▼当サイトメイン記事▼
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ

    【ハード筋トレ後にはうなぎ蒲焼き】ビタミン・ミネラルが筋肥大を加速



    ハードな筋トレをした後は、タンパク質量が高いだけでなくビタミン・ミネラルが豊富で、さらにホルモン分泌にも関わる不飽和脂肪酸がたっぷりのウナギの蒲焼きをおすすめします。

    ■うなぎのカロリーと栄養素


    ●高タンパク質高カロリーで筋肥大むき




    うなぎ一尾分100gのカロリーと栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:293kcal
    タンパク質:23g (92kcal)
    脂質:21g (189kcal)
    炭水化物:3.1g (12.4kcal)

    筋肥大にはタンパク質だけでなく、タンパク質の二倍の筋肉合成カロリーが必要ですが、まさに理想的な黄金比率であることがわかります。

    うな丼やうな重の場合、ここに白米のカロリーが追加されますので、さすがにダイエットや減量中に食べるのはおすすめしませんが、ハードな筋トレで追い込んだ後には、超回復と筋肥大を加速してくれることは間違いなしです。

    ■うなぎがスタミナ料理とされる理由


    ●圧倒的にビタミンとミネラルが豊富




    ウナギは、古くから経験則的に「スタミナ」料理として知られていますが、その理由は、圧倒的なビタミンとミネラルの豊富さにあります。

    なかでも、ビタミンA・B群・D・Eおよびマグネシウム・鉄・亜鉛が豊富です。

    さらに、特筆すべきはビタミンEと亜鉛で、この二種類のビタミン・ミネラルは、筋肉同化作用の強い男性ホルモンの生成に深く関わっています。

    ■筋トレにおすすめのウナギ


    ●こだわらないなら中国産こだわるなら国産



    中国産うなぎは何かと言われたりしますが、そんな不確かな情報なんて気にしない、という方には中国産うなぎのネット入手がおすすめです。

    10尾でこの値段は、おそらく格安スーパーでも見当たらないはずです。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    国産 うなぎ蒲焼き1kg(200g×5尾)特大サイズ※鹿児島県産

    やはり、国産がいいという方にはこちらの鹿児島産ウナギがおすすめです。しっかりとした身で、しかもグラム単価が比較的リーズナブルなので、筆者も毎月のように購入しています。

    20170807084413608.jpg

    ※実際に定期購入している特大ウナギを通常サイズと比較した写真です。

    ▼うなぎのお買い得情報記事

    【国産特大プレミアムうなぎ】筋トレにも最適な鹿児島県産の得用品紹介

    【おすすめ楽天ふるさと納税】うなぎ・和牛・カメラなど品目別紹介|ポイント10倍でお得

    ■究極の筋トレうなぎ料理


    ●ステーキ蒲焼きデッシュ




    究極に筋トレを頑張った後には、自分へのご褒美をかねて、ステーキとウナギ蒲焼きを一緒に食べてみるのをおすすめします。物凄く身体がパンプしてくるのが体感できますよ。


    なお、写真のステーキ蒲焼きデッシュには、こちらの車海老フライを添えてあります。こちらは、決して安くはありませんが、それを上回るボリュームと品質・風味なのでおすすめです。

    ■その他のうなぎレシピ記事


    20170813104451770.jpg
    【ウナギと夏野菜の蒸し焼き】筋肥大バルクアップむきで鰻丼に飽きたらおすすめ

    20170914050610595.jpg
    【うなぎの柳川風】バルクアップ筋トレの効果をマックスにする筋肉料理の作り方レシピ

    20170917102439430.jpg
    【一工夫したうなぎ丼レシピ】スポーツや筋トレの身体作りにもおすすめ

    20170924064820076.jpg
    【ウナギのひつまぶしの作り方】ガッツリ筋トレした後の筋肥大におすすめ

    20170929101049472.jpg
    【自作うなぎランチ】筋トレの筋肉痛時にはコンビニ弁当より自炊

    20170929113457041.jpg
    【うざくの簡単料理レシピ】ミネラルが豊富で筋トレやスポーツにもおすすめ

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリメント25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも


     

    スポンサーリンク

    ▽ただ今人気▽

    ▽話題の記事▽


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【ホワイトデーお返しグッズ】女子ウケ200%のおすすめ癒し系アイテムを厳選 2018/03/12
    【特大アジの唐揚げ南蛮漬け】筋トレ後の食事におすすめの魚料理 2018/02/22
    【ダンベルフレンチプレス】上腕三頭筋を集中的に鍛えるトレーニング方法を解説 2018/02/22
    【ケーブルクランチ】腹筋のマシントレーニング 2018/02/22
    【バーベルグッドモーニング】脊柱起立背筋のバーベルトレーニング 2018/02/22
    【サイドプランク】体幹側面の体幹トレーニング 2018/02/22
    【筋トレむきカキ料理の作り方】牡蠣食中毒の二種類も解説 2018/02/21
    【腹筋ローラーの使い方】下腹部や背筋や腕にも効果あり|おすすめの最新機種もご紹介 2018/02/21
    【ダンベルカール】上腕二頭筋のダンベルトレーニングの基本種目を解説 2018/02/21


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ