【筋トレ後にトンテキを食べるメリット】筋肥大に必要なビタミンBが豊富



    トンテキ=豚肉赤身ロースのステーキは、筋トレに適した肉類のなかでもトップクラスの優秀さで、ビタミン含有量の観点からは牛ステーキやチキンステーキよりも優秀です。

    ■トンテキが筋トレに良い理由


    ●高タンパク質でビタミンBが圧倒的に豊富




    トンテキ(本記事では赤身ロース肉を指します)の筋トレ食品として優れている点は、まずタンパク質が豊富で低カロリー(脂身除去が前提)なことです。

    とくに、赤身ロース肉の場合、赤身に脂身が混じらないので、脂身を除去すると極めて純度の高いタンパク質の塊になります。

    また、鶏肉はもちろん、赤身牛ステーキに比べても、筋肉合成に大きく関わるビタミンB2(リボフラビン)とビタミンB6(ピリドキシン群)が圧倒的に多く含有されています。

    筋トレ後に食べるトンテキは、まさに高純度プロテインにビタミンを混ぜたバルクアップサプリメントのようなものと言えるでしょう。

    ※筋肉合成に重要な亜鉛などのミネラル分は牛赤身ステーキに軍配が上がります。

    ●トンテキのカロリー・栄養素


    トンテキの素材である豚肉赤身ロース(脂身なし)の100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:150kcal
    タンパク質:22.7g (90.8kcal)
    脂質:5.6g (50.4kcal)
    炭水化物:0.3g (1.2kcal)

    どうでしょう。

    驚くほど高純度のタンパク質の塊であることがわかりますね。

    ダイエット筋トレのタンパク質としても全く問題がないくらいの高タンパク質低カロリーです。

    もちろん、筋肥大バルクアップにはタンパク質だけでなく、筋肉合成エネルギーとして倍量のカロリーの炭水化物・資質が必要なので、トンテキとご飯を食べてください。

    おおよそ、トンテキ一枚100gに対してご飯茶碗一杯が適正量です。筋肥大を狙う男性なら、トンテキ二枚とご飯二杯が最適な目安でしょう。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事




    【筋トレには赤身牛肉ステーキ】鶏むね肉との比較や美味しい焼き方も紹介



    【筋トレ後に最適なヒレカツ】麩で衣を作り筋肥大の栄養黄金比率に

    ■この記事を読んだ人におすすめの食材




    ※詳細はリンク先でご確認ください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも