【リバースインクラインカール】上腕二頭筋の仕上げに最適なダンベル種目のやり方を解説

    Prone-incline-biceps-curl-2.gif

    ダンベルデクラインカールとも呼ばれるダンベルリバースインクラインカールは上腕二頭筋の仕上げ種目として最適なトレーニングの一つですが、そのバリエーションとやり方およびバーベルでのやり方を動画をまじえて解説します。


    ■リバースインクラインカールが効果のある筋肉


    Biceps_brachii_muscle06_20170328194729ce2.png


    リバースインクラインカールは、反動が一切使えないため、上腕二頭筋の仕上げ種目として最適なトレーニングですが、効果のある部位はグリップの仕方により異なります。

    上腕二頭筋は長頭と短頭に分けられ、いずれも主に肘関節の屈曲の作用がありますが、ノーマルグリップの場合は上腕二頭筋短頭に、リバースグリップやハンマーグリップの場合は上腕二頭筋長頭に効果があります。

    ■ダンベルリバースインクラインカール(ノーマルグリップ)




    こちらが上腕二頭筋短頭の追い込みに最適な、ダンベルリバースインクラインカール(ノーマルグリップ)の模範的な動画です。本種目は、高負荷で鍛えるような種目ではなく、あくまでもメイントレーニングの後に、軽めの重量で上腕二頭筋を最大伸展、最大収縮させるためのトレーニングです。

    反動を使わず、完全にコントロールできる重量で、しっかりと肘を伸ばして行ってください。

    ■ダンベルリバースインクラインカール(ハンマーグリップ)




    こちらが上腕二頭筋長頭の仕上げとして最適な、ダンベルリバースインクラインカール(ハンマーグリップ)の動画です。

    ダンベルをハンマーグリップする時は、シャフトを握りしめず、親指と人差し指で作った輪の上にダンベルを乗せるようにするのが、負荷を散らさずに上腕二頭筋に集中させるコツです(手首の損傷防止にもなります)。

    20160513150752039_20170403063753221.jpg

    実際に筆者がハンマーグリップの模範例を行ったのがこちらの画像です。是非、下記の記事とともにご参照ください。

    ▼関連記事

    腕のトレーニングで頻発する手首関節痛の対処法|バーの握り方が大切

    ■ダンベルリバースインクラインカール(リバースグリップ)




    上腕二頭筋長頭だけでなく、上腕筋や腕橈骨筋にも効果の高いバリエーションがリバースグリップでのダンベルリバースインクラインカールです。

    リバースカール系はつい後回しにされがちですが、上腕の筋力に大きく関わる上腕筋や、前腕筋群最大の筋肉である腕橈骨筋に非常に効果の高いグリップ方法ですので、是非トレーニングに組み入れてください。

    ▼関連記事

    【上腕筋の鍛え方】腕力を決める肘を曲げる動作の主働筋の筋トレ方法を解説

    【腕橈骨筋の鍛え方】前腕最大でスポーツ競技のリスト力に大きく関わる筋肉の筋トレ方法

    ■バーベルリバースインクラインカールの2種類






    リバースインクラインカールはバーベルを使って行うことも可能です。バーベルを使うとダンベルとはまた違った刺激がありますので、こちらも是非チャレンジしてみてください。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【インクラインダンベルカール】上腕二頭筋長頭を最大収縮させる高負荷トレーニングを解説

    【バーベルドラッグカール】上腕二頭筋のバーベルトレーニング

    【ダンベルカール】基本4種目のやり方・効果と特殊な3種目を紹介

    【インクラインベンチ】各筋トレ方法(ダンベル・バーベル・マシン)とおすすめのベンチを紹介