きは存在しますが、卵を加えないものはたこ焼きではありません。

    ■たこ焼きのカロリー・栄養素


    ●もう少しタコのタンパク質を追加したい


    7788694782_0621e08cfe_z.jpg

    標準的なたこ焼き100g(小6個相当)あたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:257kcal
    タンパク質:10.18g (40.72kcal)
    脂質:6.63g (59.67kcal)
    炭水化物:36.42g (145.68kcal)

    低たんぱく質食品ではありませんが、「タンパク質:カロリー」=「1:5」とタンパク質不足気味です。これは、タコの量を2~3倍に増やすことで、理想値の「1:2」にすることが可能です。

    ■たこ焼き筋トレ最適化チャレンジ


    ●タコが入りきらないので通常形態は断念


    DSC_6149.jpg

    こちらが、今回の材料です。少しでも高タンパク質化を図るため、キャベツをモヤシに、天かすを麩に変更しています。そのほかは、タコ・お好み焼き粉・カツオ節などとなっています。

    さて、今回のチャレンジの主眼は「タコを三倍にする」ことですが、この量だと通常のたこ焼きの大きさには入りきらないことが想定されましたので、あえて通常形態(直径3cmほどの球形)で作成することを断念し、オリジナル(直径20cmの半球形)にすることにしました。

    DSC_6150.jpg

    まずは、粉もんベースを作っていきます。卵を入れることがたこ焼きかお好み焼きの差異になるので、しっかりと卵を入れます。

    DSC_6152.jpg

    ここに、大量のタコを投入していきます。

    DSC_6153.jpg

    さらに、モヤシとザクッと砕いた麩を入れてかき混ぜていきます。これで、たこ焼きのベースは完成です。

    DSC_6154.jpg

    ベースができあがったら、フライパンで焼いていきますが、粉もんの焼き方の基本である「弱火でじっくり焼く」に忠実に、表面を焦がさないように加熱していきます。

    DSC_6155.jpg

    だいぶ、焼き上がってきました。これで完成でもいいですし、「たこ焼きは丸くないといけない」という定義はありませんが、あまりにもお好み焼き的なので、ここからたこ焼きらしく半球形に仕上げていきます。

    DSC_6156.jpg

    八割がた火の通った「たこ焼き」をラーメン鉢に移します。

    DSC_6157.jpg

    ラーメン鉢ごと深い中華なべに入れ、蓋をして蒸し焼きにします。これにより、最終のタンパク質熱変成が完了し、たこ焼きはラーメン鉢の半球形に固まります。

    DSC_6158.jpg

    たこ焼きが半球形に固まったら、お皿に移します。

    DSC_6159.jpg

    あとは、お好みソースをかけ、カツオ節・刻みネギをトッピングして完成です。

    DSC_6160.jpg

    生地はトロトロ、タコはゴロゴロの優秀な「筋トレたこ焼き」になりました。是非、チャレンジしてみてください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも