▼当サイト人気記事▼
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ
    ジムマシン筋トレ方法ジムマシンダイエット
    細マッチョ自宅筋トレ美ボディメイク筋トレ
    ゴリマッチョの筋トレ女性のダイエット運動

    ↓末尾に毎週更新の訳あり筋トレアイテム情報↓

    【豚肉と夏野菜の味噌炒め】夏の筋トレを支えるおすすめ料理の作り方



    暑い夏の時期にいかに削れずに筋トレを維持しつつ、もっとも筋肉の発達しやすい秋を迎えるかというのが、年単位でトレーニングを考えた場合に重要なことです。

    夏バテ防止には、タンパク質・ビタミン・ミネラルの適切な摂取が肝心で、おすすめな料理の一つが「豚肉」「夏野菜」「味噌」の組み合わせです。

    ■豚肉・夏野菜・味噌が夏の筋トレに良い理由




    ●豚肉が筋トレに良い理由


    もっとも一般的な豚肉である、豚もも肉100gあたりのカロリーと栄養素は以下の通りです。 

    エネルギー:183kcal (82kcal) 
    タンパク質:20.5g
    脂質:10.2g
    炭水化物:0.2g

    鶏のむね肉などに比べると脂質が多い傾向にありますが、筋肥大期には筋肉を合成するためのエネルギー源として、タンパク質の二倍のカロリーが必要になり、豚もも肉はタンパク質とほぼ同等のカロリーがあるので、ここに白米などの主食を追加することにより、ちょうど筋肥大に最適なバランスになります。 

    さらに、特筆すべきは、豚肉には大量のビタミンB群が含まれることです。ビタミンB群は、タンパク質代謝と糖質代謝に必要不可欠な物質で、豚肉には、筋肉の材料となるタンパク質、筋肉を合成するためのカロリー、筋合成の触媒となるビタミンB群が十分に含まれており、まさに、天然の筋肥大サプリメントとも言える優秀さです。 

    ▼関連記事

    【筋トレ筋肥大には豚肉がおすすめ食品】その理由と部位ごとの名称・肉質・特徴を解説

    ●夏野菜が夏の筋トレに良い理由


    夏野菜の栄養価の特徴は、ビタミンCとカリウムが豊富なことです。 

    体調を整えるビタミンCは、夏バテや夏風邪防止に効果的ですし、発汗により失われるカリウムは筋収縮に強く関わります。 

    ▼関連記事

    【暑い日の筋トレ後は夏野菜+肉類】旬のビタミン・ミネラルが効果的

    ●味噌が筋トレに良い理由


    数ある調味料のなかでも植物タンパク質・食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富な大豆を原材料とする味噌は、スポーツ・ダイエット・筋トレでの身体作りだけでなく、健康増進にも非常に効果の高い調味料です。 

    ▼関連記事

    【味噌の種類と地域特産品】米・麦・豆別の栄養解説とおすすめ手作りみそセット

    それでは、夏の筋トレに最適な料理=豚肉と夏野菜の味噌炒めの作り方をご紹介します。

    ■豚肉と夏野菜の味噌炒めの作り方


    ●豚肉と夏野菜を炒めて味噌で味付けするだけ




    まず、味噌ですが筆者の妻が作った手作り家庭味噌です。やはり、スーパーなどで買ってくる市販品より断然美味しいです。



    この料理は、基本的に豚肉と夏野菜を炒めて味噌で味付けするだけとシンプルですが、一点だけポイントがあります。

    それは、豚肉を炒めたら野菜を入れる前に味噌で味付けをすることです。

    味噌は馴染みにくいので、野菜を入れてから味噌を入れると、味噌を馴染ませるのに時間がかかりすぎ、野菜に熱が通りすぎます。

    野菜のビタミンを保護するためにも、野菜に火を通すのは最低限にしましょう。



    このように、豚肉をしっかり炒め、味噌をしっかりと馴染ませてから夏野菜を加えて仕上げます。



    出来上がりました。簡単で効果抜群なので是非チャレンジしてみてください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも

     


    ▽最新の低パケットサイト▽

    スポンサーリンク



    ▽現在無料お試し期間で人気▽



    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    スマホ最適化筋トレ情報サイトのご紹介 2019/01/01
    【Web Tech Futami】無料ホームページ作成代行サービス開始のお知らせ 2018/12/31
    【ベンチプレス完全版】正しいフォームと100kg挙上のための特殊メニューをトレーナーが解説 2018/04/21
    【四の字クランチ】腹直筋と腹斜筋に同時効果のある腹筋トレーニング方法 2018/04/21
    【胸部筋肉の名前と働き】大胸筋・小胸筋・前鋸筋のほか全ての周辺筋をご紹介 2018/04/21
    【背筋力】年齢別(中学生・高校生・成人)と男女別の平均値と世界記録|鍛え方もご紹介 2018/04/21
    【自重トレーニングの回数設定】筋肥大かダイエットかの目的別に鍛える筋繊維を変える 2018/04/21
    【レッグエクステンション】大腿四頭筋を集中的に鍛えられるマシントレーニングのやり方 2018/04/21
    【バランスボールの種類とサイズ】65cm・55cm・45cm・30cm・クッション・半円それぞれの使い分け 2018/04/21


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー200種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    ▼無料ホームページ作成代行▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ