●【下半身の筋肉名称】大腿四頭筋・ハムストリングス・臀筋群・内転筋群・下腿三頭筋・前脛骨筋の作用と鍛え方

    Quadricepshum_20170519203325447.png

    下半身のなかでも筋トレの対象となる大腿四頭筋・大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋・内転筋群・下腿三頭筋・前脛骨筋の作用と鍛え方について、その作用を解説するとともに、鍛え方に関する記事をリンクしてまとめました。

    ■大腿四頭筋の構造と作用


    ●大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋


    Quadriceps_hes_20170520054450b8d.png

    大腿四頭筋は大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋から構成され、膝関節の伸展を主作用としており、このほかにも、脚を上げる、足を開くなどの作用も併せ持っています。

    大腿四頭筋は人体のなかでも最大の筋肉で、筋トレで鍛えることにより、超回復のための新陳代謝カロリーを消費するだけでなく、筋密度と基礎代謝が向上するため、ダイエットトレーニングのターゲットとしても重要な部位です。

    ■ハムストリングスの構造と作用


    ●大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋


    humustrings_20170520054745ce3.png

    ハムストリングスは、大腿四頭筋や腸腰筋群と拮抗関係にある筋肉群で、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋から構成されています。膝関節の屈曲と脚を後ろにあげる作用があり、運動機能に大きく影響することからスポーツ競技における重要性の高い筋肉群です。

    ■内転筋群の構造と作用


    ●大内転筋・小内転筋・長内転筋・短内転筋


    Adductor_magnus-crop-horz_2017052006320111a.jpg

    内転筋群は骨盤と大腿骨をつなぐ筋肉群で、大内転筋・小内転筋・長内転筋・短内転筋から構成され、脚を閉じる(内転する)作用があります。

    ■下腿三頭筋


    ●腓腹筋外側頭・腓腹筋内側頭・ひらめ筋


    Gastrocnemius_20170520061201429.png

    ふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋は、腓腹筋外側頭・腓腹筋内側頭・ひらめ筋の三部位から構成されており、つま先をノアb巣作用を持ちます。

    全身の筋肉のなかでも、日常での使用頻度がもっとも高い筋肉群であるため、負荷に対する耐性が高く、筋トレで鍛えにくい部位としても知られています。

    ■前脛骨筋


    maesune_2017052006380112a.png

    前脛骨筋は下腿三頭筋の拮抗筋として働き、つま先を背屈(持ち上げる)作用があります。

     

    スポンサーリンク


    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    筋肥大筋トレ完全版バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ


    -------------------




    ■ビーレジェンドプロテイン格安購入情報


    当ジムおよび当サイトでは㈱REAL STYLE様と業務提携しており、ご紹介している公式ショップページからの購入の場合、3袋以上のまとめ買いであれば送料を考慮して国内最安値レベルでのご提供となっております。是非、ご活用ください。詳しくは下記リンク先でご案内しています。

    【ビーレジェンドプロテイン】風味の全種類と感想・効果と口コミ評価およびおすすめ購入方法

    スポンサーリンク