【筋トレ向き主食はパスタ】植物タンパク質豊富なデュラム小麦が原材料|その種類も解説

    pasta-602247_960_720.jpg

    パスタはイタリアが発祥の小麦食品ですが、今や世界中で愛されている主食でもあります。そして、パスタは筋トレにも相性のよい主食なのですが、その理由を解説するとともに、さまざまなパスタの種類をご紹介します。

    ■なぜパスタが筋トレ向きなのか


    ●植物タンパク質豊富なデュラム小麦が原材料


    391_Triticums_L.jpg


    デュラムコムギ(Triticum durum)は、地中海沿岸~北アフリカ~中央アジア~アメリカ大陸と世界各地で栽培されている小麦の一種で、主にパスタの原材料として使われます。その製造工程では、セモリナと呼ばれる胚乳部分を取り出し、加工されます。

    他の小麦に比べて、デュラム小麦はタンパク質を多く含むのが特徴で、通常の小麦が100gあたり約10gのタンパク質を含むのに対し、デュラム小麦は100gあたり約15gのタンパク質を含んでおり、その量はおよそ1.5倍となります。

    この、タンパク質の豊富さが、パスタが筋トレ向きと言われる理由です。

    ■パスタの主な種類


    ●その種類数なんと650種類


    Pasta_2006_3.jpg
    By User ChiemseeMan on de.wikipedia - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

    デュラムセモリナはさまざまな形状に加工されますが、その種類はなんと650種類にものぼります。大きくは「ロングパスタ」と「初とパスタ」の二つに分類されます。それぞれの主だった種類をご紹介します。

    ●ロングパスタ


    800px-Pastasorten2.jpg

    まずは、主だったロングパスタをご紹介します。



    ○スパゲッティ (spaghetti):日本でもっとも有名なパスタです。



    ○カペッリーニ (capellini):ロングパスタのなかで最も細い種類です。



    ○ブカティーニ (bucatini):中央に穴の開いているタイプです。



    ○フェットゥチーネ (fettuccine):卵入りの平打ち麺です。



    ○パッサテッリ (passatelli):チーズやナツメグを練りこんだタイプです。



    ○トレネッテ (trenette):断面が四角のロングパスタです。

    ●ショートパスタ


    Pastasorten1.jpg

    続いて主なショートパスタをご紹介します。



    ○マッケローネ (maccherone):日本ではマカロニと呼ばれ最も親しまれています。



    ○ペンネ (penne):ペン先を思わせる鋭角の断面を持つ筒状パスタです。



    ○ファルファーレ (farfalle):蝶の形をしたパスタです。



    ○コンキリエ (conchiglie):貝の形をしたパスタです。



    ○ラザーニェ (lasagne):日本ではラザニアと呼ばれている板状パスタです。



    ○ニョッキ (gnocchi):野菜やチーズを練りこんだ団子状パスタです。

    ■具体的な筋トレ向きパスタ料理



    【筋トレむきペペロンチーノ】カルボナーラやミートソースとも比較考察


    【筋トレむきスパゲッティミートソース】高タンパク質低カロリー化したレシピ紹介

    20170904173751679.jpg
    【鮭のクリームパスタ】筋肥大筋トレに最適な魚料理の作り方レシピ

    20170904161918251.jpg
    【タラのトマトパスタ】筋トレにおすすめの白身魚料理レシピ

    20170830083910744.jpg
    【タラバガニのクリームパスタの作り方】自宅で簡単にプロ並みに仕上げる時短調理レシピ

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも

     

    スポンサーリンク


    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報


    当ジムおよび当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法


    最新記事

    ●【下半身の筋肉名称】大腿四頭筋・ハムストリングス・臀筋群・内転筋群・下腿三頭筋・前脛骨筋の作用と鍛え方 2018/09/22
    ●【胸部筋肉の名前と働き】大胸筋・小胸筋・前鋸筋のほか全ての周辺筋をご紹介 2018/09/22
    ●【オーバーロードの原則】筋トレの筋肥大効果を継続するために必要な負荷漸増の7つの方法 2018/09/22
    ●【背中の筋肉名称と鍛え方】部位の名前・筋肉痛ストレッチ・自宅筋トレ方法を図解で解説 2018/09/18
    ●【筋トレむき昼食のコンビニ弁当TOP5】タンパク質豊富で筋肥大に最適! 2018/09/16
    ●【魚肉ソーセージ】筋トレに最適な優良低価格タンパク質食品|金欠時の強い味方 2018/09/16
    ●【ダイエット筋トレに最適なイカの煮物】さばき方の手順も解説 2018/09/16
    ●【イカキムチ鍋】冬の筋トレ後におすすめの高タンパク質低カロリー料理 2018/09/16
    ●【筋トレむきイカ焼きの作り方】高タンパク質低カロリーの粉物メニュー 2018/09/16
    ●【豚肉とイカと豆腐のちゃんぽん炒め】筋トレにベストマッチな格安食事メニュー 2018/09/16

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼


    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    運営者情報

    プライバシーポリシー

    当サイト筋トレ情報の根拠

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ