●【筋トレむき究極筋肥大ハンバーグ】バルクアップに最強な秘伝のレシピを公開|つなぎは砕いた麩で決まり

    20170729072543167.jpg

    筋トレ筋肥大に最適な、究極の高タンパク質ハンバーグの作り方・レシピを公開します。ポイントは赤身牛肉の細切りを混ぜることと「つなぎに砕いた麩を入れる」ことで、超高タンパク質で動物タンパク+植物タンパクのアミノ酸バランスも取れています。さらに、タンパク質吸収を加速するエノキも加えた秘伝のレシピです。

    ■究極筋肥大ハンバーグのポイント


    ●赤身牛肉の細切りと砕いた麩を入れてタンパク質超強化


    20170729072249557.jpg

    こちらが、究極筋肥大ハンバーグの材料です。合挽きミンチに赤身牛肉を混ぜ込み、さらにパン粉のかわりに植物タンパク質が豊富な「砕いた麩」をつなぎに使用するのがポイントです。

    また、タンパク質吸収を加速する成分を多く含み「サプリメント並みのキノコ」とも呼ばれるエノキもハンバーグに練りこんであるだけでなく、ハンバーグに添える野菜炒めには、モヤシと薄揚げを入れ、植物タンパク質を大幅に強化してます。

    ■究極筋肥大ハンバーグの作り方


    ●材料を用意しボールでこねる


    20170729072345236.jpg

    まず、合挽きミンチ400gに対し、赤身牛肉細切り200g、砕いた麩1/2袋、砕いたエノキ1/2束、玉子2個を用意しボールでこねていきます。

    ●柔らかめは手ごねガッチリは叩いてこねる


    20170729072407550.jpg

    ハンバーグのこね方ですが、ふわふわの柔らかめが好きな方は手でこねてください。また、ステーキのようにガッチリと固めで濃縮されたハンバーグが好みの方は、手でこねるというよりもボールに叩きつけながらしっかりとこねてください。

    ●両面を強火で焼いた後に弱火で蒸し焼き


    20170729072423834.jpg

    こね終わったハンバーグのネタは、適度な大きさにしてフライパンで焼いていきます。ハンバーグを風味豊かに焼くコツは、まずは両面を強火でさっと焼くことです。これにより、旨み成分が流出しにくくなり、風味がハンバーグのなかに閉じ込められます。

    20170729072441556.jpg

    片面を焼いたら、すぐに裏返し、しばらく強火で表面を焼いた後に弱火~トロ火に火力を落とし、蓋をしてじっくりと蒸し焼きにしていきます。

    ●ハンバーグに穴をあけて焼け具合をチェック


    20170729072508532.jpg

    蒸し焼き時間は、ハンバーグの大きさや厚みによりますので、いちがいに何分とは言えません。時々、ハンバーグに穴を開けて、流れ出してくる肉汁の色で火の通り具合をチェックします。

    赤味がかった肉汁の色から、透明な肉汁の色になったら焼き上がりのサインです。

    ●再び強火で水分を飛ばして完成


    20170729072526386.jpg

    ハンバーグに火が通ったら、蓋をとり、再び強火でしばらく焼いて水分を飛ばします。また、この時に表面をバーナーで炙るとさらに風味が増加します。

    20170729072543167.jpg

    ハンバーグを焼いたときに出る肉汁をそのまま利用して野菜炒めを作ったら、盛り付けて完成です。

    タンパク質の塊のようなハンバーグで、筋肥大筋トレにとって最適な栄養補給になります。是非チャレンジしてみてください。

    ■この記事を読んだ人におすすめの食材




    ※詳細はリンク先でご確認ください。

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも

     

    スポンサーリンク


    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報


    当ジムおよび当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【当サイト筋トレ情報が根拠とする公的機関の公式ページ】厚生労働省e-ヘルスネットのリンク集 2020/01/01
    【ダイエット筋トレの呼吸法】腹式呼吸で有酸素運動の効果も加える 2018/07/23
    【女性の自重トレーニング+ダンベル筋トレ】ダイエットトレーニング法を女子トレーナーの動画で解説 2018/07/23
    【筋トレVS有酸素運動】どちらがダイエットで効果的・効率的に痩せるかを比較考察・解説 2018/07/23
    【カタボリックとは】筋トレの大敵・タンパク質異化|適切な防止法やサプリも紹介 2018/07/23
    【一人暮らし男子大学生むきレトルト食品】食事環境を整えることが勉強・スポーツの基本 2018/07/23
    【筋トレの効果を高めるギア類】おすすめの道具を厳選紹介 2018/07/23
    【レジスタントバンド】ダンベルやバーベルの筋トレに漸増負荷を追加する使い方とおすすめ品 2018/07/23
    【超初心者向き筋トレメニュー】効果ある自宅簡単種目と一週間のプログラム 2018/07/23


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    運営者情報

    プライバシーポリシー

    当サイト筋トレ情報の根拠

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ