▼当サイトメイン記事▼
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ

    【ジム筋トレ初心者女性版】マシンを主体にした一週間の引き締めメニューの組み方

    workout-1946596_960_720.jpg

    ジムに入会したものの、どんなマシンでどこを鍛える筋トレをして、それらを組み合わせればいいのか…初心者の女性にとってはちんぷんかんぷんでしょう。そこで、筋肉の部位別に代表的なマシンの使い方を解説するとともに、それらを効果的に組み合わせた一週間のプログラムを例示してご紹介します。

    ■目次


    ■基本①全身の筋肉部とグループ分け
    ■筋トレを一週間三回に分割する
    ■女性に適切な負荷回数設定
    ■筋トレと有酸素運動の関係
    ■週一回目のジムマシン筋トレメニュー
    ■週二回目のジムマシン筋トレメニュー
    ■週三回目のジムマシン筋トレメニュー
    ■筋トレ効果を高めるトレーニングギア
    ■筋トレ効果を高める食事・サプリ
    ■筋トレをしたら心身を癒そう
    ■女性向け筋トレ記事一覧

    ■基本①全身の筋肉部位とグループ分け




    トレーニングを始める前に、まずは全身の主な筋肉とその作用を覚えましょう。鍛える対象を知った上で鍛えていくことは、とても大切なことです。また、トレーニングプログラムを組む上で、一緒になって動く筋肉のグループ分けも理解していきましょう。

    9cb28e8fc1dd071e18d523352f9c1453-crop-1024x780.jpg

    全身の主な筋肉は次のようにグループ分けできます。

    ●上半身の押す筋肉グループ


    ○大胸筋
    胸の筋肉で腕を前に押し出す・閉じる作用があります。

    ○三角筋
    肩の筋肉で腕を前・横・後ろに上げる作用があります。

    ○上腕三頭筋
    腕の後ろの筋肉で肘を伸ばす作用があります。

    ●上半身の引く筋肉グループ


    ○僧帽筋
    首の後ろの筋肉で肩甲骨を寄せる作用があります。

    ○広背筋
    背中の筋肉で腕を後ろに引く作用があります。

    ○上腕二頭筋
    腕の前側の筋肉で肘を曲げる作用があります。


    ●体幹の筋肉グループ


    ○腹筋群
    お腹の筋肉で体幹の屈曲・旋回および姿勢の維持をする作用があります。

    ○長背筋群
    背骨沿いの筋肉で体幹の伸展および姿勢を維持するさようがあります。

    ○腸腹筋群
    股関節周辺の筋肉で脚を上げる作用と骨盤を維持する作用があります。

    ○臀筋群
    お尻の筋肉で脚を後ろに上げる作用があります。

    ●下半身の筋肉グループ


    ○大腿四頭筋
    太もも前面の筋肉で膝を伸ばす作用があります。

    ○ハムストリングス
    太もも後面の筋肉で膝を曲げる作用があります。

    ○下腿三頭筋
    ふくらはぎの筋肉でつま先を伸ばす作用があります。

    目次にもどる

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    バーベル筋トレ方法バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------


    ■筋トレを一週間三回に分割する




    筋肉は一度鍛えたら72時間以上の超回復期間をおかなくてはいけません。このため、全身を一度に鍛えるのではなく、全身の筋肉をグループごとに分割し、一週間をかけてローテーションで鍛えていくのがもっとも効率的です。

    女性のダイエット・フィットネス系トレーニングの場合、男性と比べて上半身のトレーニング量を抑え、下半身のトレーニング量を上げるのが一般的で、その分割方法は以下のような三分割が代表例になります。

    ①上半身の日(週一回目の筋トレ)

    ②体幹の日(週二回目の筋トレ)

    ③下半身の日(週三回目の筋トレ)

    目次にもどる

    ■女性の筋トレに適切な負荷回数設定




    トレーニングをする上で大切なことは、その筋トレ目的に合わせた負荷重量設定をすることです。これを間違えるとバストアップやヒップアップをしたいのに引き締まってしまったり、腕や太ももを引き締めたいのにムキムキになってしまったりします。

    このような失敗をしないためには、筋肉を構成している筋繊維の種類ごとの特徴を把握しなくてはいけません。



    筋肉には三種類の筋繊維があり、その特徴は以下の通りです。

    ①短瞬発筋
    10秒以内の運動で非常に強い筋力を発揮する筋繊維で、よく筋肥大し、10回前後の反復回数で限界がくるような高重量トレーニングで鍛えます。女性の筋トレでは基本的に鍛えない筋繊維です。

    ②長瞬発筋
    30秒前後の運動で比較的強い筋力を発揮する筋繊維で、程よく筋肥大し、15回前後の反復回数で限界がくるような中重量トレーニングで鍛えます。バストアップで大胸筋、ヒップアップで臀筋群やハムストリングスを狙うときに鍛える筋繊維です。

    ③持久筋
    長時間の持続的な運動で収縮を続ける筋繊維で、鍛えると筋密度は上がりますが筋肥大はしません。20回以上の反復回数で限界がくるような低重量トレーニングで鍛えます。ダイエットや引き締め目的の筋トレで対象とする筋繊維です。

    ▼関連記事

    【筋トレの回数設定】筋肥大やダイエットなど目的別の1セットレップ数の目安

    目次にもどる

    ■筋トレと有酸素運動の関係


    dummbbellvsrun-300x235.jpg

    ダイエットの運動として有酸素運動か筋トレのどちらがよいのか?というのはよくある疑問ですが、スポーツ科学的に結論すると、はるかに筋トレのほうがダイエットに有効です。

    有酸素運動は酸素を消費して長時間の運動を続けます。一方、筋トレは筋肉内のグリコーゲンを消費する短時間の無酸素運動です。一回あたりのダイエットに適切な運動カロリーを消費するために必要な時間は、有酸素運動は筋トレの3倍の時間が必要とされています。このことから、筋トレのほうが時間的にはるかに効率的です。

    また、有酸素運動は運動をしていない時はカロリー消費が発生しません。一方、筋トレをすると筋肉痛になり、その筋肉痛を回復(新陳代謝)させるために、運動をしていない時や寝ている間もカロリー消費が発生し続けます。この観点からも、はるかに筋トレのほうがダイエットに有効なことがおわかりいただけるでしょう。

    ▼関連記事

    【女性が筋トレだけで痩せるの可能?】有酸素運動とどちらがダイエット効果があるか解説

    profile.jpg

    ただし、実際に筋密度を上げながら体脂肪を落としていく専門家である女性ボディービルダー(全日本クラス別三位)のアスリートによれば、やはり筋トレと有酸素運動を上手に組み合わせていくのが、一般的な女性のダイエットにも効率的とのことです。

    ▼アスリート執筆記事

    【女性がジムで綺麗に痩せる方法】二の腕・お腹・下半身の引き締めメニューを女子ボディービルダーが解説

    目次にもどる

    ■週一回目のジムマシン筋トレメニュー


    ●大胸筋:チェストプレス・2~3セット




    ◆効果のある筋肉:大胸筋・三角筋・上腕三頭筋

    まずは上半身の押す筋肉を鍛えていきます。バストアップを考えた場合、腕を斜め上に押し出す作用のある大胸筋上部を中心に鍛えるのがおすすめです。動画のように、斜め上軌道にチェストプレスマシンを設定して15回を2~3セット行なってください。

    ●背筋群:ラットプルダウン・2~3セット




    ◆効果のある筋肉:僧帽筋・広背筋・上腕二頭筋

    次に上半身の引く筋肉全体をケーブルマシンのラットプルダウンで鍛えていきます。男性のようにグリップを広く順手でとると、広背筋側部に効いてしまい、上半身の幅が出てしまうので、女性の場合は狭く逆手でグリップし20回以上の反復で背中の中央部を引き締めていきます。2~3セット行なってください。

    ●大胸筋:マシンフライ・1~2セット




    ◆効果のある筋肉:大胸筋

    大胸筋の仕上げトレーニングとして最適なのがペックデックマシンを使ったマシンフライです。しっかりと腕を閉じ、大胸筋中央部に効かせていきましょう。大胸筋内側を鍛えることでバストを寄せる効果があります。15回1~2セットを行なってください。

    ●背筋群:ケーブルローイング・1~2セット




    ◆効果のある筋肉:僧帽筋・広背筋・長背筋群

    背筋群の仕上げトレーニングにおすすめなのがケーブルローイングです。反動を使わずに動作を行ってください。20回1~2セットが目安です。

    ●上腕三頭筋:プレスダウン・1~2セット




    ◆効果のある筋肉:上腕三頭筋

    最後に上腕三頭筋をケーブルプレスダウンで引き締めます。肘を体側に固定し、肘関節の屈伸のみで動作を行ってください。20回1~2セットが目安です。

    ●ジムに行けない日は…




    残業や付き合いなどでジムに行けない日は、自宅で自重やダンベルを使って上半身を軽く鍛えておきましょう。下記の記事は、自宅での上半身のトレーニング方法を筋肉部位ごとに解説したものです。是非ご活用ください。

    ▼関連記事

    ・バストアップ筋トレ


    【大胸筋の鍛え方女性版】バストアップのための自宅トレーニングメニューと器具を完全解説

    ・背筋の健康筋トレ


    【背筋の鍛え方女性版】猫背・肩こり・腰痛も解消し美姿勢になる自宅引き締め筋トレエクササイズ

    ・肩の美姿勢筋トレ


    【三角筋の鍛え方女性版】肩こり解消と美姿勢に効果的な自宅筋トレ

    ・二の腕痩せ筋トレ


    【二の腕を引き締め痩せる】ダンベルだけでOKな鍛え方と簡単筋トレプログラム|女性向け!

    【上腕三頭筋の鍛え方女性版】たるんだ二の腕を細く引き締める自宅筋トレ方法

    【上腕二頭筋の鍛え方女性版】筋肉を太くせずに二の腕を引き締める自宅筋トレ方法

    目次にもどる

    ■週二回目のジムマシン筋トレメニュー


    ●腹筋群:クランチ系種目・2~3セット




    ◆効果のある筋肉:腹筋群(腹直筋)

    体幹部のトレーニングのなかでも中心となるのが腹筋で、その代表的な鍛え方がクランチ系の種目です。クランチ系マシンには様々なタイプのマシンがありますが、息を吐きながら身体を曲げていき、最後に完全に息を吐ききって腹筋群を最大収縮させるのが共通の特徴です。20回2~3セットを行なってください。

    ●腹筋群:ツイスト系種目・1~2セット




    ◆効果のある筋肉:腹筋群(腹斜筋)

    腹筋側部の内腹斜筋と外腹斜筋に効果のあるのがツイスト系種目です。反動を使わず筋力でツイスト動作を行うようにしてください。片側15回ずつ1~2セットが目安です。

    ●腹筋群:ケーブルクランチ・1~2セット




    腹筋群の仕上げに最適な種目がケーブルクランチです。息を吐きながら身体を曲げていき、完全に息を吐ききって腹筋群を最大収縮させてください。20回1~2セットを行ないます。

    ●腸腰筋群:ケーブルレッグリフト・1~2セット




    ◆効果のある筋肉:腸腰筋群・1~2セット

    腹筋群と強い連動性のある股関節インナーマッスル・腸腰筋群を鍛えるのに最適な種目がケーブルレッグリフトです。20回1~2セットを行なってください。

    ●長背筋群・ハイパーバックエクステンション・1~2セット




    ◆効果のある筋肉:長背筋群

    ▼アスリート執筆記事

    profile.jpg

    【女性が腹筋を綺麗に割る筋トレメニュー】具体的な鍛え方と食事方法を女子ビルダーが解説

    最後に腹筋群の拮抗筋でもある長背筋をハイパーバックエクステンションで鍛えましょう。反動を使うと腰を痛めることもありますので、くれぐれもコントロールした動きで行ってください。20回1~2セットが目安です。

    ●ジムにいけない日は…


    Crunch-Gym-Workout-Fitness-Exercise-Weight-Loss-1207555.jpg

    ジムに行けない日は自宅で腹筋群や長背筋群を軽くトレーニングしましょう。下記の記事は自宅での体幹トレーニングについて解説した記事です。

    ▼関連記事

    ・下腹すっきり筋トレ


    【腹筋下部の筋トレ方法】下腹ぽっこりを引き締める5段階の鍛え方をご紹介

    【腹筋ローラーの使い方】下腹部や背筋や腕にも効果あり|おすすめの最新機種もご紹介

    目次にもどる

    ■週三回目のジムマシン筋トレメニュー


    ●大腿四頭筋:レッグプレス・2~3セット




    ◆効果のある筋肉:大腿四頭筋

    下半身トレーニングの中心となる種目がレッグプレスです。膝関節保護のため、膝より上につま先がくるようにシートやステップを調整してください。また、腰を浮かすと刺激が逃げてしまうので注意が必要です。20回2~3セットを行ないます。

    ●大腿四頭筋:レッグエクステンション・1~2セット




    ◆効果のある筋肉:大腿四頭筋

    大腿四頭筋の仕上げ種目として最適なのがレッグエクステンションです。反動を使わずに、上げる時も下ろす時もしっかりとコントロールして行ってください。また、脚を伸ばしたポジションでつま先を上に向けると大腿四頭筋が最大収縮して効果が倍増します。20回1~2セットが目安になります。

    ●ハムストリングス:レッグカール・1~2セット




    ◆効果のある筋肉:ハムストリングス

    ヒップアップに重要な筋肉であるハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)を的確に鍛えることのできる種目がレッグカールです。脚を曲げきったポジションでつま先を伸ばすと、さらに効果が高まります。15回1~2セットが目安です。

    ●臀筋群:キックバック・1~2セット




    ◆効果のある筋肉:臀筋群

    ヒップアップに非常に重要な筋肉である臀筋群(大臀筋・中臀筋・小臀筋)を集中的に鍛えることのできる種目がマシンキックバックです。脚を後ろに伸ばしたときに、お尻を引き締める意識をするとさらに効果的です。片足15回1~2セットを行ないましょう。

    ●内転筋群・アダクション・1~2セット




    ◆効果のある筋肉:内転筋群

    ヒップアダクションと呼ばれるマシンでは、内ももの筋肉である内転筋群を効果的に鍛えて引き締めることができます。20回1~2セットを目安に行なってください。

    ▼アスリート執筆記事

    26753962_1523983824383010_1683218937_n.jpg

    【女性のジム下半身痩せ筋トレ】マシン中心のダイエット方法をミスボディフィットネストップ選手が解説

    ●ジムに行けない日は…




    忙しくてジムに行けないような日は、自宅で自重やダンベルを使って下半身を鍛えましょう。下記の記事は自宅での女性下半身トレーニングを詳しく解説したものです。

    ▼関連記事

    【女性の下半身ダイエット】太もも・内もも・お尻を部位別に簡単自宅筋トレ

    目次にもどる

    ここからは、これまで筆者が執筆した記事のなかから、女性のトレーニングに関係する記事をジャンル別にご紹介していきます。ぜひ、ご一読いただき、さらに効率的なトレーニングにお役立てください。

    ■筋トレ効果を高めるトレーニングギア




    ジム通いを始めるに当たって、ダイエット系マシントレーニングに必要になってくるのが、ナイロン製のトレーニングベルト&グローブ、そしてトレーニングに適したシューズです。

    また、マシントレーニングだけでなく本格的なバーベル筋トレにチャレンジしていく場合は、さらに本格的なトレーニングギアも必須です。

    それら、女性むけのジム筋トレグッズ・ギアをレベル別にまとめたのが下記の記事です。是非ご活用ください。

    ▼関連記事

    【女性のジム筋トレおすすめグッズ】マシンダイエットから本格バーベルトレーニングまで

    その他のトレーニンググッズについては、以下の記事もあわせてご参照ください。

    【ゴールドジム公式筋トレグッズ】GOLD'S GYMのベルト・グローブ・ラップ・ストラップ・ウェアを徹底紹介

    【筋トレにおすすめの器具グッズ類】ダンベル・ベンチ・懸垂台・ベルト・グローブ・ストラップなど

    目次にもどる

    ■筋トレ効果を高める食事・サプリ




    【筋トレ食事メニュー例】筋肥大レシピやダイエット料理からコンビニ食まで完全解説

    【人気ダイエット食品50特選】効果の理由とおすすめで具体的なやり方を種類別に徹底紹介

    【筋トレサプリ25選】プロテイン・BCAA・クレアチン・HMBなどのおすすめな摂取方法

    【初心者におすすめの筋トレサプリメント】基本三種類(プロテイン・BCAA・クレアチン)とHMB

    【女性のダイエット筋トレサプリメント】三大サプリを各メーカーから比較紹介

    目次にもどる

    ■筋トレをしたら心身を癒そう


    ●三大要素は筋トレ・食事・休息


    27459478_143606839655814_1696914177754890191_n_20180130065119ed6.jpg

    トレーニングによる身体作りの三大要素は、筋トレ・食事・休息です。筋トレを頑張ったら、その効果を高める食事をきっちりと摂るように心がけ、疲れた心身をしっかりと癒し、安めてください。この三つが揃ってはじめて筋トレの効果があらわれます。

    下記の記事では、姉妹サイトの「女性のための癒し雑貨グッズ」をご紹介しています。アロマ系・バス系・睡眠系の人気癒しグッズのほか、心もほっこり癒される可愛い女性向きのグッズがたくさんあります。是非、ご活用ください。

    ▼関連記事

    癒しの雑貨グッズ厳選紹介|女性へのプレゼントにも素敵な人気ランキング品

    目次にもどる

    ■女性向け筋トレ記事一覧


    20170606123736252.jpg

    最後に、これまで筆者が女性向に執筆した記事を、その目的別に分類してご紹介します。

    ・筋トレ専門サイトの最新女性ジム筋トレ記事


    【ジム筋トレメニュー女性版】マシン+バーベルで綺麗に痩せる引き締めダイエットの方法

    【女性のダイエットバーベル筋トレ】フリーウエイトトレーニングで確実に痩せるメニュー

    ・ムキムキにならずに痩せるダイエット筋トレ


    【女性のダイエット筋トレ完全版】ムキムキにならず痩せる一週間の自宅メニューと食事

    ・ボンキュッボンの美ボディー筋トレ


    【筋トレ女子の美ボディーメニュー】凹凸をつける女性の一週間のプログラムの組み方

    【女性の美ボディメイク筋トレ】たった4ヶ所を鍛えるだけ

    ・ダイエットに適した運動を厳選紹介


    【ダイエット運動おすすめ15選】効果的な種類とやり方|最適なタイミングと時間も徹底解説


     

    スポンサーリンク

    ▽ただ今人気▽

    ▽話題の記事▽


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【サーモンエッグの作り方】筋トレ翌朝の高タンパク質メニューにおすすめ 2018/02/20
    【筋トレむきビッグマック改】肉と豆腐を追加してバルクアップ最適化チャレンジ 2018/02/19
    【超特大お買い得うなぎ】こだわりのジャポニカ種蒲焼きを試食レポート 2018/02/19
    【アンダーアーマー】訳あり・アウトレット・激安品情報|最新情報を随時更新中 2018/02/18
    【40代の自宅ダイエット筋トレ】男性・女性も成功のためには代謝を上げて継続できるメニューが大切 2018/02/18
    【上腕筋の鍛え方】腕力を決める肘を曲げる動作の主働筋の筋トレ方法を解説 2018/02/18
    【家庭用トレーニング用品】四大ブランドのダンベル・ベンチ・パワーラックなどを比較紹介 2018/02/18
    【初心者の筋トレメニュー完全版】自宅とジム各々の鍛え方と一週間の組み方を例示 2018/02/18
    【おすすめバランスボールと選び方】65~55cm各メーカー品紹介と選び方・使い方のポイント解説 2018/02/18


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ