【下半身の筋肉名称】大腿四頭筋・ハムストリングス・臀筋群・内転筋群・下腿三頭筋・前脛骨筋の作用と鍛え方

    Quadricepshum_20170519203325447.png

    下半身のなかでも筋トレの対象となる大腿四頭筋・大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋・内転筋群・下腿三頭筋・前脛骨筋の作用と鍛え方について、その作用を解説するとともに、鍛え方に関する記事をリンクしてまとめました。

    ■大腿四頭筋の構造と作用


    ●大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋


    Quadriceps_hes_20170520054450b8d.png

    大腿四頭筋は大腿直筋・外側広筋・内側広筋・中間広筋から構成され、膝関節の伸展を主作用としており、このほかにも、脚を上げる、足を開くなどの作用も併せ持っています。

    大腿四頭筋は人体のなかでも最大の筋肉で、筋トレで鍛えることにより、超回復のための新陳代謝カロリーを消費するだけでなく、筋密度と基礎代謝が向上するため、ダイエットトレーニングのターゲットとしても重要な部位です。

    ■ハムストリングスの構造と作用


    ●大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋


    humustrings_20170520054745ce3.png

    ハムストリングスは、大腿四頭筋や腸腰筋群と拮抗関係にある筋肉群で、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋から構成されています。膝関節の屈曲と脚を後ろにあげる作用があり、運動機能に大きく影響することからスポーツ競技における重要性の高い筋肉群です。

    ▼関連記事

    【下半身=大腿四頭筋・ハムストリングスの鍛え方】人体最大の筋肉群を鍛えるとスポーツもダイエットも成功

    ■内転筋群の構造と作用


    ●大内転筋・小内転筋・長内転筋・短内転筋


    Adductor_magnus-crop-horz_2017052006320111a.jpg

    内転筋群は骨盤と大腿骨をつなぐ筋肉群で、大内転筋・小内転筋・長内転筋・短内転筋から構成され、脚を閉じる(内転する)作用があります。

    ▼関連記事

    【内転筋の鍛え方完全版】構造と作用や美脚効果のある筋トレ方法を解説

    ■下腿三頭筋


    ●腓腹筋外側頭・腓腹筋内側頭・ひらめ筋


    Gastrocnemius_20170520061201429.png

    ふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋は、腓腹筋外側頭・腓腹筋内側頭・ひらめ筋の三部位から構成されており、つま先をノアb巣作用を持ちます。

    全身の筋肉のなかでも、日常での使用頻度がもっとも高い筋肉群であるため、負荷に対する耐性が高く、筋トレで鍛えにくい部位としても知られています。

    ■前脛骨筋


    maesune_2017052006380112a.png

    前脛骨筋は下腿三頭筋の拮抗筋として働き、つま先を背屈(持ち上げる)作用があります。

    ▼関連記事

    【ふくらはぎの鍛え方完全版】下腿三頭筋と前脛骨筋の筋トレ方法をトレーナーが解説

    ■全身の筋肉名称はこちら


    images-horz_20170520064039151.jpg

    全身の筋肉名称と構造・作用およびその筋トレ方法については下記の「筋肉名称完全図鑑」をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋肉名称完全図鑑】|全身の筋肉部位の名前と作用およびその鍛え方・筋トレ方法を完全解説