【筋トレ後におすすめの揚げ物】砕いた麩を衣に使ったとんかつ・からあげ・エビフライの作り方

    20170805183037328.jpg

    筋トレに揚げ物はNG食品用に考えられていますが、筋肥大目的の筋トレにおいては筋肉合成にかなりのカロリーが必要になるので、揚げ物が必ずしもNGとは言い切れません。特に筋肉のつきにくい体質の方にとって、脂質の多い揚げ物はサプリメント以上に効果的な場合もあります。

    筆者の家では、あまり揚げ物はしませんが、どうしても食べたいときは麩を衣にした揚げ物を作っています。今回はいつも作っている衣を「砕いた麩100%」にして植物タンパク質を強化するとともに、炭水化物を減らした「筋トレ筋肥大むきの揚げ物」=トンカツ・唐揚げ・エビフライを制作撮影し、その具体的な作り方をご紹介します。

    ■麩VSパン粉のカロリー・栄養素の比較


    fuvspan.jpg

    まずは、今回使用する「麩」と一般的な衣の材料である「パン粉」のカロリー・栄養素を比較します。

    ●麩100gあたりのカロリー・栄養素


    エネルギー:385kcal
    タンパク質:28.5g (114kcal)
    脂質:2.7g (24.3kcal)
    炭水化物:56.9g (227.6kcal)

    ●パン粉100gあたりのカロリー・栄養素


    エネルギー:373kcal
    タンパク質:14.6g (58.4kcal)
    脂質:6.8g (61.2kcal)
    炭水化物:63.4g (253.6kcal)

    ●カロリーは同等だがタンパク質比率が違う


    比較結果はいかがでしょう?カロリーはほぼ同等ですが、麩とパン粉ではその内容・タンパク質比率があきらかに違うことがおわかりいただけるでしょうか。

    麩はパン粉に比べ、タンパク質が二倍、脂質が1/5、炭水化物も少なめで、はるかに筋トレに向いていると断言できるでしょう。

    それでは、次の項目からは実際に「砕いた麩を衣にした筋トレ揚げ物」の作り方をご紹介していきます。

    ■麩を衣にした筋トレ揚げ物の作り方


    ●材料は豚肉・もも肉・エビ・麩・卵のみ


    20170805182749281.jpg

    今回の材料がこちら、豚肉・もも肉・エビ・麩・卵になります。揚げ油はできるだけ低カロリー低コレステロールのものをチョイスしました。

    ●まずは無駄な脂身・鶏皮・殻を除いて下ごしらえ


    20170805182805742.jpg

    まずは、豚肉・鶏もも肉・エビの下ごしらえをします。豚肉は余分な脂肪部分を切りとり、鶏もも肉は皮を除去します。また、エビは殻をむき、背わたを抜いた後に開きにしました。

    ●麩を砕いて衣を作る


    20170805182839114.jpg

    具材の下ごしらえが終わったら、今回のキーポイントでもある「麩」を砕いて衣の素を作ります。フードプロセッサーで砕くと手軽ですが、手やすり鉢で砕いても簡単にできます。なお、食感を考慮して「細かくしすぎない」ことが大切です。

    ●鶏もも肉の下ごしらえ


    20170805182901075.jpg

    トンカツとエビフライは衣をつけてあげるだけですが、唐揚げには下ごしらえが必要です。今回は人気の「ニンニク焦がし醤油味」にチャレンジしました。醤油とみりんを1:1にしたタレにおろしニンニクを加えてもも肉になじませます。

    ●トンカツとエビフライの衣つけ


    20170805182917481.jpg

    唐揚げ用の鶏もも肉に下味を染み込ませている間に、トンカツとエビフライの衣つけを行いました。具を溶き卵にたっぷりと浸し、その後で衣をまぶしていきます。ポイントは身を引き伸ばすようにしながら衣をたっぷりとつけることで、これにより上げている最中に衣がはがれてしまうのを防ぐことができます。

    20170805182934431.jpg

    衣をつけ終えた状態の豚肉とエビです。たっぷりと衣をかけて、10分ほど放置しておくとさらにしっかりと衣が身になじみます。

    ●唐揚げの衣作り


    20170805182950546.jpg

    トンカツとエビフライに衣をなじませている間に、下味の染み込んだ鶏もも肉に衣をつけていきます。先ほどの衣つけであまった「砕いた麩」を鶏もも肉に投入します。

    20170805183004911.jpg

    しっかりと混ぜ込んだら唐揚げの準備は完成です。トンカツとエビフライの衣もなじんだことですし、いよいよ揚げていきます。

    ●弱火で熱を通し仕上げに強火でカラッと揚げる


    20170805183019325.jpg

    熱いので、揚げている最中の写真を撮る余裕はありませんでしたが、揚げ終わりました。麩はパン粉に比べると焦げやすいので、揚げ方にも慎重さが必要です。

    前半は弱火でしっかりと身のなかまで熱を通し、最後に強火でカラッと揚げます。トンカツは綺麗なキツネ色に、唐揚げはみりんがちょうど焦げて香ばしい感じに仕上がりました。

    エビフライは、包丁で身に切れ目を入れるのを忘れてしまったため、丸まってしまいまいた。外見的には、ちょっと失敗ですが、味は全くかわりません。

    その味のほうは、「衣が麩だと言わなければ、絶対に気づかない」レベルで普通の揚げ物とかわりません。どちらかと言えば、麩はグルテンが多いのでモチモチ感が強くなり、「外はサクサク、内はモッチリ」といった感じで、パン粉の揚げ物より美味しいくらいです。

    ちなみに、何も知らずに食べた筆者の家族は「すごく美味しいけどどうやって揚げたの?」と言っていましたので、お味のほうは保証つきです。

    少々、手間は多くなりますが、せっかく頑張った筋トレの効果をできる限り引き出す意味でも、是非ご家庭でチャレンジしてみてください。

    ■筋トレ後におすすめの揚げ物レシピ記事


    20170820083807423.jpg
    【筋トレ後には牛肉ステーキカツ】ヒレ肉と肩ロースそれぞれの作り方レシピを公開|筋肥大におすすめ

    20170807111941191.jpg
    【筋トレ後に最適なヒレカツ】麩で衣を作り筋肥大の栄養黄金比率に

    20170808090157542.jpg
    【筋トレ後のささみカツのレシピ】砕いた麩を衣にして植物タンパク質も追加

    20170814101339866.jpg
    【筋トレ後に食べたいエビフライ】ブラックタイガー・バナメイ・車海老のカロリー栄養素比較も

    20170819053631932.jpg
    【筋肥大筋トレにおすすめのマグロカツ】麩を衣に使い植物タンパク質を強化した魚料理レシピ

    20170816095754453.jpg
    【木綿豆腐の唐揚げ】筋肥大筋トレの植物タンパク質補給に最適なレシピ

    20170816095009673.jpg
    【筋トレむきチキンステーキ唐揚げ】表面積を抑えて筋肥大黄金比率にする鶏肉レシピ

    ■この記事を読んだ人におすすめの食材




    ※詳細はリンク先でご確認ください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも