【ケーブルアタッチメント完全版】各種類ごとの特徴・具体的な使い方・おすすめ解説

    rope-tile.jpg

    ケーブルアタッチメントはケーブルマシン(ラットマシンやローイングマシン)のグリップパーツで、その形状には多くのバリエーションがあります。それらの各種類ごとの具体的な使い方例を動画をまじえて解説するとともに、おすすめ品もご紹介します。

    ■ノーマルワイドバー




    ノーマルのやや角度がついたワイドバーは、ラットマシンの標準的なケーブルアタッチメントで、動画のような広背筋側部を狙ったワイドラットプルダウンなどで主に使用されます。

    wide_2017052817184143d.jpg

    ▼おすすめのノーマルワイドバー

    IROTEC(アイロテック)ラットプルダウンバー

    pattern-1341253_960_720-crop-crop-crop.jpg

    IROTEC(アイロテック)ラットプルダウンバー

    ▼関連記事

    ■ナローパラレルグリップ




    ナローパラレルグリップは、ケーブルローイングの標準的なケーブルアタッチメントです。このほかにも、ラットプルダウンに使用して広背筋中央部をターゲットにしたトレーニングにも最適です。

    ▼おすすめのナローパラレルグリップ

    IROTEC(アイロテック)ロウプーリーハンドル

    pattern-1341253_960_720-crop-crop-crop.jpg

    IROTEC(アイロテック)ロウプーリーハンドル

    ▼関連記事

    【ラットプルダウン完全版】懸垂との違い・効果的なやり方・各種バリエーションを解説

    ■トライセプスグリップ(Vバー)




    トライセプスグリップ(Vバー)は、ケーブルトライセプスプレスダウンの標準的なアタッチメントです。横を握ると上腕三頭筋短頭に、縦を握ると上腕三頭筋長頭に効果的です。

    triceps1.jpg

    ロープーリーハンドル Vバー

    triceps.jpg

    また、縦持ちグリップに特化したVバーもあります。

    IROTEC(アイロテック)プルダウンハンドル

    pattern-1341253_960_720-crop-crop-crop.jpg

    IROTEC(アイロテック) プルダウンハンドル

    ▼関連記事

    トライセプスプレスダウンの握り方による上腕三頭筋の長頭・内外側頭に対する効き方の差異

    ■シングルハンドアタッチメント




    シングルハンドアタッチメントは各種ケーブルフライ(大胸筋)や各種ケーブルレイズ(三角筋)のケーブルトレーニングに欠かせないグリップです。

    single.jpg

    IROTEC(アイロテック)シングルハンドル

    pattern-1341253_960_720-crop-crop-crop.jpg

    IROTEC(アイロテック)シングルハンドル

    ■ロープアタッチメント




    ロープアタッチメントはケーブルカールやケーブルプレスダウンなどにおいて、回旋運動を加えるのに非常に便利なアタッチメントです。なお、カール系では回外回旋、プレスダウンでは回内回旋を行うことで、それぞれ上腕二頭筋短頭と上腕三頭筋長頭を完全収縮させることができます。

    なお、ロープアタッチメントには長いタイプと短いタイプがありますが、前者(トライセプスロープ)を揃えておけば両方に対応可能です。

    rope.png

    IROTEC(アイロテック)トライセップロープ2

    pattern-1341253_960_720-crop-crop-crop.jpg

    IROTEC(アイロテック)トライセップロープⅡ

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    MaxFitnessLatPulldownWorkstation.jpg

    ▼ケーブルマシントレーニングを徹底解説

    【ケーブルマシン筋トレ完全版】最大収縮まで負荷がかかり続ける魅力のトレーニング法