【腹筋の構造と名称】腹直筋・内腹斜筋・外腹斜筋・腹横筋の作用と鍛え方を詳しく解説



    腹筋の構造と名称および作用について解説します。シックスパックを手に入れたい…でも、やみくもに腹筋運動を始める前に鍛える対象について理解することが、急がば回れで重要です。また、あわせて腹筋群と共働関係・拮抗関係にある体幹の筋肉群についても解説します。

    ■腹筋群の部位と名称





    一般に「腹筋」と呼ばれる筋肉は単一の筋肉ではなく、厳密には4つの筋肉が折り重なって四層構造で形成されている「腹筋群」です。

    腹筋群を構成する筋肉とその名称は、表層から順に以下の通りです。

    ①腹直筋(Rectus abdominis)

    ②外腹斜筋(Abdominal external oblique muscle)

    ③内腹斜筋(Abdominal internal oblique muscle)

    ④腹横筋(Transversus abdominis muscle)

    ■腹直筋の構造と作用





    腹直筋は、腹部表層に位置する筋肉でいわゆるシックスパックと呼ばれる部分です。

    体幹を屈曲・回旋・側屈させる作用のほか、腹圧を加える働きもあります。

    ▼関連記事

    【腹直筋上部の鍛え方】自重・チューブトレーニング・ダンベル筋トレからおすすめ種目を厳選紹介

    【腹直筋下部の鍛え方】自重・チューブトレーニング・ダンベル筋トレからおすすめ種目を厳選紹介

    ■外腹斜筋の構造と作用





    外腹斜筋は体幹側部に位置しており、肋骨および胸郭の引き下げ・脊柱の屈曲・骨盤の引き上げという作用を持っています。

    ■内腹斜筋の構造と作用





    内腹斜筋は外腹斜筋の深層に位置しており、外腹斜筋の補助筋として同様の作用を持ちます。

    ▼関連記事

    【内外腹斜筋の鍛え方】自重・チューブトレーニング・ダンベル筋トレからおすすめ種目を厳選紹介

    ■腹横筋の構造と作用




    腹横筋筋は腹筋群の最深層に位置しており、下位肋骨の下方に引き下げるとともに腹圧を上昇させる作用があります。

    ■腸腰筋群の構造と作用


    17-02-02-14-07-47-352_deco-1024x768_2017052005134793b.jpg

    腸腰筋群は、骨盤と大腿骨をつなぐ股関節周辺のインナーマッスルで、腹筋群のなかでも腹直筋下部と強い共働関係にあります。大腰筋・小腰筋・腸骨筋から構成され、脚を上げる作用とともに骨盤の位置を維持する作用もあります。

    ▼関連記事

    【腸腰筋の鍛え方完全版】大腰筋を中心にした筋トレ方法

    ■脊柱起立背筋の構造と作用


    long dorsal muscles

    脊柱起立筋は、脊柱沿いのインナーマッスル群である長背筋群(板状筋・脊柱起立筋・横突棘筋)の一部で、腸肋筋・最長筋・棘筋の三つの筋肉から構成されており、脊柱を起立(伸展)させ姿勢を維持する作用があります。腹筋群とは拮抗関係にある筋肉群で、腹筋を鍛えるのならば、あわせて鍛えたい筋肉群と言えるでしょう。

    ▼関連記事

    【脊柱起立筋の構造と鍛え方】腰痛や猫背の改善にも効果的なトレーニング方法

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事

    【腹筋女子】美しいシックスパックを持つ女性のトレーニング方法を動画でご紹介

    【腹筋を割る最短期間トレーニング】確実な筋トレ方法と体脂肪率10%を目指す食事メニュー