▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【女性ダイエット筋トレ】

    【筋トレ後に食べたいエビフライ】ブラックタイガー・バナメイ・車海老のカロリー栄養素比較も



    エビフライは高タンパク質低カロリーな海老に衣をつけて揚げることで、筋肥大・バルクアップに最適な筋肉合成カロリーをも持つ優秀な筋トレ食品です。

    ブラックタイガー・バナメイエビ・クルマエビ各種のカロリー・栄養素を比較するとともに、おすすめのエビフライもご紹介します。

    ■エビフライの海老比較


    ●ブラックタイガー・バナメイエビ・クルマエビ




    まずは、エビフライに主に使われる三種類の海老=ブラックタイガー・バナメイエビ・クルマエビのカロリー・栄養素を比較します。

    ●ブラックタイガーのカロリー・栄養素




    ブラックタイガーは正式な名称をウシエビ(Penaeus monodon)と言い、クルマエビ科に属するインド洋~太平洋の熱帯~亜熱帯水域に分布している大型のエビです。食用として世界各地で漁獲・養殖されています。

    その100gあたりのカロリー栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:82kcal
    タンパク質:18.4g
    脂質:0.3g
    炭水化物:0.3g

    ●バナメイエビのカロリー・栄養素


    バナメイエビ(Litopenaeus vannamei)は、東太平洋原産のクルマエビ科に属するエビの一種で、東南アジアを中心に広く漁養殖されています。

    その100gあたりのカロリー栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:91kcal
    タンパク質:19.6g
    脂質:0.7g
    炭水化物:0g

    ●クルマエビのカロリー・栄養素




    クルマエビ(Marsupenaeus japonicus )は、十脚目クルマエビ科に属するエビの一種で、インド洋~太平洋沿岸に生息しています。温帯~亜寒帯にも分布しており、国内では北海道以南で漁獲されます。水温の低い地域で漁獲されるものは、特に身が引き締まり美味で、最高級なエビの一種として扱われます。

    その100gあたりのカロリー栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:97kcal
    タンパク質:21.6g
    脂質:0.6g
    炭水化物:0g

    カロリー・栄養素としてはブラックタイガー・バナメイエビ・クルマエビとも遜色なく、非常に優秀な高タンパク質低カロリー食品です。

    ■おすすめのエビフライ


    ●やはり車海老のエビフライが最高




    ブラックタイガー・バナメイエビ・クルマエビの三種をご紹介しましたが、ハードな筋トレを頑張った後に食べたい、おすすめしたいエビフライはやはり国産天然クルマエビです。

    実際に上のおすすめの車海老エビフライを購入して試食しましたのでご紹介します。

    ■おすすめの国産天然特大車海老エビフライ


    ●解凍方法・揚げ方・食べ方と感想




    こちらが冷凍で送られてた当該商品=国産天然特大クルマエビのエビフライです。

    衣の下に身が透けて見えており、かなり身が詰まっていることがわかります。



    常温で一時間ほど放置し自然解凍します。高級食材を電子レンジにかけて味を台無しにするのは避けたいですね。



    解凍ができたら揚げていきます。油は風味を最優先に考え、全て新品の油です。

    まずは、中火で中まで火を通し、最後に強火でカラっと揚げます。



    揚げ終わりました。すでにエビの芳醇で芳ばしい香りがただよっています。やはり、ブラックタイガーやバナメイエビとは格違いのようです。



    せっかくですので、今回はタルタルソースも自作しました。材料は玉ねぎと玉子だけとシンプルです。



    茹でてよく火を通した玉ねぎのみじん切りに、ゆで玉子の細切りを混ぜ、マヨネーズであえます。



    塩コショウも忘れずに行いましょう。



    なお、身の詰まり方をご紹介するために、一本を切って撮影しました。相当ギッシリで凄い歯ごたえでした。

    味のほうは、まさに絶品で、筋トレで疲れた身体も一気に回復しそうに感じました。

    とにかく、超おすすめですよ。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも

    スポンサーリンク



    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事と新着記事のご案内 2020/01/01
    【うなぎ蒲焼き水増しチャレンジ】筋トレにもおすすめな豆腐う巻きの作り方 2018/01/24
    【ケーブルバイト】ゆるきゃら動物たちがガブッと噛み付くアイフォンケーブルの断線防止グッズ 2018/01/24
    【女性と初心者におすすめのアーミーダンベル】重さが変えられ錆びない転がらない優れもの 2018/01/24
    【癒しグッズ】男性・女性別にとびきりのアイテムを50選!プレゼントにも最適素敵 2018/01/24
    【筋トレは空腹時か満腹時か】適度な糖質摂取をしてトレーニングを行うのが正解 2018/01/24
    【ウミガメ種類図鑑&グッズ】可愛いぬぐるみ・アクセサリーから伝統の肉料理まで|世界の全種解説 2018/01/24
    【セイウチ写真集&グッズ】水族館の大きな人気者|アクセサリーやぬいぐるみなどアイテム集結 2018/01/24
    【筋トレ向き豆腐カニ玉】コスパ最高の高タンパク質食事|ダイエットにも最適 2018/01/23
    【癒しの人工クラゲ観賞用水槽】リアルでインテリアにおすすめなシリコン製品と販売店紹介 2018/01/23


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    gaku.jpg

    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ