【腹直筋下部の鍛え方】自重・チューブトレーニング・ダンベル筋トレからおすすめ種目を厳選紹介

    25512851484_18c1f2a571_b.jpg

    腹直筋下部の鍛え方を、自重トレーニング・チューブトレーニング・ダンベルトレーニングから厳選してご紹介します。腹直筋下部の筋トレは腹部全体や下腹の引きしめにとても重要です。

    ■腹直筋下部の自重トレーニング




    腹直筋下部に効果の高い自重トレーニング種目がデクラインレッグリフトやレッグレイズと呼ばれる足上げ運動です。反動を使うと腰を痛めるリスクがあるので、腰に不安のある方は慎重に動作を行ってください。



    器具なしで床で行う腹直筋の自重トレーニングとして効果的なものがVアップまたはVシットと呼ばれる種目です。上半身よりも足を上げることに意識を集中しましょう。

    ■腹直筋下部のチューブトレーニング




    足上げ運動が苦手な方は、こちらの動画のようにトレーニングチューブの張力を補助に使ったレッグレイズがおすすめです。



    また、逆に負荷を強めたい方は、この動画のようにトレーニングチューブの張力を負荷に使ったレッグレイズを行うとよいでしょう。

    ■腹直筋下部のダンベル筋トレ




    腹直筋下部を高い強度で鍛えこみたい場合は、こちらのダンベルレッグレイズがおすすめです。

    ●腹筋の筋トレにおすすめの器具類


    ・腹筋の筋トレにおすすめのシットアップベンチ



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) パワークランチベンチ

    シットアップベンチでおすすめなのが、こちらのような角度調整が可能でグリップのついた、シットアップやクランチのほかにレッグレイズもできるタイプです。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    ファイティングロード (FIGHTINGROAD) シットアップベンチ

    また、リーズナブルさにこだわるのなら、こちらのようなトレーニング器具メーカーのものが強度的にもおすすめです。

    ・腹筋の筋トレにおすすめのトレーニングチューブ



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    enkeeo トレーニングチューブ エクササイズバンド 5本セット

    トレーニングチューブは単体で買い揃えていくよりも、はじめから強度の違うチューブがセットになったものが断然リーズナブルです。また、こちらのようにグリップがついているものの方が、保持がしやすくトレーニングに集中できます。

    ・腹筋の筋トレにおすすめのダンベル



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    IROTEC(アイロテック) ラバー ダンベル 40KGセット (片手20KG×2個)

    男性で他の筋肉部位も鍛えていく予定なら、こちらのような40kgのラバーダンベルがイチオシです。ダンベルは後でウエイトだけ買い足すと割高になりますので、はじめからある程度の重量セットを購入することをおすすめします。



    pattern-1341253_960_720-crop-crop_201705222028581c5.jpg
    アーミーダンベル 10kg×2個セット レッド LEDB-10R*2 錆びません! [ダンベルトレーニング 筋トレ]

    また、女性や腹筋しか鍛えない予定の男性ならば、こちらのような転がらず錆びないアーミーダンベルの10kgセットがおすすめです。

    ■この記事を読んだ人におすすめの記事


    【腹直筋上部の鍛え方】自重・チューブトレーニング・ダンベル筋トレからおすすめ種目を厳選紹介

    【内外腹斜筋の鍛え方】自重・チューブトレーニング・ダンベル筋トレからおすすめ種目を厳選紹介

    ▼さらに詳しい腹筋トレーニング

    【腹筋を割る最短期間トレーニング】確実な筋トレ方法と体脂肪率10%を目指す食事メニュー

    ▼筋トレの全てはこちら

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが解説