▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】

    【アームブラスター】限界まで上腕二頭筋を追い込むハード筋トレギア



    アームブラスターは、簡単な構造ながら身体に装着することで、プリチャーカールに近い負荷を上腕二頭筋に加えることができる、かなりハードな筋トレギアです。

    ■これがアームブラスターカールだ


    ●肘を固定することで負荷が上腕二頭筋を直撃する




    こちらが、実際にアームブラスターを装着したアームカールのトレーニングの様子です。

    肘を固定することにより、負荷を逃がすことができなくなるので、非常に強く厳しく上腕二頭筋を追い込むことが可能になります。

    ノーマルグリップはもちろん、ハンマーグリップやリバースグリップ、ダンベルカール・バーベルカール・ケーブルカール全てに対応しています。

    ■アームブラスターはこちら


    ●何種類かのバリエーションがある





    ▼Amazonで比較する
    Goliath Labs アームブラスター ArmBlaster

    ▼Yahooでも比較する
    アームカールプレート

    こちらが、国内で入手できるアームブラスターです。メーカーにより、アームカールプレートとも呼ばれています。

    ぜひ、自宅でのハードな上腕二頭筋トレーニングにご活用ください。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【自宅筋トレにおすすめの器具グッズ類】ダンベル・ベンチ・懸垂台・ベルト・グローブ・ストラップなど

    【上腕二頭筋の鍛え方完全版】男らしい力こぶを作る筋トレ方法をアームレスラーが解説

    スポンサーリンク



    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事と新着記事のご案内 2020/01/01
    【野球やテニスやゴルフの体幹トレーニング】腕の振りを飛躍的に強くするメニュー 2018/01/21
    【マナティ写真集&雑貨グッズ】人魚のぬいぐるみ・アクセサリー・スマホケース紹介 2018/01/21
    【しろくま写真集&グッズ】プレゼントにも最適な可愛いアイテム(雑貨・文房具など)大紹介 2018/01/21
    【ウミウシグッズ】かわいい海の宝石たち|生体通販販売価格から図鑑・雑貨まで一挙紹介 2018/01/21
    【ゴリマッチョになる筋トレ方法】男は黙って筋肥大|メニューと食事・サプリメントを解説 2018/01/20
    【ベンチプレスの呼吸法】通常の筋トレとの違い|ハイパーベンチレーションの導入も解説 2018/01/19
    【イベリコ豚のフィットチーネ】セポ・デ・カンポ肉の美味しいレシピ 2018/01/18
    【筋トレむきホタテ飯の炊き方】高タンパク質低カロリーな貝類メニュー 2018/01/18
    【きしめんVSフィットチーネ】どっちが筋トレむき?パスタの代用になるか検証 2018/01/17


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    gaku.jpg

    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ