【筋トレ後に行くなら焼き鳥屋】おすすめの種類とカロリー・栄養素を解説



    仲間と筋トレを頑張った後に、ちょっと一杯行くならば、やはり断然焼き鳥屋がおすすめです。焼肉もいいですが、焼き鳥はリーズナブルなのも嬉しいですよね。

    筋トレ後に食べるならこれ、という串の種類と栄養素をご紹介します。あわせて、筋トレには相性の悪い種類も例示します。

    なお、予備知識として、通常のもも焼き鳥2本100gのカロリーと栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:197kcal
    タンパク質:15.05g
    脂質:12.6g
    炭水化物:3.45g

    意外と脂質とカロリーが多いですよね。

    ■筋トレ後に食べるべき三種の焼き鳥


    ●砂肝のカロリーと栄養素




    まず、圧倒的におすすめなのが砂肝です。脂質やカロリーが少なく、タンパク質の塊のようなものです。

    砂肝2本(100g)のカロリーと栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:94kcal
    タンパク質:18.3g
    脂質:1.8g
    炭水化物0g

    まさに、筋トレのためにあるような焼き鳥ですね。

    ●軟骨のカロリーと栄養素




    軟骨の串も相当おすすめです。タンパク質のなかでも、靭帯や関節の材料になるコラーゲンが突出して多いので、筋トレで消耗したジョイントに最適です。

    軟骨串2本100gのカロリーと栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:54kcal
    タンパク質:12.5g
    脂質:0.4g
    炭水化物:0.4g

    これはもう、ジョイントサプリメントなみの優秀さですね。

    ●つくねのカロリーと栄養素




    つくねは、ややカロリーがあるものの、肉の部分とスジ・軟骨の部分が入り混じっており、タンパク質の「質」としてかなり優秀です。

    つくね2本100gのカロリーと栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:171kcal
    タンパク質:14.69g
    脂質:8.3g
    炭水化物:6.43g

    ややカロリーが高いものの、通常のもも焼き鳥に比べるとはるかに高タンパク質低カロリーなことがおわかりいただけますよね。

    以上、筋トレ後におすすめの三種類の焼き鳥でした。

    ■できれば避けたい焼き鳥の種類


    ●鳥皮のカロリーと栄養素




    だいたいおわかりかとは思いますが、筋トレと相性の良くないのは、問答無用で鳥皮です。

    鳥皮2本100gのカロリーと栄養素は以下の通りです。

    エネルギー:497kcal
    タンパク質:9.5g
    脂質:48.6g
    炭水化物:0g

    たしかにタンパク質はあるものの、凄い量の脂質で、100gでおよそおにぎり三個分のカロリーがあります。避けたほうが無難ですね。

    ■おすすめの冷凍つくね


    ●牛タン入りでコラーゲンたっぷり




    焼き鳥は、筋トレにとても良いことがわかっていただけたと思いますが、タンパク質量とコラーゲン量から考えて、総合的にバランスの良いのがつくねです。

    こちらのような、冷凍の業務用つくねを入手しておくと、わざわざ焼き鳥に行かなくても、いつでも手軽にリーズナブルにタンパク質&コラーゲン補給ができます。

    牛タン入りで、さらにコラーゲン量と風味が高まっているのが魅力的ですね。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【筋トレにはサラダチキンよりからあげ】筋肉合成カロリーも考慮する

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリ25選】プロテイン・BCAA・クレアチンの効果的な摂取方法

    ●筋トレ効果を高める基本となるプロテイン


    20170526131219535.jpg

    朝昼夕の食事と食事の間に欠かせないのがプロテインです。主流はホエイプロテインで、乳清タンパク質を原材料に作られています。旧来の大豆タンパク質を使用したソイプロテインにくらべ、水に溶けやすく臭みがないため、高い人気があります。下記のビーレジェンドプロテインは、筆者をふくめ当ジム所属選手が愛用しており、数多くのメダルを奪取していますので効果のほどは確実です。

    ▼関連記事

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価および最安値おすすめ購入方法

    ●まとめ買い冷凍肉のおすすめ


    20170625112643481.jpg

    ▼人気記事

    【筋トレにおすすめの激安冷凍肉紹介】国産豚肉および豪州大麦牛|徳用マグロ&ウナギも