【筋トレむき焼肉塩ラーメン】インスタント袋麺をカロリーカットする方法



    インスタント袋麺をカロリーカットするとともに、高タンパク質低カロリーの牛赤身焼肉を乗せてバルクアップに最適化した筋トレラーメンの作り方をご紹介します。

    ■牛赤身肉のカロリー・栄養素


    ●鶏むね肉並みに高タンパク質低カロリー




    こちらが、今回の材料の牛赤身肉切り落とし・インスタント塩ラーメン・野菜類です。タンパク質食品である牛赤身肉100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:182kcal
    タンパク質:21.2g (84.8kcal)
    脂質:9.6g (86.4kcal)
    炭水化物:0.5g (2kcal)

    鶏むね肉並みに高タンパク質低カロリーで理想的な筋トレ食材であることがわかります。

    ■インスタントラーメンのカロリーカット


    ●一度ゆがいて脂質を抜く




    筋肥大にはタンパク質だけでなく、筋肉を合成するためのカロリーがタンパク質の倍量必要となります。

    特に、筋肉のつきにくい体質の方は、インスタントラーメンの高カロリーはバルクアップにかなり効果的ですので、そのまま食べても問題ありません。

    しかし、一般的にはインスタント袋麺(フライ麺)は400kcalほどあり、ややカロリーオーバーですので、一手間かけてカロリーをカットするほうが無難でしょう。



    まずは、ラーメンをゆがいていきます。できるだけ脂質をお湯に染み出させたいので、水からゆがいていくのがポイントです。



    ゆがき終わった麺を、ザルでうけてお湯は捨てます。さらにこれを高温にした水道のお湯で洗うと、より効果的です。



    脂質抜きが終わった麺は、ひとまずラーメン鉢に移します。

    ■具の焼肉を作る


    ●さっと炒めて簡単調理




    次に、具の牛赤身肉を炒めていきます。テフロン加工のフライパンを使えば、油をしく必要がないので、さらにカロリーカットになります。





    肉に火が通ったら、野菜も追加して炒めていきます。



    具を炒めるのと並行して、スープを沸かしていくと時短になり効率的です。



    スープが沸いたら、先ほどのラーメン鉢に注ぎ、具を乗せて完成です。



    どうしても、インスタントラーメンが食べたくなった時に、是非お試しください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦|徳用マグロ&ウナギも