●【本気筋トレの昼食には自作弁当の一択】タンパク質量を最重要視してコスト削減をしたレシピ例

    10606347_539415946198955_9109875106872353490_n.jpg

    本気の筋トレや競技目的のトレーニングをしている場合、かなりの量のタンパク質が必要となり、費用・コストを考えると昼食は自作弁当の一択になります。筆者も自分自身がアームレスリング日本代表を、息子がテコンドー全日本ジュニア王者を目指していた時期には、毎日二人分の高タンパク質弁当を自作していました。

    ■コンビニ弁当ではだめなのか?


    ●費用がかかりすぎて不経済になる


    46828123_624_20170805081426f1f.jpg

    ランチとして人気なのが、手軽で美味しいコンビニ弁当ですが、本気の筋トレの筋肥大昼食としては二つの難点があります。一つは自作弁当に比べて割高になること、そしてもう一つはコンビニ弁当だけではタンパク質不足なのでタンパク質食品を追加で購入しなくてはいけないことです。

    もちろん、経済的に余裕があればコンビニ弁当でも大丈夫ですが、肉や魚にお金をかけないといけないのは昼食だけではありません。朝から肉300g、夜も肉300gというあたりが本格的な筋肥大トレーニングには必須の食事なので、やはり昼食は経済的にも自作弁当にするのがおすすめです。

    なお、おすすめの筋トレコンビニ弁当については下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレむき昼食のコンビニ弁当TOP5】タンパク質豊富で筋肥大に最適!

    ■自作弁当の有利な点


    ●経済的でタンパク質:カロリー比を完全コントロールできる


    11117244_538154529658430_5661309605548148889_n.jpg

    自作弁当の最大のメリットは、タンパク質とカロリーの配分を完全にコントロールできることです。これにより、筋肥大期には高タンパク質高カロリーなランチを、試合前などの減量期には高タンパク質低カロリーな昼食を摂ることができます。

    また、同一のタンパク質量を摂取する場合、コンビニ弁当より自作弁当のほうがあきらかにリーズナブルになります。さらに、月末で経済的に厳しい時は格安のタンパク質源で弁当を作るような調整も可能です。

    ■筋トレむき自作弁当の具体例


    ●筋肥大期の高タンパク質高カロリー弁当


    11229564_535551559918727_1976790426967296285_n.jpg

    11246852_537441556396394_8280342276562808895_n.jpg

    11150801_538843762922840_4458102665701165329_n.jpg

    11350697_545072555633294_2183946429446788654_n.jpg

    11412246_548399095300640_2217418936816728340_n.jpg

    11400974_551032128370670_3567312210488718121_n_20170805082716206.jpg

    こちらに並べてご紹介したのが、筋肥大期に作っていた実際の自作弁当です。肉類・玉子・大豆をふんだんに使って高タンパク質高カロリーな昼食を確保しています。

    ●経済的に厳しい時の筋トレ自作弁当


    11159529_528899183917298_4488575864021784538_n.jpg

    給料日前で、経済的に少し厳しいときには、このような魚肉ソーセージ+マルシンハンバーグ+目玉焼きといった格安食材を組み合わせて弁当作りが可能です。

    ●減量期の筋トレ自作弁当


    11667283_556199327853950_1519591244802766095_n.jpg

    こちらが、減量初期の自作弁当で、大豆やちくわといった高タンパク質低カロリーなタンパク質食品を中心に、ご飯の量も減らしています。

    11539612_556506071156609_2591161007617953182_n.jpg

    こちらは減量追い込み期の自作弁当で、薄く敷いたご飯の上にゆで卵とカニカマを乗せています。

    18589_556802191126997_2649454662761870509_n.jpg

    こちらは、試合数日前の水抜き&カーボローディング用の弁当で、薄く敷いたご飯の上にカツオ節をかけています。水抜き中なので味つけはなしです。

    このように、筋トレのTPOにあわせて自由に食品バランスをコントロールできるが自作弁当の強みです。そして、弁当を買うよりもはるかに安く作れるのも魅力です。

    読者の皆様も、面倒がらずに、ぜひ自作弁当で筋トレ効果を最大に高めてください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも

     

    スポンサーリンク


    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報


    当ジムおよび当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法


    最新記事

    ●【下半身の筋肉名称】大腿四頭筋・ハムストリングス・臀筋群・内転筋群・下腿三頭筋・前脛骨筋の作用と鍛え方 2018/09/22
    ●【胸部筋肉の名前と働き】大胸筋・小胸筋・前鋸筋のほか全ての周辺筋をご紹介 2018/09/22
    ●【オーバーロードの原則】筋トレの筋肥大効果を継続するために必要な負荷漸増の7つの方法 2018/09/22
    ●【背中の筋肉名称と鍛え方】部位の名前・筋肉痛ストレッチ・自宅筋トレ方法を図解で解説 2018/09/18
    ●【筋トレむき昼食のコンビニ弁当TOP5】タンパク質豊富で筋肥大に最適! 2018/09/16
    ●【魚肉ソーセージ】筋トレに最適な優良低価格タンパク質食品|金欠時の強い味方 2018/09/16
    ●【ダイエット筋トレに最適なイカの煮物】さばき方の手順も解説 2018/09/16
    ●【イカキムチ鍋】冬の筋トレ後におすすめの高タンパク質低カロリー料理 2018/09/16
    ●【筋トレむきイカ焼きの作り方】高タンパク質低カロリーの粉物メニュー 2018/09/16
    ●【豚肉とイカと豆腐のちゃんぽん炒め】筋トレにベストマッチな格安食事メニュー 2018/09/16

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼


    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    運営者情報

    プライバシーポリシー

    当サイト筋トレ情報の根拠

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ