【筋トレむき肉詰めピーマン】牛細切れを使ってカロリー控えめの料理レシピ



    肉詰めピーマンは美味しいですが、一般的なレシピだと脂質の多い牛ミンチを使うので、若干カロリーが気になります。ミンチのかわりに赤身細切れ肉を使う肉詰めピーマンの作り方レシピをご紹介します。

    ■牛ミンチ肉と赤身細切れ肉のカロリー・栄養素比較


    ●牛赤身細切れ肉のほうが遥かに筋トレむき


    まずは、牛ミンチ肉と牛赤身細切れ肉の100gあたりのカロリー・栄養素を比較します。

    ○牛ミンチ肉

    エネルギー:224kcal
    タンパク質:19g (76kcal)
    脂質:15.1g (135.9kcal)
    炭水化物:0.5g (2kcal)

    ○牛赤身細切れ肉

    エネルギー:130kcal
    タンパク質:20.4g (81.6kcal)
    脂質:4.6g (41.4kcal)
    炭水化物:0.1g (0.4kcal)

    牛赤身細切れ肉のほうが、ずいぶん脂質が少ないことがわかります。

    ■肉詰めピーマンの作り方


    ●かたくり粉を少量混ぜるのがポイント




    細切れ肉は、あらかじめ細く切っておきます。





    塩コショウをし、かたくり粉をまぶして混ぜます。このかたくり粉が肉同士、肉とピーマンをくっつけるつなぎになります。





    半切りにしたピーマンに肉を詰めていきます。強く詰めすぎるとピーマンが破けてしまうので注意してください。



    下ごしらえが終わったら、フライパンで加熱していきますが、必ず肉の面を下にしてください。

    とろ火にして蓋をし、途中でひっくり返さず、ゆっくりと蒸し焼きにしていきます。

    ピーマンの色が茶色がかったら火が通った目安です。

    ミンチのものに比べ、肉のぎっしり感が楽しめますので、是非チャレンジしてみてください。

    ■この記事を読んだ人におすすめの食材




    ※詳細はリンク先でご確認ください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも