【エギング入門セット】初心者&女子におすすめの格安・激安オールインワンアイテムをご紹介

    eging.png

    初心者におすすめのエギング入門に最適なオールインワンセットをご紹介します。エギングは最低限の仕掛けタックル(ロッド・リール・ライン・エギ)さえあれば、すぐにはじめられる簡単で楽しいイカ釣りです。

    また、最近は彼氏やご主人と一緒にエギングを楽しむ「エギング女子」も急増中です。そんな女性の方におすすめな、フェミニンなデザインのエギングセットもあわせてご紹介しています。

    まずは、各タックルを簡単に解説します。

    ■エギング用ロッド


    ●8~9フィートのロッドを使用する




    エギングでは、アジングやメバリングに比べてルアー(餌木・えぎ)を遠くに飛ばす(遠投する)必要があることから8~9フィート=2.5m~3mの長さがあるロッド(竿)が必要になります。

    ■エギング用リール


    ●中型スピニングリールを使用する




    エギングでは、ロッドのサイズがアジングやメバリングよりも一~二まわりほど長くなるので、リールもワンサイズ上の中型スピニングリールが必要となります。

    ■エギング用ライン


    ●道糸と太めのショックリーダーを併用する


    fishing-reel-1863729_960_720.jpg

    エギングに使用する釣り糸(ライン)の太さはPEライン0.6~0.8号あたりが妥当です。この道糸の先に、0.5~1mのショックリーダーと呼ばれる太目のラインを使用します。これは、先端部分のラインが海底の障害物に摩擦して、ラインブレーク(釣り糸が切れる)を起こすのを避けるためです。

    ショックリーダーにはナイロンラインの1.5~2.0号を使用するのが一般的です。

    ■エギング用エギ(餌木)


    ●目玉・はね・おもり(シンカー)・かんな(フック)でできている


    A272_I1.jpg

    餌木(えぎ)の構造は比較的シンプルで、目玉・はね・おもり・かんなから構成されています。それぞれの働きは下記の通りです。

    ○目玉:餌木(えぎ)はそもそもエビや小魚に見せかけた擬似餌ですが、イカは視力・認識力の高い生物ですので、目玉があったほうが本物のエビや小魚に見えやすく、圧倒的に有利・効果的です。

    ○はね:着水から沈下・着底までの速度を緩やかにしたり、ロッドアクションにより手前に急激に寄るのを防ぐブレーキの役目をしています。また、泳がせるときにクルクルと回転するのを防ぐスタビライザーの役割もあります。

    ○かんな:実際にイカを引っ掛けるフックの部分です。基本的に二連スタイルですが、ヒイカ用などの小型の餌木(えぎ)ではシングルタイプもあります。

    ○おもり:シンカーで1.5号~3.5号がエギングの一般的な重さです。なお、エギングの対象となる以下の種類による適正なサイズは下のようになります。

    ・3.0号~3.5号:アオリイカ/コウイカ
    ・2.5号~3.0号:ケンサキイカ/スルメイカ
    ・1.5号~2.5号:ヤリイカ/ヒイカ

    さらに詳しい餌木(エギ)についての解説は以下の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【初心者におすすめの餌木(えぎ)最新一覧】各種エギングメーカー品をカタログ形式でご紹介

    ■おすすめのエギングセット


    ●初心者向き格安・激安アイテムをチョイス


    それでは、ここからは初心者におすすめのエギング入門セットをカタログ形式で並べてご紹介します。まずは、格安・激安品でエギングを体験してみるのがおすすめです。なお、セット内容など詳細に関しては各リンク先でご確認ください。

    ●ダイワエギングセット




    ●シマノ×メジャークラフト エギングセット




    ●格安・激安エギングセット






    ●エギング女子におすすめのセット


    anglers-929847_960_720.jpg

    最近は、彼氏やご主人と一緒にエギングを楽しむ「エギング女子」が急増中で、釣具メーカーも女性に人気のあるピンクを主体としたデザインの女性向けタックルを発売しています。





    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【エギングの釣り方初心者版】アタック時期・時間帯・仕掛けタックルの紹介とアクション動画解説

    【アジング(アジのルアーでの釣り方)】初心者におすすめな仕掛け・タックル・ロッド・ワームとポイント選びを完全解説