【フェイスプル】リアデルタを集中的に鍛える筋トレ方法を解説



    フェイスプルと呼ばれる顔に向けて手を引き寄せる動作のトレーニングは、三角筋後部=リアレイズの仕上げ種目として、背筋群のトレーニング後に行うと効果的な種目です。

    リアデルタを鍛えてないと、外見上見栄えがしないだけでなく、競技でのパフォーマンスも上がりにくいので、ぜひとも鍛えておきたい部位です。

    ■斜め懸垂を応用したフェイスプル




    自重トレーニングで三角筋後部を鍛えるのにおすすめなトレーニング方法が、斜め懸垂を応用したフェイスプルです。

    肘を大きく外に張り出すとともに、背筋群をあまり収縮させずに動作をするのがポイントです。

    ■チューブフェイスプル




    チューブを使ったチューブフェイスプルは、背筋群のトレーニング後に三角筋後部を仕上げるのに最適です。

    肘を大きく外に張り出すことと、背筋群をあまり使わないようにすることはフェイスプル系トレーニング共通のポイントです。

    ■ダンベルフェイスプル




    やや動作が難しくなりますが、ダンベルフェイスプルも三角筋後部に効果的です。また、片手をベンチなどについて行うワンハンドダンベルフェイスプルは、意識と動作をリアデルタに集中できるので、より効果的です。

    ■ケーブルフェイスプル




    ケーブルマシンを使ってフェイスプルを行うことも可能です。肘が肩より上になるように動作を行ってください。

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事

    【三角筋のダンベル筋トレ方法】自宅でのダンベルショルダープレス・サイドレイズ・アップライトロー

    【自宅での三角筋の鍛え方】自重&ダンベルトレーニングで効果のある筋トレ方法7選

    【三角筋のジムマシン筋トレ】部位別に効果的な種目の使い方・やり方・鍛え方を完全紹介

    【三角筋の鍛え方完全版】でかい肩を作り逆三角形になる筋トレをトレーナーが解説