【片足腕立て伏せ】体幹インナーマッスルも同時に鍛えることのできるプッシュアップバリエーション



    片足腕立て伏せは、通常の腕立て伏せで効果のある上半身の押す筋肉群にくわえて体幹インナーマッスルも鍛えることのできる腕立て伏せのバリエーションです。そのやり方を動画をまじえて解説します。
    写真:10-killer-push-up-variations

    ■片足腕立て伏せが効果のある筋肉


    20170405103546273.jpg


    片足腕立て伏せは、まずは、通常の腕立て伏せと同様に上半身の押す筋肉群=大胸筋・三角筋・上腕三頭筋に効果があります。

    taikan_20170406062613a26.jpg


    加えて、片足で姿勢を維持する動作の中で腹筋群・長背筋群・腸腰筋群といった体幹インナーマッスルも同時に鍛えることが可能です。なお、体幹インナーマッスルの詳細に関しては下記の体幹インナーマッスル図鑑をご参照ください。

    ▼関連記事

    【体幹インナーマッスル図鑑】体幹トレーニングで鍛える深層筋を詳しく図解で解説

    ■片足腕立て伏せのやり方




    こちらが女性のダイエット筋トレなどにおすすめの片足腕立て伏せのやり方です。一回の動作ごとに上げる足を変えるので比較的強度が低めになります。



    また、さらに体幹に対する強度を上げたい場合は、2回連続→3回連続というように、片足をあげたまま腕立て動作をする連続回数を増やしていくとよいでしょう。

    ■腕立て伏せにはプッシュアップバーを





    なお、腕立て伏せには、プッシュアップバーの使用がおすすめです。手首への負担を軽減させられるだけでなく、可動域が広がり、筋トレ効果が倍増します。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事



    【初心者むけ体幹トレーニング】まずは毎日続けるためのメニューをこなそう

    【体幹トレーニング総集編】ダイエットやスポーツに効果確実なメニュー方法と器具

    ▼関連記事

    【腕立て伏せ35種類のやり方】初心者~上級者用から究極種目までトレーナーが解説

    【自重トレーニングメニュー最強版】筋肥大に効果抜群の種目と一週間の組み方を徹底紹介

    ●腕立て伏せにはプッシュアップバーを


    psb03-300x292.jpg
    ▼おすすめのプッシュアップバー

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Active Winner プッシュアップバー 最新モデル

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    Active Winner プッシュアップバー 最新モデル

    なお、腕立て伏せ系トレーニングにはプッシュアップバーの使用をおすすめします。手首関節の保護になるだけでなく、可動域が広がりトレーニング効果が倍増します。

    ▼試用レポート記事

    【アクティブウィナー(ActiveWinner)プッシュアップバー】おすすめの理由と使い方|滑り止めと角度が最適

    ▼プッシュアップバー比較解説記事

    【おすすめプッシュアップバー】大胸筋トレーニングの効果を高める器具の種類や使い方