【スライド腕立て伏せ】大胸筋を完全収縮させる最新バリエーションを解説



    スライド腕立て伏せは、最新式のプッシュアップバーを使用することにより、従来の腕立て伏せでは不可能だった「腕を閉じる動作」を組み込み、腕を閉じる作用のある大胸筋内側を的確に鍛えることのできるバリエーションです。そのやり方を動画をまじえて解説するとともに、最新式プッシュアップバーもあわせてご紹介します。

    ■大胸筋の構造と作用


    ●上部・下部・内側に分けられ腕を押し出し閉じる作用がある


    490px-Gray410-crop_20170419062948bce.png


    大胸筋は一般的に上部・下部・内側に分けられます。それぞれの部位の作用と特徴は以下の通りです。

    ○大胸筋上部は、腕を斜め上方に押し出す作用があり、三角筋前部と強く連動します。この部位が発達すると、鎖骨すぐから盛り上がる見栄えのよい大胸筋になります。

    ▼関連記事

    【見栄えする大胸筋】そのポイントは大胸筋上部を鍛えること

    【フロントレイズ4種類】三角筋前部を集中的に鍛える方法を解説

    ○大胸筋下部は、腕を斜め下に押し出す作用があり、上腕三頭筋長頭と強く連動します。この部位が発達すると、全体的にボリュームのある大胸筋になります。

    ▼関連記事

    【ボリュームある胸まわり】大胸筋下部の鍛え方を完全解説

    【上腕三頭筋長頭の鍛え方】上腕筋群中で競技に最重要と言われる理由

    ○大胸筋内側は、腕を身体の前で閉じる作用があり、前鋸筋と強く連動します。この部位が発達すると、谷間のくっきりしたメリハリのある大胸筋になります。

    ▼関連記事

    【メリハリのある大胸筋】その秘訣は大胸筋内側を鍛えること

    【前鋸筋の機能・作用と鍛え方】自重やダンベルを使ったトレーニング方法

    ■スライド腕立て伏せのやり方


    ●身体を押し上げた後に腕を閉じて大胸筋を完全収縮させる




    こちらがスライド腕立て伏せの動画です。腕を押し出した後に、さらに大胸筋内側の作用で腕を閉じることにより、大胸筋が完全収縮します。



    こちらが、スライド腕立て伏せを正面から見た動画です。一連の動作が、いかに大胸筋の作用に合った動きであるか理解いただけると思います。

    ■スライド腕立て伏せ用プッシュアップバー


    ●アイアンチェストマスターまたはリップデッキシステム


    現在、スライド腕立て伏せができるプッシュアップバーは、アイアンチェストマスターとパーフェクトリップデッキシステムの二種類のプッシュアップバーに限られます。



    こちらが、アイアンチェストマスターの公式動画です。



    また、こちらがパーフェクトリップデッキシステムの動画です。アイアンチェストマスターに、さらに回旋動作を加えられるが大きなメリットです。

    アイアンチェストマスター・パーフェクトリップデッキシステムともに、楽天やAmazonで入手可能ですので下記にリンクを設置しておきます。是非、ご活用ください。

    ▼アイアンチェストマスター(楽天)

    アイアンチェストマスター(IRON CHEST MASTER)CP-129

    ▼アイアンチェストマスター(Amazon)

    クリッパー(Clipper) アイアンチェストマスター CP-122

    ▼リップデッキシステム(楽天)

    パーフェクト・フィットネス Rip Deck System リップ デッキシステム

    ▼リップデッキシステム(Amazon)

    Perfect Fitness パーフェクトリップデッキシステム

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【腕立て伏せ35種類のやり方】初心者~上級者用から究極種目までトレーナーが解説

    【おすすめプッシュアップバー】胸筋トレーニングの効果を高める器具の種類や使い方