【チューブアブツイスト】外腹=内腹斜筋・外腹斜筋をゴムバンド漸増負荷で引き締める鍛え方



    チューブアブツイストとは外腹=内腹斜筋・外腹斜筋に効果的なチューブトレーニング種目です。チューブには引けば引くほど負荷が増加する漸増負荷と呼ばれる特性があり、腹筋群など日常に使用頻度が高く負荷耐性強い筋肉を追い込むのに効果的です。そのやり方を、動画をまじえて解説します。
    写真:http://www.leanitup.com

    ■チューブアブツイストが効果のある筋肉


    ●内腹斜筋と外腹斜筋および回旋筋


    Grays_Anatomy_image392.png


    腹筋群は表層から順に腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋の四層構造をしていますが、チューブアブツイストはこのなかでも横腹にあたる内腹斜筋と外腹斜筋に効果が高く、女性のくびれ引き締めトレーニングにも最適です。

    ▼関連記事

    【腹筋の構造と名称】鍛える前に知っておきたい名前と働き

    Semispinalis.png


    また、腰部の深層筋で体幹を回旋させる作用のある回旋筋にも二次的に効果があります。

    ▼関連記事

    【脊柱起立筋の構造と鍛え方】腰痛や猫背の改善にも効果的なトレーニング方法

    ■チューブアブツイストのやり方


    ●基本のスタンディングツイスト




    こちらが、チューブアブツイストの基本となるスタンディング形式でのやり方の動画です。息を吐きながら身体を捻っていき、元に戻りながら息を吸うのが正しいやり方です。

    片側20回ずつを1セットの目安にしてください。

    ●座って行うロシアンツイスト




    こちらが、チューブアブツイストのバリエーションの一つで、座って動作を行うチューブロシアンツイストです。チューブを取り付ける場所がない場合にも便利です。

    ●チューブアブツイスト・バランスボールプラス




    チューブアブツイスト・バランスボールプラスは、通常のアブツイストにバランスボールを加えたバリエーションです。不安定なバランスボールの上で動作を行うことにより、内腹斜筋・外腹斜筋・回旋筋以外の体幹インナーまするも同時に鍛えることが可能です。

    ▼関連記事

    【バランスボール筋トレ完全版】選び方や使い方|体幹トレーニングにもおすすめ

    ▼おすすめのトレーニングチューブ


    トレーニングチューブは単品で買い揃えるよりも、強さの違う複数のものがセットされたものを購入するのがリーズナブルです。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Amzdeal トレーニングチューブ 5本セット

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    enkeeo トレーニングチューブ 5本セット

    また、下記のようなショートタイプのエクササイズバンドも使い勝手がよく、なかでも肌に優しい天然ゴム製のタイプがおすすめです。

    20170618072439501.jpg

    Active Winner エクササイズバンド 強度別5本セット

    エクササイズバンドに関しては、実際に当ジムの備品として採用したものの試用レポートをまとめてありますので、是非ご参照ください。

    ▼試用レポート記事

    【おすすめエクササイズバンド】アクティブウィナー(ActiveWinner)のゴムバンド試用レポート

    ▼エクササイズバンドダイエット方法

    【エクササイズバンドトレーニング】全身を部位別にダイエットする使い方とおすすめセットをご紹介

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事


    【チューブトレーニング完全版】胸筋・背筋・腹筋・肩・腕・脚などに効果大でおすすめのメニュー紹介

    【おすすめトレーニングチューブ】単品で揃えるよりセット購入がお得|自重トレの仕上げに最適