▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【女性ダイエット筋トレ】

    【斜め懸垂】自宅での効果的なやり方|適切な負荷回数設定やおすすめ器具と机やタオルの流用

    800px-Body-row-2_2017031207065914f.png

    広背筋などが鍛えられる斜め懸垂(インバーテッドロウ)の効果的な自宅でのやり方を解説するとともに、目的別に適切な負荷回数設定について説明します。また、斜め懸垂を家で行えるおすすめの簡易器具や机・タオルを流用した方法についてもご紹介します。

    ■斜め懸垂(インバーテッドロウ)が効果のある筋肉部位


    ●広背筋を中心に僧帽筋や上腕二頭筋に効果的


    pullmuscle_201703120715071d6.png


    斜め懸垂(インバーテッドロウ)は広背筋を中心に僧帽筋や上腕二頭筋といった上半身の引く筋にグループに効果があります。各筋肉の特徴と作用は以下の通りです。

    ○広背筋:背中に逆三角形状に分布し、上半身最大の筋肉です。腕を上や前から引き寄せる作用があり、鍛えることで逆三角形の体型になります。

    ○僧帽筋:首の後ろに位置する筋肉で、肩甲骨を引き寄せる作用があります。鍛えることで厚みのある上半身になります。

    ○上腕二頭筋:上腕の前面に位置する力こぶの筋肉で、鍛えることで逞しい腕になります。

    ■斜め懸垂(インバーテッドロウ)の目的別負荷回数設定


    ●筋肥大なら10回・細マッチョなら15回・ダイエットなら20回


    number-787589_960_720-crop_201703120723181d1.png

    斜め懸垂(インバーテッドロウ)の負荷や回数は目的別に設定をしなくてはいけません。筋肉(筋繊維)には大きく3種類があり、それは短瞬発筋(FG筋)・長瞬発筋(FO筋)・持久筋(SO筋)でそれぞれの特徴と負荷回数設定は以下の通りです。

    ○短瞬発筋(FG筋):30秒以内の強く短い筋収縮の主体となる筋繊維で、よく筋肥大します。10回前後の反復回数で限界がくる負荷回数で鍛えます。

    ○長瞬発筋(FO筋):60秒前後の強くやや持久的な筋収縮の主体となる筋繊維で、やや筋肥大します。15回前後の反復回数で限界がくる負荷回数で鍛えます。

    ○持久筋(SO筋):長く持久的な筋収縮の主体となる筋繊維で、鍛えると筋密度が向上しますが筋肥大は起こりません。20回以上の反復回数で限界がくる負荷回数で鍛えます。

    ▼関連記事

    【筋繊維の3種類】遅筋と速筋の鍛え方|比率の測定法・機器も紹介

    ■自宅斜め懸垂(インバーテッドロウ)におすすめの器具


    ●家のドア部分に取り付ける簡易懸垂装置がおすすめ




    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ドアジム DOOR GYM 1型

    自宅での斜め懸垂(インバーテッドロウ)におすすめなのが、家のドア部分に突っ張り棒のように取り付ける簡易懸垂装置です。上記のもののほか、いくつかのものがあります。詳細は各リンク先でご確認ください。

    ■斜め懸垂(インバーテッドロウ)の種類とやり方


    ●ノーマル斜め懸垂(インバーテッドロウ)




    基本となるノーマル斜め懸垂(インバーテッドロウ)の模範的な動画がこちらのものです。肩幅よりやや広く手幅をとり、背すじを真っ直ぐに伸ばし、胸を張り肩甲骨を寄せながら身体を引き上げます。広背筋を中心に効果的です。

    ●足上げ斜め懸垂(インバーテッドロウ)




    通常の斜め懸垂(インバーテッドロウ)で強度が足らない方は、こちらのような足上げ斜め懸垂(インバーテッドロウ)を行うとよいでしょう。動作のポイントはノーマル斜め懸垂(インバーテッドロウ)と同様です。広背筋を中心に効果的です。

    ●パラレル斜め懸垂(インバーテッドロウ)




    僧帽筋に対して高い負荷を与えることのできるのが、この動画のようなパラレルグリップでの斜め懸垂(インバーテッドロウ)です。しっかりと肩甲骨を引き寄せることで僧帽筋が最大収縮します。

    ●逆手斜め懸垂(インバーテッドロウ)




    上腕二頭筋に対する負荷が高くなるのがこちらのような逆手斜め懸垂(インバーテッドロウ)です。上腕二頭筋をターゲットにする場合は、できるだけ背中の筋肉を使わないように、やや背中を丸めたまま動作を行ってください。

    ●ワンハンド斜め懸垂(インバーテッドロウ)




    上腕二頭筋を高い強度で鍛えることのできるバリエーションがワンハンド斜め懸垂(インバーテッドロウ)ですが、このレベルになると通常の懸垂ができると思いますので、懸垂で鍛えていくことをおすすめします。

    ▼関連記事

    【懸垂の筋肉部位別のやり方】各種類のコツやできない人も達成できる秘策を解説

    ■家の机を使った斜め懸垂(インバーテッドロウ)


    ●机を使った順手斜め懸垂(インバーテッドロウ)




    自宅にある机を流用した順手斜め懸垂(インバーテッドロウ)がこちらの動画のものです。

    ●机を使った逆手斜め懸垂(インバーテッドロウ)




    自宅にある机を流用した逆手斜め懸垂(インバーテッドロウ)がこちらの動画のものです。

    ■タオルを使った斜め懸垂(インバーテッドロウ)


    ●筋力に自信のない女性にもおすすめ




    最後にご紹介するのがタオルを使った斜め懸垂(インバーテッドロウ)です。この方法だと角度が自在に調整できるので、筋力に自信のない女性でも簡単に背筋を鍛えることが可能です。

    スポンサーリンク

    ▽ただ今人気▽

    ▽話題の記事▽


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【筋トレむき魚のすき焼き】複数種類のタンパク質でアミノ酸スコアも向上 2018/02/17
    【自重トレーニングメニュー最強版】筋肥大に効果抜群の種目と一週間の組み方を徹底紹介 2018/02/17
    【背筋の鍛え方】懸垂以外の自宅筋トレ(自重・ダンベル・チューブ)で広背筋・僧帽筋・長背筋を鍛えるやり方 2018/02/17
    【自宅ダンベル筋トレ完全版】初心者でもジムなみに効果がある一週間のメニューの組み方 2018/02/17
    【ダンベルフライ特集】大胸筋に効果の高いフォーム・重量・回数と床でのやり方を解説 2018/02/17
    【おすすめプッシュアップバー】斜め傾斜型から回転スライド式まで腕立て伏せ器具の使い方特集 2018/02/17
    【アームレスリングのトレーニング法】フック・トップロールの技別の鍛え方をアームレスラーが解説 2018/02/17
    【筋肉名称完全図鑑】|全身の筋肉部位の名前と作用およびその鍛え方・筋トレ方法を完全解説 2018/02/17
    【腕の筋肉を太くする鍛え方TOP25と3つの秘策】自宅でダンベルや自重を使った筋トレ方法 2018/02/17


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ