【赤身牛肉ステーキパスタ】バルクアップ筋トレに最適なスパゲッティ



    無駄な油を一切使わず、良質な炭水化物のパスタに優良タンパク質食品の赤身牛肉+鶏ささみ肉のステーキを添えた、バルクアップ筋トレに最効率なスパゲッティをご紹介します。

    ■パスタ・赤身牛肉・ささみのカロリーと栄養素


    ●いずれも筋トレにベストな食材




    こちらが、今回の材料のパスタ・赤身牛肉・鶏ささみ肉と野菜です。それではパスタ・赤身牛肉・鶏ささみ肉それぞれ100gあたりのカロリー・栄養素を見ていきましょう。

    ○茹でパスタのカロリー・栄養素

    エネルギー:149kcal
    タンパク質:5.2g (20.8kcal)
    脂質:0.9g (8.1kcal)
    炭水化物:28.4g (113.6kcal)

    まずはパスタですが、炭水化物食品としては非常に植物タンパク質が豊富です。これは、蕎麦と並ぶ高タンパク質穀物のデュラム小麦を原材料としているためです。

    ○赤身牛肉のカロリー・栄養素

    エネルギー:182kcal
    タンパク質:21.2g (84.8kcal)
    脂質:9.6g (86.4kcal)
    炭水化物:0.5g (2kcal)

    ○鶏ささみ肉のカロリー・栄養素

    エネルギー:105kcal 
    タンパク質:23g (92kcal) 
    脂質:0.8g (7.2kcal) 
    炭水化物:0g (0kcal)

    次に肉類ですが、赤身牛肉も鶏ささみ肉もトップレベルに高タンパク質低カロリーで、まさに筋トレに最適な肉類と言えます。

    さらに、今回は筋収縮に関わりの深いカリウムが豊富なピーマン・パプリカを使用しています。

    ■筋トレステーキパスタの作り方レシピ


    ●油を使わずあっという間に出来上がる




    まずはフライパンにお湯を作り、少々の食塩を加えてスパゲッティを茹でていきます。



    スパゲッティがほぼ茹で上がったら、野菜を加えてサッと加熱します。あまり加熱しすぎると、野菜のビタミンが壊れますので注意してください。



    茹で上がり、お湯を切ったパスタと野菜は塩コショウで簡単に味付けして、器に移します。



    並行して赤身牛肉ステーキと鶏ささみ肉を焼いていくと時短になります。

    こちらも味付けは塩コショウだけとシンプルイズベストです。



    筋トレで追い込んだ筋肉が喜ぶ、バルクアップのトリプルコラボ料理を、是非お試しください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも