【背筋の鍛え方女性版】猫背・肩こり・腰痛も解消する自宅での背中痩せ筋トレ

    plank-2054729_960_720-crop.jpg

    猫背・肩こり・腰痛も解消できる女性のための背中の筋肉・背筋群の鍛え方を詳しく解説します。背筋力が強くなるとそれらの解消でだけでなく、すらりと美しい姿勢になり、背中痩せもできて一石五鳥です。そんな背筋の筋トレ方法を自宅で簡単にできる種目から厳選するとともに、具体的な一週間のトレーニングプログラムの組み方もご紹介します。

    ■目次


    ■背筋の構造と作用
    ■猫背の原因と背筋の関係
    ■肩こりの原因と背筋の関係
    ■腰痛の原因と背筋の関係
    ■背筋力の平均値って?

    ■女性筋トレの負荷回数設定
    ■広背筋の鍛え方・筋トレ方法
    ■僧帽筋の鍛え方・筋トレ方法
    ■長背筋の鍛え方・筋トレ方法
    ■一週間の背筋プログラム

    ■自宅筋トレおすすめ器具
    ■バストアップは背筋から
    ■目的別の女性筋トレ紹介

    ■背中の筋肉・背筋群の構造と作用


    Teres_majorname.png

    背中の筋肉・背筋群には表層にある大きな筋肉である広背筋と僧帽筋のほか、脊柱沿いに分布する多数のインナーマッスル(最長筋・多裂筋・脊柱起立筋など)の総称である長背筋群があります。その作用と特徴は以下の通りです。

    ○広背筋:腕を上や前から引く作用があり、上半身で最大の筋肉です。

    ○僧帽筋:腕を下から引くとともに肩甲骨を寄せる作用があり、首の動きにも連動します。

    ○長背筋:体幹を伸展させるとともに姿勢を維持する作用があります。

    目次にもどる


    ■猫背の原因と背筋の関係


    cat-1660967_960_720.jpg

    生活様式の近代化と運動不足にともない、近年は猫背になる人が増加傾向と言われており、なかでも女性にその傾向が強いようです。猫背には「首猫背」「背中猫背」「腰猫背」「腹猫背」の四種類があり、その特徴と原因は以下の通りです。

    ①首猫背:ここ最近圧倒的に増加中なのが首猫背で、下向きでスマホを見ることが原因です。

    ②背中猫背:最も多く見られる猫背で、長時間のデスクワークなどが原因です。

    ③腰猫背:重いものを運ぶような重労働で発生する猫背です。

    ④腹猫背:女性に多い猫背で、背面の筋力低下による骨盤の前傾が原因です。

    ①は生活習慣の改善が必要ですが、②③④に関しては背筋を鍛えて背筋力を向上させることで改善されます。特に、上半身最大の筋肉である広背筋の強化が必要です。

    目次にもどる

    ■肩こりの原因と背筋の関係


    Trapezius_lateral4-300x300mix.png

    肩こりの原因は、僧帽筋を中心とした首から肩にかけての筋肉群の蓄積疲労と、運動不足からくる血行不良が主な原因です。

    この解消には、僧帽筋だけでなく、僧帽筋と連動性の強い肩甲挙筋や菱形筋などの周辺インナーマッスルを含めた運動=筋トレが有効とされています。

    目次にもどる

    ■腰痛の原因と背筋の関係


    backpain-1944329_960_720.png

    腰痛には大きく三つの原因があり、それは以下の通りです。

    ①内蔵疾患に起因するもの

    ②腰椎変形に起因するもの

    ③腰の筋肉の硬化や筋力低下に起因するもの

    ①は筋トレによる改善は不可能なので、専門医の治療方針に従ってください。②は椎間板ヘルニアに代表されるもので、こちらも専門医の治療方針に従ってください。③に起因する腰痛は、筋トレをして腰周辺の筋力を向上させることで改善されます。

    まずは、腰痛の原因をきちんと調べ、それぞれに適切な対処することが必要です。背筋力低下に起因する腰痛の場合は、痛いからと動かさずにいるとますます状況は悪くなります。少しずつでも運動・筋トレをして改善を図りましょう。

    なお、猫背や腰痛の改善目的以外にも、背筋のトレーニングはダイエットにも非常に効果的とされています。その理由を下記の記事にまとめましたので、あわせて、ご一読ください。

    ▼関連記事

    【背筋の筋トレがダイエットに有効な理由】自宅でできる女性むきのメニューも厳選してご紹介

    目次にもどる

    ■女性の背筋力の平均値って?


    workout-1730329_960_720-crop.jpg

    ここまで解説してきたさまざまな問題、すなわち猫背・肩こり・腰痛は背中の運動不足や背筋力の低下に起因するケースが少なくありません。その目安となるのが背筋力で、公共施設などでも測定できますので、自分が平均値より上なのか下なのかを把握しておきましょう。なお、日本人女性の背筋力の平均値は以下の通りです。

    10~13歳:60kg
    14~18歳:75kg
    19~26歳:85kg
    27~37歳:85kg
    38~45歳:80kg
    46~50歳:70kg

    目次にもどる

    ■女性筋トレの負荷回数設定


    20160711112831003_20170213053738a45.jpg

    筋トレで鍛える筋筋繊維には、短瞬発筋・長瞬発筋・持久筋の三種類があります。その特徴と筋トレでの負荷奇数設定は以下の通りです。

    ①短瞬発筋:10秒以内の短く強い筋収縮を起す筋繊維で、鍛えるとよく筋肥大し、10回前後の反復で限界がくる筋トレで鍛えます。

    ②長瞬発筋:10~60秒前後の短めで強めの筋収縮を起す筋繊維で、鍛えるとほどよく筋肥大し、15回前後の反復で限界がくる筋トレで鍛えます。

    ③持久筋:持続的で長時間の筋収縮を起す筋繊維で、鍛えると筋密度が向上しますが筋肥大はせず、20回以上の反復で限界がくる筋トレで鍛えます。

    女性の筋トレの場合、特に筋肥大をしたいという方向の方以外は、基礎筋力向上・猫背解消・肩こり解消・腰痛予防などが目的になりますので、③の持久筋を鍛えることになります。この場合、20回~30回の反復動作で限界がくる負荷・回数設定が適切な筋トレ方法です。

    目次にもどる

    ■広背筋の自宅での鍛え方・筋トレ方法


    ・自重筋トレなら斜め懸垂




    自宅での器具類を使わない自重筋トレとしておすすめなのが、動画のような机を流用した斜め懸垂です。背すじを伸ばし胸を張り、背中で引くイメージで身体を引き上げていきます。最後に顎を少し上げ、肩甲骨を寄せると広背筋が最大収縮し効果が高まります。

    ・ダンベル筋トレならワンハンドダンベルローイング




    ダンベルで広背筋を鍛えるのに効果的なのが片手をついて行うワンハンドダンベルローイングです。女性の背筋トレーニングの場合は、特に広背筋の中央部(背骨周辺)を意識して収縮させるとよいでしょう。胸を張り前を見て動作をするのがポイントです。

    ・チューブ筋トレならチューブラットプル




    広背筋を鍛えるのに最適なチューブトレーニングがチューブラットプルです。チューブの一端を頭よりも高い位置の壁などに取り付けて行ってください。ただ引くだけでなく、一回一回ていねいに肩甲骨を寄せてしっかりと効かせてください。

    目次にもどる

    ■僧帽筋の自宅での鍛え方・筋トレ方法


    ・自重筋トレなら斜め懸垂


    広背筋の項目でご紹介した斜め懸垂で、僧帽筋も同時に鍛えることが可能です。

    ・ダンベル筋トレならダンベルシュラッグ




    僧帽筋を鍛えるのおすすめのダンベル筋トレ種目がダンベルシュラッグです。ダンベルを下ろした時にやや背中をまるめてk¥僧帽筋を完全に伸ばし、肩をすくめるように僧帽筋を収縮させ、最後に肩甲骨を寄せて僧帽筋を完全収縮させます。

    ・チューブ筋トレならチューブローイング




    チューブ筋トレで僧帽筋を鍛えるのに最適なのがチューブローイングです。動画はセラバンドを使用していますが、原理はトレーニングチューブでも全く同じです。胸を張り、顎を上げてチューブを引き寄せます。この時に肘は開かず体幹に沿わせるように動作するのがポイントです。

    目次にもどる

    ■長背筋の自宅での鍛え方・筋トレ方法


    ・まずはバックエクステンション




    長背筋を自宅で鍛えるのなら、これ一択と言ってもよいスタンダードな筋トレ方法がバックエクステンションです。反動を使って動作をすると腰椎を痛めるリスクがありますので、身体を反らせる時も下ろす時もしっかりと動きをコントロールしてゆっくり行ってください。

    ・強度を上げてスーパーマンエクササイズ




    バックエクステンションの強度を上げた種目が、スーパーマンが空を飛ぶ姿勢に似ていることから名づけられたスーパーマンエクササイズです。背中を反らせて、一回一回しっかりと動きを静止させて効かせましょう。

    ・バランスボールバックエクステンション




    バックエクステンションをバランスボールの上で行うバランスボールバックエクステンションは、その不安定な動作のなかで長背筋だけでなく全身のインナーマッスルも鍛えることができる人気の種目です。

    ・臀筋群も同時に鍛える①レッグクロスレイズ




    背筋群と連動性の高い下半身の筋肉である臀筋群も同時に鍛えられるのがレッグクロスレイズです。

    ・臀筋群も同時に鍛える②レッグバックレイズ




    レッグクロスレイズの強度を上げた種目がレッグバックレイズです。

    目次にもどる

    ■一週間の背筋プログラム


    presentation-34893_960_720_201701192219216f8.png

    背筋群は筋疲労が溜まりやすい部位なので、鍛えたらしっかりと回復させるまで次のトレーニングは控えましょう。背筋群が回復に要する期間は、広背筋や僧帽筋などの表層筋で48時間、長背筋群などのインナーマッスルで72時間が一般的です。このため、日によって鍛える部位を分割し、一週間をかけてローテーションで鍛えていくのが理想です。

    以下に、具体的な一週間の背筋プログラムを組みましたので、ぜひ、ご活用ください。また、セット数は体力に合わせて増減していただいてけっこうですが、曜日ごとの種目設定や種目の順番は、それぞれの筋肉の連動性や回復期間を考慮していますので、そのまま実践していただくことをおすすめします。

    ○月曜日:広背筋のトレーニング日

    ・ななめ懸垂:20回×2~5セット
    ・ダンベルローイング:20回×1~3セット
    ・チューブラットプル:20回×1~3セット

    ○水曜日:長背筋のトレーニング日

    ・バックエクステンション:20回×2~5セット
    ※他のエクステンション系に置き換え可能
    ・バックレッグレイズ系:片足15回ずつ×2~5セット

    ○金曜日:僧帽筋のトレーニング日

    ・斜め懸垂:20回×1~3セット
    ・ダンベルシュラッグ:20回×1~3セット
    ・チューブローイング:20回×1~3セット

    目次にもどる

    ■自宅筋トレにおすすめの器具類


    ▼おすすめの懸垂グッズ

    2917168555_75c2dc651b_b.jpg

    本格的に自宅筋トレを始めるならば、まず揃えたいのが懸垂ラック・装置です。懸垂だけでなく腕立て伏せ・ディップ・腹筋など、一通りの自重トレーニングができるチンニングラックから簡易的にドア部分に取り付けるものまで、さまざまなタイプがあります。

    ▼関連記事

    【自宅懸垂器具】家庭用チンニングスタンドやドア型簡易装置

    ▼おすすめのトレーニングチューブ


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Patech フィットネスチューブ トレーニングチューブ

    トレーニングチューブは単品で買い揃えるよりも、強さの違う複数のものがセットされたものを購入するのがリーズナブルです。

    ▼関連記事

    【おすすめトレーニングチューブ】単品で揃えるよりセット購入がお得|自重トレの仕上げに最適

    【エクササイズバンドトレーニング】全身を部位別にダイエットする使い方とおすすめセットをご紹介

    ▼おすすめのダンベル


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    アーミーダンベル 10kg 2個セット レッド

    自宅ウエイトトレーニングのメインとなるのがダンベルですが、アイアンダンベル・ラバーダンベル・クロームダンベル・アーミーダンベルなどがありチョイスに悩みますが、床が傷つかずスタンダードスタイルのラバーダンベルまたはアーミーダンベルがおすすめです。

    ▼関連記事

    【ダンベルの種類と長所短所】目的別におすすめのダンベル|アイアン・ラバー・クローム・アーミー

    20170701042918904.jpg

    また、女性や初心者におすすめのダンベルがアーミーダンベルですが、当ジムで実際に使用しているアーミーダンベルを分解撮影し、その構造と重量の組み方や使い方を詳しく解説したのが下記の記事です。是非ご一読ください。

    ▼関連記事

    【女性と初心者におすすめのアーミーダンベル】重さが変えられ錆びない転がらない優れもの

    ▼おすすめのバランスボール


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Active Winner バランスボール 65cm シルバー ポンプ付き アンチバースト仕様

    バランスボールは安価なものではなく、やはりスポーツブランド製のものがおすすめです。サイズは直径65cmタイプが標準ですが、身長が低めの女性の方には55cmタイプをおすすめします。

    ▼関連記事

    【おすすめバランスボールと選び方】65~55cm各メーカー品とノンバースト仕様品のご紹介

    バランスボールは耐久性や反発力・弾力性の観点から、やはり上の記事内でご紹介しているようなアンチバースト仕様のものがおすすめです。


    目次にもどる


    ■バストアップには背筋トレーニングも大切


    pexels-photo-374633.jpeg

    バストアップのための筋トレと言えば、大胸筋のトレーニングにばかり意識が行きがちですが、バストの土台となる前に張り出した胸郭を作っていくためには、猫背などを解消し、美しく反った背筋作りが大切です。下記の記事では、バストアップのベースとなる自宅での背筋トレーニングを詳しく解説しています。是非、ご参照ください。

    ▼関連記事

    【バストアップは背筋から鍛える】自宅でできる女性の背中筋トレ(自重・チューブ・ダンベル)


    目次にもどる


    ■目的別の女性筋トレ紹介


    ●食事の知識や部位別ダイエット筋トレを解説


    以下の記事は、これまで筆者が執筆してきた「筋トレと食事メニュー」や「部分痩せダイエット筋トレ」に関する記事です。

    どの記事も、筆写が長年ジムトレーナーとして女性ダイエット会員を指導してきた経験に基づき、詳細に解説しています。

    是非ご参照いただき、読者のみなさまのダイエット成功のお役に立てれば幸いです。

    adult-1867743_960_720_2017032419440455a.jpg

    ・ムキムキにならずに痩せるダイエット筋トレ


    【女性のダイエット筋トレ完全版】ムキムキにならず痩せる一週間の自宅メニューと食事

    ・ダイエットに適した運動を厳選紹介


    【ダイエット運動おすすめ15選】効果的な種類とやり方|最適なタイミングと時間も徹底解説

    ・ボンキュッボンの美ボディー筋トレ


    【女性の美ボディメイク筋トレ】たった4ヶ所を鍛えるだけで美しい身体になれる

    ・バストアップ筋トレ


    【大胸筋の鍛え方女性版】バストアップのための自宅トレーニングメニューと器具を完全解説

    ・背筋の健康筋トレ


    【背筋の鍛え方女性版】猫背・肩こり・腰痛も解消し美姿勢になる自宅引き締め筋トレエクササイズ

    ・肩の美姿勢筋トレ


    【三角筋の鍛え方女性版】肩こり解消と美姿勢に効果的な自宅筋トレ

    ・下腹すっきり筋トレ


    【腹筋下部の筋トレ方法】下腹ぽっこりを引き締める5段階の鍛え方をご紹介

    ・二の腕痩せ筋トレ


    【二の腕を引き締め痩せる】ダンベルだけでOKな鍛え方と簡単筋トレプログラム|女性向け!

    【上腕三頭筋の鍛え方女性版】たるんだ二の腕を細く引き締める自宅筋トレ方法

    【上腕二頭筋の鍛え方女性版】筋肉を太くせずに二の腕を引き締める自宅筋トレ方法

    ・下半身痩せ筋トレ


    【女性の下半身ダイエット】太もも・内もも・お尻を部位別に簡単自宅筋トレ

    ・ダイエット筋トレと食事メニュー


    【筋トレ食事メニュー例】筋肉をつけるレシピやダイエット減量期のコンビニ食まで解説

    ・女性のダイエット向けグッズ




    ▼関連記事

    【実際に効果あるダイエット器具】おすすめグッズやマシンを試用|感想・口コミ評価を紹介

    ・女性のダンベルダイットのやり方


    201704241842316cb_20170528104532830.jpg

    ▼関連記事
    【ダンベルダイエットのやり方女性版】効果的な一週間のメニューと筋肥大しない重さの決め方

    ・女性のダイットチューブトレーニング


    tubediet.jpg

    ▼関連記事
    【ダイエットチューブトレーニング女性版】二の腕・お腹・下半身を漸増負荷エクササイズで引き締める

    ・ダイエットむきサプリ紹介


    20170606090232042.jpg

    【女性のダイエット筋トレサプリメント】三大サプリ+1を各メーカーから比較紹介

    また、女性のダイエット記事がご好評につき、女性のダイエットトレーニングに特化した新サイトを開設しました。是非ご活用ください。

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼新サイト人気記事▼
    【女性ダイエット筋トレメニュー】自宅で初心者も確実に痩せる一週間のプログラムの組み方

    ▼筋トレの全てはこちら

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが解説