【筋トレ後の豚キムチ炒め】代謝も向上し筋肥大にもダイエットにも最適



    簡単に作れて美味しい豚キムチ炒めは、代謝も向上する上に高タンパク質低カロリーなので、バルクアップ筋トレにはもちろんダイエット筋トレにも最適な家庭料理です。

    ■豚キムチ炒めが筋トレによい理由


    ●高タンパク質低カロリー+カプサイシンで代謝向上




    こちらが、今回の材料の豚もも赤身肉、白菜、キムチです。まずは、主要タンパク質食材の豚もも赤身肉100gあたりのカロリー・栄養素を見ていきましょう。

    エネルギー:183kcal
    タンパク質:20.5g (82kcal)
    脂質:10.2g (91.8kcal)
    炭水化物:0.2g (0.8kcal)

    豚肉と言えば高カロリーのイメージがありますが、それはバラ肉や三枚肉の場合であり、赤身のもも肉はかなり高タンパク質低カロリーであることがわかります。

    鶏肉に比べると脂質は多めですが、バルクアップには筋肉合成カロリーが必要ですし、ダイエット時にも適度な脂質は腹持ちをよくする作用がありますので、問題ない範囲と言えるでしょう。

    また、キムチの辛味成分であるカプサイシンには、代謝を向上させる作用がありますので、こちらもバルクアップ筋トレ・ダイエット筋トレを問わず有効です。

    ■豚キムチ炒めの作り方


    ●フライパン一つで簡単調理




    まずは、豚肉をテフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていき、ある程度火が通ったら、一口大にカットしたはくさいを加えて炒めます。



    豚肉と白菜に火が通ったら、市販の白菜キムチを加えてさらに加熱します。



    味付けには、市販のキムチの素を使えば失敗なく美味しく作れておすすめです。

    仕上げに刻んだ青ネギを加えると、風味がさらによくなります。



    寒い時期には、身体も温まり、筋トレ効果も高まるので、是非お試しください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも