【プシュアップジャンプ】全身を一度に鍛えるバリスティックメソッドの腕立て伏せを解説

    baristick_20170506184027210.jpg

    プッシュアップジャンプは爆発的な動作で、全身を一度に鍛えることのできる腕立て伏せのバリエーションで、バリスティック法と呼ばれる筋トレのセソッドでも重要な自重トレーニングです。そのやり方と動作のポイントを動画をまじえて解説します。あわせて。女性や初心者でも行いやすい低強度のやり方もご紹介します。

    ▼関連記事

    【バリスティック法】瞬発的動作のトレーニングで神経系を鍛え競技に筋力をフル活用する方法

    ■プッシュアップジャンプが効果のある筋肉


    ●ほぼ全身に効果がある


    anatomy-2148324_960_720_20170506184642cb3.jpg

    プッシュアップジャンプは、腕立て伏せ動作の時に上半身の押す筋肉である「大胸筋」「三角筋」「上腕三頭筋」に、身体を曲げるジャンプの前動作の時に「腹筋群」、伸び上がってジャンプするときに背中のインナーマッスル「長背筋群」と下半身の筋肉である「大体四頭筋」「ハムストリングス」「下腿三頭筋」に、再び腕立て伏せのポジションに戻るときの拮抗作用として「広背筋」「僧帽筋」「上腕二頭筋」と、ほぼ全身の主要な筋肉全てに効果のある自重トレーニング種目です。

    なお、全身の筋肉の詳しい名称と作用については下記の筋肉図鑑をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋肉名称完全図鑑】|全身の筋肉部位の名前と作用およびその鍛え方・筋トレ方法を完全解説

    ■プシュアップジャンプのやり方とポイント


    ●つま先を膝より前に移動させるのが最大の注意点




    こちらが、プッシュアップジャンプの模範的な動画になります。かなりハードな全身運動であることがおわかりいただけると思います。この爆発的な動作のなかで、最大に注意すべきポイントは、身体を曲げて足を前に送りジャンプの前動作に入るときに、膝よりも前につま先を送ることです。

    つま先が膝よりも後ろにある状態で跳躍動作を行うと、膝関節に大きな負担がかかりますので注意してください。

    ■女性や初心者向きのバリエーション


    ●台を使って強度を下げる方法




    スクワットジャンプは、かなりハードなトレーニングなので、女性や初心者の方には厳しい筋トレ方法ですが、台を使って工夫をすることで、強度を下げることができます。効果のある筋肉部位としてはほぼ同様ですので、是非チャレンジしてみてください。

    ▼関連記事

    【腕立て伏せ35種類のやり方】初心者~上級者用から究極種目までトレーナーが解説

    【自重トレーニングメニュー最強版】筋肥大に効果抜群の種目と一週間の組み方を徹底紹介

    ●腕立て伏せにはプッシュアップバーを


    psb03-300x292.jpg
    ▼おすすめのプッシュアップバー

    Active Winner プッシュアップバー 最新モデル

    なお、腕立て伏せ系トレーニングにはプッシュアップバーの使用をおすすめします。手首関節の保護になるだけでなく、可動域が広がりトレーニング効果が倍増します。

    ▼試用レポート記事

    【アクティブウィナー(ActiveWinner)プッシュアップバー】おすすめの理由と使い方|滑り止めと角度が最適

    ▼プッシュアップバー比較解説記事

    【おすすめプッシュアップバー】大胸筋トレーニングの効果を高める器具の種類や使い方