【豚もつ煮鍋カレー】筋トレに最適な高タンパク質の食事レシピ



    もつ煮は高タンパク質低カロリーで筋トレむきの食材ですが、さらに豆腐も追加した鍋風カレーにすることで、バルクアップ筋トレに最適な食事になります。

    ■もつ煮のカロリー・栄養素


    ●もつはカロリー高めだが茹でると低カロリーに




    こちらが、今回の材料の豚もつ・木綿豆腐・ネギ・カレールーです。主要なタンパク質食材である豚もつ100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

    エネルギー179kcal
    タンパク質11.7g (46.8kcal)
    脂質13.8g (124.2kcal)
    炭水化物0g (0kcal)

    なお、この数値は生もつの場合であり、後述のように煮込んだ場合は、大幅にカロリーカットが可能です。

    ■豚もつ煮鍋カレーの作り方


    ●もつの脂質を茹で落とすのがポイント




    今回は、市販の茹でもつを使用しましたが、まだかなりの脂質が残っているので、さらに煮込んで脂身を落としていきます。



    もつは煮崩れしないので、強火でどんどん茹でていきます。



    このような感じですっきりと脂身がとれました。



    鍋に新しい水をはり、木綿豆腐とネギを加えて再び煮込んでいきます。



    十分に煮込んだら、火を止めてカレールーを溶かします。沸騰させながらルーを溶かすと、せっかくのスパイスの風味が飛んでしまいますので、注意してください。



    美味しそうに出来上がりました。



    あとは、お皿に盛りつければ完成です。是非、お試しください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも