【スミスマシンデッドリフト】フリーウエイト感覚で背筋群を高負荷で鍛えられるマシン筋トレ

    Dead-lifts-2-horz_20170407191129745.jpg


    スミスマシンデッドリフトは、フリーウエイトのバーベルデッドリフトに近い感覚でトレーニングでき、さらにウエイトのグラつきをレールが支えてくれるので、バーベル筋トレよりも高負荷で背筋群を鍛えることのできるマシン筋トレです。そのやり方を動画をまじえて解説します。


    ■スミスマシンデッドリフトが効果のある筋肉


    pullmuscle_201704071914401a2.png
    Latissimus_dorsis0_2017040719150815f.png


    スミスマシンデッドリフトは僧帽筋と広背筋を中心とした表層の背筋群に効果があるだけでなく、二次的に脊柱沿いのインナーマッスルである長背筋群(最長筋・多裂筋・脊柱起立筋など)にも効果的です。また、肘関節を屈伸するわけではありませんが、伸張性収縮(エキセントリック収縮)の負荷により上腕二頭筋にも効果があります。

    スミスマシンデッドリフトは背筋群のトレーニング種目の中でも最も高負荷で背筋を鍛えることのできる種目の一つですが、誤ったフォームで行うと腰椎損傷のリスクもある種目ですので、正しいフォームで行うようにしてください。

    ■デッドリフト系種目のフォームのポイント


    Barbell-rear-delt-row-1point.png


    デッドリフト系種目では腰椎損傷を防ぐために、必ず下記の正しいフォームで行ってください。

    ①胸を張る

    ②背中を反らせる

    ③お尻を突き出す

    ④顎を上げる

    ⑤膝はつま先より後ろ

    また、無理な重量に挑戦せず、ご自身の筋力・技術に見合った十分に安全な重量設定でトレーニングを行ってください。

    ■スミスマシンヨーロピアンデッドリフトの動画とやり方




    こちらがスミスマシンデッドリフトの模範的な動画です。デッドリフトには、足を閉じ膝の外側でグリップをする「ヨーロピアンデッドリフト(ヨーローパ式)」と、足を開き膝の内側でグリップをする「スモウデッドリフト(日本式)」がありますが、スミスマシンでのデッドリフトは最高重量の挙上が目的でなく、あくまでも背筋群のトレーニングなので背筋の動員率の高いヨーロピアンスタイルで行うのが普通です。

    また、バーベルでのデッドリフトはシャフトのグラつきを抑える目的で、左右の手をオーバーとアンダーの一つずつでグリップする「オルタネイトグリップ」で行うのが普通ですが、スミスマシンの場合はグラつきをマシンのレールが支えてくれるので両手ともオーバーグリップで行うのが普通です。

    ■ダイエットとしてのスミスマシンスモウデッドリフト




    スモウスミスマシンデッドリフトは下半身を多く使う挙上方法なので、軽い重量での全身運動としてのダイエットトレーニングには非常に効果の高いトレーニング方法です。また、レールがシャフトを支えてくれるのでデッドリフトに不慣れな女性や初心者でも比較的簡単に動作ができます。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【デッドリフト完全版】効果的な正しいフォーム・グリップ・種類|平均重量や世界記録も紹介

    【スミスマシンの使い方完全版】ベンチプレス・デッドリフト・スクワット以外にも種目が豊富