▼当サイト人気記事▼
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ
    ジムマシン筋トレ方法ジムマシンダイエット
    細マッチョ自宅筋トレ美ボディメイク筋トレ
    ゴリマッチョの筋トレ女性のダイエット運動
    ↓末尾に毎週更新の訳あり格安アイテム情報↓

    【スライヴ乗馬マシン・ロデオボーイFD-017】試乗口コミ評価と効果のある筋肉部位



    女性のくびれ作り&下半身ダイエットに効果が高いと人気沸騰中のTHRIVE(スライヴ)乗馬マシン・ロデオボーイFD-017を実際に入手して試乗しましたので、その使い方・乗り方、個人的な口コミ評価をレポートします。

    あわせて、ジムトレーナーの立場から、実機の動作とそれに対応した効果のある筋肉部位についても解説します。

    ■THRIVE(スライヴ)乗馬マシン・ロデオボーイFD-017とは


    ●最新型に進化したハイテク乗馬マシン




    こちらがメーカー公式のロデオボーイFD-017イメージ動画です。



    また、こちらがロデオボーイFD-017の公式WEB動画になっています。

    ロデオのような動きをする本機にまたがり、バランスをとりながら姿勢を維持することにより、腹部~脚部にかけての体幹インナーマッスルが鍛えられるとされています。

    ●ロデオボーイFD-017の詳細


    本機の詳細機能は以下の通りとなります。

    耐荷重:100kg以下
    寸法:約42cm × 約65cm × 約70.5cm
    定格電圧|周波数:100V|50/60Hz
    消費電力:180W
    タイマー:10分オートオフ
    コード長:約2m
    1日1時間1ヶ月当たりの電気代:約146円

    それでは、次の項目ではロデオボーイFD-017の使い方・乗り方について解説していきます。

    ■ロデオボーイFD-017の使い方・乗り方


    ●二種類の自動モードで強度を6段階に設定する




    こちらが梱包されて送られてきた状態のロデオボーイFD-017です。内側に発泡スチロールが配置され、輸送時の本体へのダメージがないように配慮されています。



    箱から取り出した状態です。説明書も付属されています。



    梱包を外して電源コンセントを入れるとすぐにでも稼働・使用が可能です。



    こちらがメインスイッチです。



    ハンドル部分にコントロールパネルが配置されており、乗りながら設定変更ができるように設計されています。

    コースには比較的動作の緩やかな「Ⅰ」とやや激しい「Ⅱ」の二種類があり、それぞれに動作速度が六段階で調整できますので、全部で12パターンの運動が可能です。



    なお、こちらの動画は実際に入手したロデオボーイFD-017を自動コース「Ⅰ」で動作速度1→4→6の順に稼働させた様子です。

    ●ロデオボーイFD-017の乗り方四種類




    また、ロデオボーイFD-017の説明書には熟練度レベル別に四種類の乗り方が説明されており、それは強度の低い順に以下の通りです。

    ①両手でハンドルを持ち、床に足をつけて乗る

    ②片手でハンドルを持ち、足を後方に浮かせて乗る

    ③両手を離し前を見て、腕を振ってリズムをとる

    ④両手を離しヘソを見て、腕を振ってリズムをとる

    以上のように、コース別・動作速度別に組み合わせると、実に48種類もの使い方・乗り方ができるのです。

    また、体重が一方向に過度にかかると自動停止する安全機能もついているので、幅広い体力レベルの方々が、安心して使用することができます。

    ■ロデオボーイFD-017の動作別に効果のある筋肉部位


    実際にロデオボーイFD-017に乗り、その効果を体感した上で、ジムトレーナーとして各動作別に効果のあると感じた筋肉部位を下記にまとめました。

    ●後傾と捻り動作では腹筋群に効果的




    ロデオボーイFD-017が後ろに傾いた状態では、姿勢を維持するために腹直筋が強く刺激され、捻り動作では横腹の内腹斜筋・外腹斜筋が強く動員されます。また、全動作を通じて最深層の腹横筋に常に負荷がかかります。

    具体的な効果としては、下腹の引き締めとくびれ作りに有効であると感じました。

    ●前傾動作では脊柱起立筋に効果的




    ロデオボーイFD-017が前傾動作のときには、腹筋群の拮抗筋である脊柱起立筋が強く刺激されます。

    具体的な効果としては、美しい姿勢作りに有効であると感じました。

    ●バランスをとる動作では腸腰筋群に効果的




    前傾・後傾の両動作中、姿勢維持のために常に使われているのが骨盤と大腿骨をつなぐ腸腰筋群(大腰筋・小腰筋・腸骨筋)です。

    腸腰筋群が強くなると、脚がよく上がるようになり日常での消費カロリーが向上するとともに、骨盤が正常位置に補正され内臓の働きも向上します。

    ●足で挟んで安定させる動作では内転筋群に効果的




    脚でロデオボーイFD-017を挟んで固定する動作では、内ももの筋肉・内転筋が強く収縮します。

    このため、太ももを引き締める効果も高いと実感しました。

    ●詳しい体幹&股関節インナーマッスルの解説


    【腹筋の構造と名称】腹直筋・内腹斜筋・外腹斜筋・腹横筋の作用と鍛え方を詳しく解説

    【脊柱起立筋の構造と鍛え方】腰痛や猫背の改善にも効果的なトレーニング方法

    【股関節周辺インナーマッスル】臀筋群・内転筋群・腸腰筋群の図解解説

    ■ロデオボーイFD-017の入手方法


    ●Amazonの公式ショップから購入するのが安心



    THRIVE(スライヴ) 乗馬マシン ロデオボーイ FD-017

    ロデオボーイFD-017の入手は、Amazonのメーカー公式ショップから購入するのが安心で確実です。詳細はリンク先でご確認ください。

     

    スポンサーリンク



    ▽現在無料お試し期間で人気▽


    ▽最新の低パケットサイト▽


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【アカヒレタビラの飼い方】餌・混泳・繁殖など飼育方法を解説 2018/05/22
    【シロヒレタビラの飼い方】餌・混泳・繁殖など飼育方法を解説 2018/05/22
    【ダイエット筋トレ向きブロッコリーツナサラダ】高タンパク質低カロリーな料理 2018/05/22
    【筋トレ向きブロッコリーきんぴら】ビタミン・ミネラル豊富な豚肉料理 2018/05/22
    【MSN-02ジオング】初心者向きのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー 2018/05/22
    【ダンベルシュラッグ女性編】肩こりを解消し背中を引き締める背筋の自宅筋トレ方法を解説 2018/05/22
    【アーモンドダイエット】食物繊維と不飽和脂肪酸にビタミンも加わる痩せパワー 2018/05/22
    【ジム筋トレの順番】マシントレーニングの効果を最大限に高める方法を解説 2018/05/22
    【胸郭を広げる方法】胸囲100cmを超え110cmサイズの胸周りになるための筋トレメソッドを公開 2018/05/22


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー200種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    ▼無料ホームページ作成代行▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ