【ワンダーコアツイスト】実際に試用した使い方・感想・効果とスマートとの違いを解説

    20170521055241238-crop.jpg

    最新式のワンダーコアツイストを実際に入手し、試用してみた使い方・感想・効果についてご紹介するとともに、前機種であるワンダーコアスマートとの違いについても解説します。

    ■ワンダーコアツイストの仕様


    ●ワンダーコアスマートとの違いも解説



    ワンダーコア ツイスト WDT-LGWS ライムグリーン [メーカー保証1年付]

    こちらが、今回試用したワンダーコアシリーズの最新モデルとなる「ワンダーコアツイスト」です。その仕様は以下の通りです。

    ・セット内容:本体、マジックテープストラップ(2個)、 取扱説明書、ワークアウトガイド、保証書
    ・本体サイズ:約H35cm×W56cm×W56cm
    ・本体重量:6.6kg
    ・保証期間:1年

    これまでのワンダーコアシリーズと同様に、背もたれの部分に強度調整が可能なバネが装備されており、使用者の腹筋の筋力に合わせて適切な動作補助を行うことが可能になっています。また、シート部分が回転運動をするように新設計されているのが、前モデルのワンダーコアスマートとの相違点です。

    その評価は★★★★星四つ以上となっており、かなりの高評価を受けていると言えるでしょう。なお、詳しい口コミレビューなどは、上記リンク先でご確認ください。


    ショップジャパン 【公式】ワンダーコア スマート ライムグリーン [メーカー保証1年付]

    なお、こちらが前モデルのワンダーコアスマートです。回転機能がない分、ワンダーコアツイストよりもリーズナブルに設定されています。回転運動は必要ない、という方にはおすすめです。

    ■ワンダーコアツイストが効果のある筋肉


    ●腹筋群(腹直筋・内腹斜筋・外腹斜筋・腹横筋)+腸腰筋群


    Rectus_abdominis_20160702061515e91s_20170521121335473.png


    今回、実際にワンダーコアツイストを使用してみて、効果があると実感できたのが、まずは腹筋群です。腹筋群は表層から順に「腹直筋」「外腹斜筋」「内腹斜筋」「腹横筋」の四層構造をしており、体幹を屈曲・回旋する作用があるとともに、腹圧と姿勢を維持する作用があります。

    通常の前後方向への腹筋運動では腹直筋に効果があり、回旋運動では内腹斜筋と外腹斜筋に効果がありました。また、動作全体のなかで、最深層にある腹横筋への効果も実感できました。なお、腹筋群の詳しい構造と作用については、下記の記事をご参照ください。

    20170205194300908_20170521095401ce9.jpg
    ▼関連記事

    【腹筋の構造と名称】腹直筋・内腹斜筋・外腹斜筋・腹横筋の作用と鍛え方を詳しく解説

    17-02-02-14-07-47-352_deco-1024x768_2017052005134793b.jpg


    また、ワンダーコアツイストの回旋運動は足を上げた状態で行いますが、この動作のなかで腹直筋下部と強く連動する股関節インナーマッスルである腸腰筋群にも効果を感じました。なお、腸腰筋を含む股関節インナーマッスルに関する詳細は、下記の記事をご一読ください。

    ▼関連記事

    【股関節周辺インナーマッスル】臀筋群・内転筋群・腸腰筋群の図解解説

    ■ワンダーコアツイストの使い方


    ●公式動画でご紹介




    こちらが、ワンダーコアツイストの公式動画です。まずは、ご覧ください。

    動画で紹介されているように、腹筋運動+回旋運動により、腹直筋と腹斜筋への効果があるだけでなく、腕でプレスすることで二の腕(上腕三頭筋)の引き締め運動も可能です。また、足で交互に押すことにより、自転車運動に近い有酸素運動も可能になっています。

    腹筋運動(無酸素運動)に有酸素運動を組み合わせることで、効率的なダイエットにもなりますね。

    ▼関連記事

    【筋トレと有酸素運動】組み合わせ方と順番や時間配分を筋肥大・ダイエットの目的別に解説

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【スレンダートーンプレミアム】最新EMS腹筋ベルト・アブベルトの実際の使用感と強度レベル別効果

    【ながらウォーク】テレビを観ながらお手軽ダイエット器具の実際の使用感と口コミ評価

    【話題のダイエット器具】人気のグッズやマシンを口コミ評価とともに科学的に考察・解説