▼当サイト人気記事▼
    underaumortop.jpg
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ
    チューブ筋トレ完全版チューブダイエット法
    ダンベル筋トレ完全版ダンベルダイエット法
    ゴリマッチョの筋トレ女性の美ボディ筋トレ
    ガンプラの全機種一覧癒し雑貨グッズ大特集

    【スレンダートーンプレミアム】最新EMS腹筋ベルト・アブベルトの実際の使用感と強度レベル別効果

    20170521055324941_20170521061639673.jpg

    ショップジャパンから発売されている最新式のEMS腹筋マシンであるスレンダートーン・プレミアム・アブベルトを実際に使用しましたので、その使用感の口コミ評価をするとともに、強度レベル=電流の強さ別の腹筋の収縮感・感じた効果をレポートします。

    ■EMS腹筋ベルトって?


    ●電気刺激で強制的に筋肉を収縮させる仕組み


    pattern-1341253_960_720_20170521062656635.jpg

    人間の筋肉が、体内で発生される微量な電流によって収縮していることは、中学・高校の生物の授業などでも習いましたが、その理論をスポーツ科学分野に応用したものがEMS=「Electrical Muscle Stimulation」=「電気筋収縮」です。

    EMSの研究は、リハビリなどの医療分野において1960年代から行われるようになり、現在では医療分野のみならず、スポーツ分野でも実際に機器が販売されるようになり、プロスポーツ選手などもトレーニングのなかに組み入れていることが知られています。

    ■スレンダートーンプレミアム・アブベルトのご紹介


    ●公式動画・商品詳細・公式ホームページのご紹介




    こちらが、スレンダートーンプレミアム・最新式EMS腹筋ベルト・アブベルトの効果をわかりやすく説明した公式動画です。まずは、こちらをご覧ください。

    また、セット内容および商品詳細は次の通りになります。

    ○セット内容
    ・コントロールユニット×1
    ・充電器×1
    ・腹筋ベルト×1
    ・パッド×1セット(大1、小2)
    ・ポーチ×1
    ・取扱説明書×1
    ・クイックスタートガイド×1

    ○商品詳細
    ・適応サイズ:ウエスト61cm~95cm
    ・材質:ナイロン、ポリウレタン、ポリプロピレン、シリコンなど
    ・製造国:本体・中国製、パッド・アメリカ製
    ・保証期間:1年

    さらに詳しくは、下記のメーカー公式ページをご覧ください。

    ▼スレンダートーン公式ページ

    スレンダートーン公式サイト ‐ 巻くだけで腹筋!

    ■スレンダートーンプレミアム・アブベルトの使い方


    ●ベルトにパッドを貼ってお腹に巻いてスイッチを入れるだけ


    20170521070429743.jpg

    実際に使ってみました。こちらの写真のように、ベルト本体にジェルパッド(繰り返し使用可)を貼り、お腹に巻いてスイッチを入れるだけです。なお、事前にコントロールユニットを充電しておく必要があります。



    こちらが、スレンダートーンプレミアム・アブベルトの使い方を説明した公式動画になります。詳細は動画でご確認ください。

    ■スレンダートーンプレミアム・アブベルトの強度レベル


    ●0~150までの段階で電気刺激の強さが調整できる


    20170521074044832_20170521074156734.jpg

    スレンダートーンプレミアム・アブベルトは、その電気刺激の強さが0から150までの段階で調整できます。その実際の使用感と、強度レベル別の腹筋収縮感や感じた効果をご紹介します。

    ○強度レベル0~49
    軽く電流を感じる程度です。腹筋自体の収縮はほとんど感じませんが、お腹全体が心地よく刺激されます。

    ○強度レベル50~99
    この強度になると、腹筋が強制的に収縮させられているのがかなり感じられます。特に強度レベル80~99くらいになると、驚くくらい腹筋がピクピクと収縮します。基本となる20分の使用で、軽く腹筋運動をした後のような効果を感じました。

    ○強度レベル100~150
    強度レベルが100~150になると、相当に腹筋が収縮します。はじめての方は驚いてしまうかもしれません。

    説明書によると、強度レベル100以上は上級者むきとのことで、アブベルトの使用にある程度慣れてからの実施が推奨されています。20分の使用で、腹筋に適度の疲労感が残る効果を感じました。


    ショップジャパン 【公式】 スレンダートーン 腹筋ベルト (アブベルト) [メーカー保証1年付] 男女兼用 【正規品】

    スレンダートーンプレミアム・アブベルトは、上のリンク先からAmazonで購入いただけます。

    20170723054423517.jpg

    なお、スマホ連動型の最新型EMS腹筋ベルトに関しても、実機を入手して試用レポートを公開しましたので、あわせてご一読ください。

    ▼関連記事

    【スレンダートーンコネクト】最新型スマホ連動EMS腹筋アブベルトの使い方と試用レポート

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【巻くだけEMS電気腹筋マシン】EMSの効果とその主要機種を比較紹介|口コミ評価も

    【ながらウォーク】テレビを観ながらお手軽ダイエット器具の実際の使用感と口コミ評価

    【ワンダーコアツイスト】実際に試用した使い方・感想・効果とスマートとの違いを解説

    【話題のダイエット器具】人気のグッズやマシンを口コミ評価とともに科学的に考察・解説

     

    スポンサーリンク



    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【話題の最新ダイエットサプリ】5種類を厳選紹介 2020/01/01
    【当サイト筋トレ情報が根拠とする公的機関の公式ページ】厚生労働省e-ヘルスネットのリンク集 2020/01/01
    【筋トレむき朝食の鮭丼】サーモンのバルクアップ効果満タンの筋肉飯 2018/06/19
    【カツオたたき茶漬け】ダイエット筋トレ時の食事としてもおすすめ 2018/06/19
    【ダブルチーズバーガーの筋トレ最適化】マクドナルドでも筋肉は作れる 2018/06/19
    【握力の平均値】成人の男女別調査結果|世界記録やゴリラの握力|鍛え方もご紹介 2018/06/17
    【MSM-04アッガイ】初心者むきのガンプラ(HGUC)の作り方・塗装例・レビュー 2018/06/17
    【アンダーアーマー】訳あり・アウトレット・激安品情報|最新情報を随時更新中 2018/06/16
    【筋トレむきハンバーグカレー】タンパク質+筋肉合成カロリーでバルクアップ 2018/06/16





    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼スマホ最適化サイトOPEN▼

    ▼スマホ最適化サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー全種目一覧】

    【女性ダイエット筋トレ自宅版】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    運営者情報

    プライバシーポリシー

    当サイト筋トレ情報の根拠

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ