【ダンベルスクワットプレス】自宅で簡単かつハードに全身を鍛えられるコンパウンドトレーニング



    ダンベルスクワットプレスは、全身を一度に鍛えることができ、自宅でも簡単に取り組める全身コンパウンド種目です。そのやり方とポイントを動画をまじえて解説します。
    写真:https://www.youtube.com

    ■ダンベルスクワットプレスが効果のある筋肉


    ●下半身・長背筋群・三角筋・上腕三頭筋


    kahansin_20170507062817f2f.jpg

    ダンベルスクワットプレスは、主となる動作であるスクワット動作のなかで、臀筋群・大腿四頭筋・ハムストリングス・下腿三頭筋など下半身の全ての筋肉に効果があります。

    Latissimus_dorsis0_20170507062948338.png

    また、スクワットからショルダープレスに移行する動作では、上半身の姿勢を維持する作用が強いことから、脊柱沿いのインナーマッスルである長背筋群にも効果的です。

    Deltoideuss_20170507063201654.png

    Triceps_brachiis_20170507063243ce4.png

    さらに、頭上にダンベルを押し上げる動作は、三角筋と上腕三頭筋にも効果的です。

    ■ダンベルスクワットプレスのやり方とポイント


    ●膝をつま先より前に出さずやや上を見て行う




    ダンベルスクワットプレスで最大の注意点は、膝関節保護のために膝をつま先より前に出さないようにすることです。また、背中が丸まらないように、やや上を見て動作を行うことで自然と正しいフォームになります。



    また、ダンベルスクワットプレスは男性の全身強化のほかにも、女性のダイエット筋トレとしてもたいへん高い効果があります。ダイエットが目的の場合は、20回以上の反復回数で行い、鼻から息を吸い口から吐く腹式呼吸で有酸素運動の効果も加えましょう。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【プシュアップジャンプ】全身を一度に鍛えるバリスティックメソッドの腕立て伏せを解説

    ▼おすすめのダンベルと関連記事


    当ジムで実際に試用しているダンベル類は、下記のタイプようなリーズナブルなラバーダンベルですが、全く問題もなく長年使用しています。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    IROTECダンベル セット 40kg ラバーリングタイプ

    ▼関連記事

    【ダンベルの種類と長所短所】目的別におすすめのダンベル|アイアン・ラバー・クローム・アーミー

    また、女性や初心者におすすめのダンベルがこちらのようなアーミーダンベルです。表面がプラスチック加工されている上、多角形をしているので、床や家具を傷つけず、錆も出ず、転がることもありません。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    アーミーダンベル 10kg×2個セット レッド LEDB-10R*2

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    アーミーダンベル 10kg 2個セット レッド LEDB-10R

    20170701042918904.jpg

    当ジムで実際に使用しているアーミーダンベルを分解撮影し、その構造と重量の組み方や使い方を詳しく解説したのが下記の記事です。是非ご一読ください。

    ▼関連記事

    【女性と初心者におすすめのアーミーダンベル】重さが変えられ錆びない転がらない優れもの

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事

    【ダンベルダイエットのやり方女性版】効果的な一週間のメニューと筋肥大しない重さの決め方

    【自宅ダンベル筋トレ完全版】ジムなみに効果がある一週間のメニューの組み方