【背筋の自宅筋トレおすすめ器具】リーズナブルで便利な道具を厳選してご紹介

    Pull-up_bar.jpg

    以前は、背筋の筋トレと言えば効果な専用の器具やマシンが必要なのでジムでするのが一般的でしたが、最近はリーズナブルで便利な自宅用器具が通販などで簡単に入手できます。

    そこで、おすすめの背筋自宅筋トレ器具を厳選してご紹介します。


    ■背筋トレーニングの王道=懸垂ラック


    自宅での背筋トレーニングの王道と言えば、やはり懸垂ですが、懸垂を自宅でするためには懸垂ラックが必要になります。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg

    ファイティングロード (FIGHTINGROAD) マルチジム



    リーズナブルで、なおかつ耐久性なども考慮しておすすめできる懸垂ラックがこちらの筋トレ専門メーカー製のものです。腹筋やディップなど一通りの自重トレーニングも行うことが可能です。

    なお、より安価ないわゆる「健康ぶらさがり器」は強度的に避けたほうが無難です。

    ▼関連記事

    【懸垂の筋肉部位別のやり方】各種類のコツやできない人も達成できる秘策を解説

    ■リーズナブルで便利な簡易懸垂装置




    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg

    アイアンジム 腕立て伏せ 腹筋 懸垂



    最近よく見かける便利な背筋トレーニング器具がこちらのような、自宅のドア枠に引っかけて使用する簡易懸垂装置です。こちらもプッシュアップバーやクランチバーのかわりにもなり、健康だけでなく腕立て伏せや腹筋も効率的に行うことができます。

    簡易懸垂装置には、このほかにも突っ張り棒タイプのものもありますが、価格もあまりかわらないので上記のタイプがおすすめです。

    ▼関連記事

    【自宅懸垂器具】おすすめの家庭用チンニングスタンドやドア型簡易装置をご紹介

    ■ダンベルがあれば一気に幅が広がる




    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg

    ファイティングロード (FIGHTINGROAD) ダンベル ラバータイプ (60kgセット) 【トレーニング解説DVD ウェイトグローブ付き】



    ダンベルがあれば、ダンベルローイング、ダンベルプルオーバー、ダンベルシュラッグなど幅広い背筋トレーニングが可能になります。

    自宅の用のダンベルとしておすすめなのが、上記のようなラバータイプで、これだと自宅の床や家具を傷つけるリスクが低くなります。

    こちらのダンベルは筆者のジムでも長年使用しており、全く問題ありませんので自信を持っておすすめします。

    なお、ダンベルは後でウエイトだけを買い足すとかなり割高になりますので、はじめから60kgセットの購入がおすすめです。

    ▼関連記事

    【背筋のダンベルトレーニング】自宅での広背筋・僧帽筋・長背筋の鍛え方

    【ダンベルの種類と長所短所】目的別におすすめのダンベル|アイアン・ラバー・クローム・アーミー

    20170701042918904.jpg

    また、女性や初心者におすすめのダンベルがアーミーダンベルですが、当ジムで実際に使用しているアーミーダンベルを分解撮影し、その構造と重量の組み方や使い方を詳しく解説したのが下記の記事です。是非ご一読ください。

    ▼関連記事

    【女性と初心者におすすめのアーミーダンベル】重さが変えられ錆びない転がらない優れもの

    ■仕上げに最適なトレーニングチューブ



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg

    enkeeo トレーニングチューブ エクササイズバンド 5本セット



    トレーニングチューブでの背筋トレーニングは、自重トレーニングの仕上げに相性がよく最適です。

    なお、トレーニングチューブは単品で買い揃えるとかなり割高ですので、はじめから上記のような強度の違うチューブがセットになったものがリーズナブルでおすすめです。

    ▼関連記事

    【チューブトレーニング完全版】自重レーニングと組み合わせると最強のメニューを徹底紹介

    ■できれば欲しいインクラインベンチ




    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) マルチポジションベンチ器具


    ダンベルトレーニングにあると幅が一気に広がるのがトレーニングベンチです。一台選ぶのであれば、シートの角度が調整できるインクラインベンチを強くおすすめします。

    実際、背筋トレーニングにはシートの角度調整はあまり使いませんが、大胸筋トレーニングでインクラインダンベルプレスやデクラインダンベルプレスができるという大きなメリットがあります。

    なお、上記のタイプは筆者のジムでも長年使用しているおすすめのものです。

    ▼関連記事

    【マルチポジションベンチ】IROTEC(アイロテック)製のインクライン・デクラインベンチの機能解説

    ■ホームジムならケーブルラットマシン




    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    プロラットマシン


    ホームジム規模で器具を揃える場合に、ぜひ揃えたい背筋トレーニング器具がケーブルラットマシンです。

    こちらのものは、筆者のジムでも10年弱使い続けていますが、とても頑丈でおすすめです(当ジムではチェーンとターンバックルで補強しています)。

    ▼関連記事

    マーシャルワールドプロラットマシンDX&ファイティングロードラットマシーン−TRUST

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【ダンベルローイング】背筋に効果大の筋トレ|各バリエーションとコツを動画つきで解説

    【自宅での背筋の鍛え方】自重とダンベルだけで広背筋・僧帽筋・長背筋を鍛える筋トレ6選

    【家庭用筋トレマシン】種類や使い方・メーカー別比較と考察|ホームジムにおすすめ