【ゴムチューブ筋トレ】腹筋・背筋・胸筋・下半身の仕上げに効果的なトレーニング方法を解説

    6862818780_8642e185ce_b.jpg

    ゴムチューブ筋トレはバリエーション豊かなアイソレーション種目(単関節運動)があるため、基本的にコンパウンド種目(複合関節運動)しかない自重トレーニングの仕上げに、ターゲットにした筋肉を個別に追い込むのに最適です。

    全身の筋肉部位別におすすめの単関節ゴムチューブ筋トレを厳選してご紹介します。


    ■大胸筋の単関節チューブ筋トレ




    大胸筋の仕上げに最適な単関節チューブ筋トレがチューブバタフライです。

    手と手を合わせてから、やや前方に腕を押し出し大胸筋を完全収縮させるとさらに効果があります。

    ■背筋の単関節チューブ筋トレ




    大胸筋のバタフライを前後逆にしたリバースフライは、背筋群の仕上げに最適な単関節チューブ筋トレです。

    しっかりと肩甲骨を寄せ、背筋群を最大収縮させるようにしてください。

    ■三角筋の単関節チューブ筋トレ




    三角筋のなかでも重要な側部の仕上げ単関節チューブ筋トレとして、おすすめなのがチューブサイドレイズです。

    上体を反らせすぎると僧帽筋に刺激が逃げるので注意してください。

    ■上腕三頭筋の単関節チューブ筋トレ




    上腕三頭筋の仕上げ単関節チューブ筋トレに最適なのが、チューブトライセプスエクステンションです。

    腕を伸ばしきった後に、上腕を回内(手の平が下を向く方向)させると、上腕三頭筋が最大収縮し効果が倍増します。

    ■上腕二頭筋の単関節チューブ筋トレ




    上腕二頭筋の仕上げ単関節チューブ筋トレとしておすすめなのが、チューブカールです。

    腕を曲げながら前腕を回外(手の平が外を向く方向)させると、上腕二頭筋が最大収縮して効果が増します。

    ■下半身の単関節チューブ筋トレ




    大腿四頭筋の仕上げ単関節チューブ筋トレに最適なのがレッグエクステンションです。

    脚を伸ばしきった後につま先を手前に向けると、大腿四頭筋が完全収縮します。



    レッグカールはハムストリングスの仕上げ単関節チューブ筋トレとしておすすめの種目です。

    脚を曲げながらつま先を伸ばすと、ハムストリングスが最大収縮します。

    ▼おすすめのトレーニングチューブ


    トレーニングチューブは単品で買い揃えるよりも、強さの違う複数のものがセットされたものを購入するのがリーズナブルです。


    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    Amzdeal トレーニングチューブ 5本セット

    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5_2017062915192601a.jpg
    enkeeo トレーニングチューブ 5本セット

    また、下記のようなショートタイプのエクササイズバンドも使い勝手がよく、なかでも肌に優しい天然ゴム製のタイプがおすすめです。

    20170618072439501.jpg

    Active Winner エクササイズバンド 強度別5本セット

    エクササイズバンドに関しては、実際に当ジムの備品として採用したものの試用レポートをまとめてありますので、是非ご参照ください。

    ▼試用レポート記事

    【おすすめエクササイズバンド】アクティブウィナー(ActiveWinner)のゴムバンド試用レポート

    ▼エクササイズバンドダイエット方法

    【エクササイズバンドトレーニング】全身を部位別にダイエットする使い方とおすすめセットをご紹介

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事


    【チューブトレーニング完全版】胸筋・背筋・腹筋・肩・腕・脚などに効果大でおすすめのメニュー紹介

    【おすすめトレーニングチューブ】単品で揃えるよりセット購入がお得|自重トレの仕上げに最適