【本気筋トレの昼食には自作弁当の一択】タンパク質量を最重要視してコスト削減をしたレシピ例

    10606347_539415946198955_9109875106872353490_n.jpg

    本気の筋トレや競技目的のトレーニングをしている場合、かなりの量のタンパク質が必要となり、費用・コストを考えると昼食は自作弁当の一択になります。筆者も自分自身がアームレスリング日本代表を、息子がテコンドー全日本ジュニア王者を目指していた時期には、毎日二人分の高タンパク質弁当を自作していました。

    ■コンビニ弁当ではだめなのか?


    ●費用がかかりすぎて不経済になる


    46828123_624_20170805081426f1f.jpg

    ランチとして人気なのが、手軽で美味しいコンビニ弁当ですが、本気の筋トレの筋肥大昼食としては二つの難点があります。一つは自作弁当に比べて割高になること、そしてもう一つはコンビニ弁当だけではタンパク質不足なのでタンパク質食品を追加で購入しなくてはいけないことです。

    もちろん、経済的に余裕があればコンビニ弁当でも大丈夫ですが、肉や魚にお金をかけないといけないのは昼食だけではありません。朝から肉300g、夜も肉300gというあたりが本格的な筋肥大トレーニングには必須の食事なので、やはり昼食は経済的にも自作弁当にするのがおすすめです。

    なお、おすすめの筋トレコンビニ弁当については下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレむき昼食のコンビニ弁当TOP5】タンパク質豊富で筋肥大に最適!

    ■自作弁当の有利な点


    ●経済的でタンパク質:カロリー比を完全コントロールできる


    11117244_538154529658430_5661309605548148889_n.jpg

    自作弁当の最大のメリットは、タンパク質とカロリーの配分を完全にコントロールできることです。これにより、筋肥大期には高タンパク質高カロリーなランチを、試合前などの減量期には高タンパク質低カロリーな昼食を摂ることができます。

    また、同一のタンパク質量を摂取する場合、コンビニ弁当より自作弁当のほうがあきらかにリーズナブルになります。さらに、月末で経済的に厳しい時は格安のタンパク質源で弁当を作るような調整も可能です。

    ■筋トレむき自作弁当の具体例


    ●筋肥大期の高タンパク質高カロリー弁当


    11229564_535551559918727_1976790426967296285_n.jpg

    11246852_537441556396394_8280342276562808895_n.jpg

    11150801_538843762922840_4458102665701165329_n.jpg

    11350697_545072555633294_2183946429446788654_n.jpg

    11412246_548399095300640_2217418936816728340_n.jpg

    11400974_551032128370670_3567312210488718121_n_20170805082716206.jpg

    こちらに並べてご紹介したのが、筋肥大期に作っていた実際の自作弁当です。肉類・玉子・大豆をふんだんに使って高タンパク質高カロリーな昼食を確保しています。

    ●経済的に厳しい時の筋トレ自作弁当


    11159529_528899183917298_4488575864021784538_n.jpg

    給料日前で、経済的に少し厳しいときには、このような魚肉ソーセージ+マルシンハンバーグ+目玉焼きといった格安食材を組み合わせて弁当作りが可能です。

    ●減量期の筋トレ自作弁当


    11667283_556199327853950_1519591244802766095_n.jpg

    こちらが、減量初期の自作弁当で、大豆やちくわといった高タンパク質低カロリーなタンパク質食品を中心に、ご飯の量も減らしています。

    11539612_556506071156609_2591161007617953182_n.jpg

    こちらは減量追い込み期の自作弁当で、薄く敷いたご飯の上にゆで卵とカニカマを乗せています。

    18589_556802191126997_2649454662761870509_n.jpg

    こちらは、試合数日前の水抜き&カーボローディング用の弁当で、薄く敷いたご飯の上にカツオ節をかけています。水抜き中なので味つけはなしです。

    このように、筋トレのTPOにあわせて自由に食品バランスをコントロールできるが自作弁当の強みです。そして、弁当を買うよりもはるかに安く作れるのも魅力です。

    読者の皆様も、面倒がらずに、ぜひ自作弁当で筋トレ効果を最大に高めてください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも