【ブリ&うなぎ丼】筋トレバルクアップ効果を最強レベルに引き上げる食事メニュー



    バルクアップ筋トレ効果を最強マックスレベルに引き上げる、高タンパク質適正カロリーなブリ&うなぎ丼の美味しい作り方をご紹介します。

    ■ブリとうなぎのカロリー・栄養素


    ●いずれも高タンパク質で適正な筋肉合成カロリーを含む




    こちらが、今回の材料のブリ切り身・うなぎ・ネギです。ブリとウナギそれぞれ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

    ○ブリのカロリー・栄養素

    エネルギー:257kcal 
    タンパク質:21.4g (85.6kcal) 
    脂質:17.6g (158.4kcal) 
    炭水化物:0.3g (1.2kcal) 

    ○うなぎのカロリー・栄養素

    エネルギー:293kcal 
    タンパク質:23g (92kcal) 
    脂質:21g (189kcal) 
    炭水化物:3.1g (12.4kcal) 

    いずれも非常に高タンパク質で、なおかつ筋肉合成に必要なカロリー=タンパク質の2~3倍を含んでおり、バルクアップに最適な食材であることがわかります。

    また、タンパク質食材は複数品目を組み合わせることでアミノ酸スコアが向上するため、筋トレ効果も向上します。

    ■ブリ&うなぎ丼の作り方


    ●ブリの臭みを飛ばすのがポイント




    まずは、テフロン加工のフライパンで脂を使わずにブリを焼いていきます。この時に、皮をクッキングバーナーで炙り臭みを飛ばすのが、美味しく仕上げるポイントです。



    少し焦げる程度に炙ると、臭みがなくなるだけでなく風味もアップします。



    ブリが焼けたら、ウナギと一緒に蒲焼きのタレで煮つけていきます。



    一煮立ちしたら、ネギをたっぷりと加え、蓋をしてとろ火で蒸します。



    出来上がりました。



    すでに二種類の魚に必要な筋肉合成カロリーは含まれていますので、ご飯はかなり控えめにすることをおすすめします。



    簡単に作れて、美味しくて筋肥大効果もフルマックスなので、是非お試しください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも