【フロントレイズ4種類】三角筋前部を集中的に鍛える方法を解説

    Barbell-front-raises-1.png

    三角筋前部の仕上げアイソレーション種目(単関節運動)として効果的なフロントレイズを、その使用する器具別にご紹介します。

    ■チューブフロントレイズ




    自宅でも簡単にでき、自重トレーニングやダンベル筋トレの仕上げとして効果的なのがチューブフロントレイズです。

    チューブトレーニングは、その特性上、あらゆるポションで負荷がかかる上、引くほど負荷が強くなる暫増負荷がメリットです。

    ■ダンベルフロントレイズ




    フロントレイズの基本とも言えるのがダンベルフロントレイズです。

    背中を反らせるように反動を使うと、刺激が僧帽筋に逃げてしまうので中位が必要です。

    なお、両手を同時に上げるやり方だと反動を使いがちですので、交互にダンベルを上げるオルタネイトで行うことをおすすめします。

    ■バーベルフロントレイズ




    バーベルフロントレイズは両手でウエイトを保持できるので、ダンベルに比べると高重量でトレーニングができるというメリットがあります。

    反面、反動を使ってしまいがちですので、完全にコントロールできる重量設定で行ってください。

    ■ケーブルフロントレイズ




    ケーブルフロントレイズはどのポションでも均一な負荷がかかるため、とても効率的なマシントレーニングです。

    ▼この記事を読んだ人におすすめの記事

    【三角筋の鍛え方完全版】でかい肩を作り逆三角形になる筋トレをトレーナーが解説