【一工夫したうなぎ丼レシピ】スポーツや筋トレの身体作りにもおすすめ



    鰻丼に一工夫をすることで、違った風味でうなぎを楽しめる「うなとろ丼」の作り方・料理レシピをご紹介します。ウナギはタンパク質・ビタミン・ミネラルが豊富なので、スポーツや筋トレの身体作りの食事メニューとしてもおすすめです。

    ■うなとろ丼の材料と作り方


    ●国産うなぎ・山芋・オクラ・卵




    こちらが、うなとろ丼の材料の国産うなぎ・山芋・オクラです。ここに卵焼きも追加してタンパク質の量を増やしていきます。



    まずは山芋をすりおろします。



    すりおろした山芋は、軽く薄口醤油で味付けをします。



    オクラは薄切りにし、少量のゴマ油と濃口醤油で味付けをします。



    適度な大きさにカットした国産うなぎをフライパンで熱します。

    タレを入れ、とろ火で蓋をして蒸し焼きにすると、うなぎがふっくらとして美味しく仕上がります。



    あとは、盛り付けをして完成です。



    なお、今回使用した国産うなぎは、鹿児島県産のこちらのものです。グラムあたりの単価が、通常よりリーズナブルでおすすめです。

    さらに詳しくは下記の記事をご参照ください。



    【国産特大プレミアムうなぎ】筋トレにも最適な鹿児島県産の得用品紹介