▼当サイトメイン記事▼
    筋トレメニュー完全版女性ダイエット筋トレ

    【背筋のジムマシン筋トレ】部位別に効果的な種目の使い方・やり方・鍛え方を完全紹介

    backmachine.png

    ジムでマシンを使って背筋を鍛える筋トレ種目のやり方と各種マシンの使い方=鍛え方を解説します。本記事を参照いただければ、パーソナルトレーナーなしでもしっかり効果的に背筋を鍛えることが可能です。

    ------【人気記事PR】------
    ▼当サイトメイン記事▼
    【筋トレメニュー完全版】
    【筋トレの食事メニュー】
    ▼男性むけの記事▼▼女性むけの記事▼
    自宅トレーニング法ダイエット筋トレ法
    自重トレーニング法自宅ダイエット運動
    ダンベル筋トレ方法ダンベルダイエット
    バーベル筋トレ方法バーベルダイエット
    大胸筋の筋トレ方法バストアップ筋トレ
    背筋群の筋トレ方法背中引き締め筋トレ
    腹筋を割る筋トレ法下腹引き締め筋トレ
    腕を太くする筋トレ二の腕やせの筋トレ
    下半身の筋トレ方法太腿引き締め筋トレ

    -------------------


    ■背筋の部位分けと作用


    ●僧帽筋・広背筋側部・広背筋中央部・長背筋に分けられる


    Infraspinatus-tile.jpg


    背筋はその位置と主な作用により4つの部位に分けて考えることができ、それは以下の通りです。

    ○僧帽筋
    下方から腕を引き上げる作用と広背筋が完全収縮したあとにさらに肩甲骨を引き寄せる作用があります。

    ○広背筋側部
    上方から腕を引き寄せる作用があります。

    ○広背筋中央部
    前方から腕を引き寄せる作用があります。

    ○長背筋(最長筋・多裂筋・脊柱起立背筋など)

    体幹を伸展させる作用とともに脊柱を支え姿勢を維持する働きがあります。

    ◆目的別の筋トレ回数負荷設定


    20160711112831003_20170213053738a45.jpg

    ご紹介する各筋トレメニューは、その目的によって以下の回数で限界がくる重量・負荷・速度の設定で行ってください。

    ○筋肉肥大筋トレ:10回前後の反復回数

    ○引き締め筋トレ:15回前後の反復回数

    ○ダイエット筋トレ:20回前後の反復回数

    ※前腕・ふくらはぎ・腹筋群・長背筋群は全て20回以上の反復回数で鍛えてください。

    ▼参考記事

    【筋トレの回数設定】筋肥大やダイエットなど目的別の1セットレップ数の目安

    ■広背筋側部のジムマシン筋トレ


    ●ケーブルラットプルダウン




    広背筋側部に効果的なだけでなく、背筋全体にも効果の高い種目がケーブルラットプルダウンで、背筋トレーニングのはじめに行いたい種目です。

    ポイントは、胸をはり状態を軽く傾けやや上を見て動作を行うことです。また、フィニッシュポジションでは肩甲骨を完全に寄せ、肘が体幹よりも後方にくるように意識してください。

    ▼関連記事

    【ラットプルダウン完全版】懸垂との違い・効果的なやり方・各種バリエーションを解説

    ●ラットプルビハインドネック




    上で紹介した通常のラットプルダウンは、やや動作が難しく初心者の方は上手く効かせられないことも少なくありません。

    そのような場合におすすめなのが、首の後ろにバーを引き寄せるラットプル・ビハインドネックです。

    ●ラットマシンプル




    ジムによってはケーブルではなく可動アーム式のラットマシンがありますが、動作の基本ポイントはケーブルラットプルとほぼ同様です。ケーブルマシンと違い身体を前後方向に動かせないので、反動を使わずよりストリクトに鍛えたい場合にもおすすめです。

    ■広背筋中央部のジムマシン筋トレ


    ●ケーブルローイング




    広背筋中央部を中心に僧帽筋にも効果的なマシントレーニング種目がケーブルローイングです。胸を張り、やや上を見て動作を行うことで効率的に背筋群を動かすことができます。

    ▼関連記事

    【ケーブルローイング】背筋のケーブルマシントレーニング|6種類のやり方を解説

    ●Tバーローイング




    ▼関連記事

    【Tバーローイング】フリーウエイト感覚で背筋群を鍛えられるマシン筋トレを解説

    フリーウエイトトレーンニングに近い感覚で広背筋中央部や僧帽筋を鍛えることのできるマシン筋トレがTバーローイングです。背中を丸めて行うと腰を痛める危険性がありますので注意してください。背中が丸まらないためには、前を見て動作を行うことがコツになります。

    ●スミスマシンベントオーバーローイング




    フリーウエイトトレーニングに非常に近い感覚で背筋群を鍛えることのできるマシントレーニングがスミスマシンベントオーバーローイングです。動作を行う基本となる「ニーベントスタイル」は多くのトレーニング種目で必要な姿勢ですので、ぜひ習得しておきたいものです。

    Barbell-rear-delt-row-2_201612110833490b9.png


    こちらが、ニーベントスタイルの基本を図にしたものです。ご参照ください。

    ▼関連記事

    【スミスマシンの使い方完全版】ベンチプレス・デッドリフト・スクワット以外にも種目が豊富

    ■僧帽筋のジムマシン筋トレ


    ●ケーブルショルダーシュラッグ




    僧帽筋を集中的に鍛えることのできるケーブル筋トレがケーブルショルダーシュラッグです。肘を曲げると他の筋肉が動員されてしまうので、肘は伸ばしたまま動作を行ってください。

    ●ケーブルアップライトロー




    三角筋のトレーニングとして知られるケーブルアップライトローですが、マシンから少し距離をとり、その引く軌道を斜め後方にすることで僧帽筋を鍛えることも可能です。

    ▼関連記事

    【ケーブルマシン筋トレ完全版】最大収縮まで負荷がかかり続ける魅力のトレーニング法

    ■長背筋のジムマシン筋トレ


    ●バックエクステンションマシン




    長背筋群に有効なマシントレーニングがバックエクステンションマシンです。長背筋はインナーマッスルなので、他の背筋群トレーニングとは違い、低負荷高反復回数(20~30回)で行ってください。高負荷で行うと腰椎損傷のリスクがあります。

    また、背筋トレーニングではつい顎を引きがちですが、背筋の収縮方向に連動した首の動きは後方伸展ですので、必ず顎は上げて動作をしてください。

    ●ケーブルバックエクステンション




    ケーブルマシンを使ってバックエクステンションを行うことも可能です。背中は一直線に伸ばした上体を保って行ってください。

    ▼関連記事

    【腰痛を改善する3つの筋トレと柔軟】急がば回れで共働筋と拮抗筋を鍛える方法

    ■筋トレの効果を高める食事とサプリメント


    ●タンパク質主体の食事を心がける


    healthy-food-1348430_960_720_20161204061411201.jpg

    筋トレの効果を高めるためには、まずはしっかりとタンパク質を摂ることが大切です。一日に体重1kgあたり10gのタンパク質食品(純タンパク質で約2g)を摂るようにしましょう。筋トレと食事に関する詳しい情報は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレ食事メニューの科学】筋肥大レシピやダイエット料理からコンビニ食まで完全解説

    ●プロテイン・BCAA・クレアチンがおすすめ


    health-621351_960_720_2016120406193234a.jpg

    さらに筋トレ効果を高めたい場合は、食事だけでなくサプリメントも有効に活用していきましょう。なかでも、プロテイン・BCAA(分鎖岐アミノ酸)・クレアチンの三種類は基本的かつ効果が科学的に確認されています。その使い方は下記の記事をご参照ください。

    ▼関連記事

    【筋トレサプリ25選】プロテイン・BCAA・クレアチンの効果的な摂取方法

    ▼筋トレの全てはこちら


    20160221172218703_2016111806301444f.jpg

    【筋トレメニュー完全版】効果確実な鍛え方と一週間の組み方をトレーナーが例示|自宅からジムまで


     

    スポンサーリンク

    ▽ただ今人気▽

    ▽話題の記事▽


    最新記事

    Futamitcメインページ|当サイト人気記事・新着記事と各関連ページのご案内 2020/01/01
    【サーモンエッグの作り方】筋トレ翌朝の高タンパク質メニューにおすすめ 2018/02/20
    【筋トレむきビッグマック改】肉と豆腐を追加してバルクアップ最適化チャレンジ 2018/02/19
    【超特大お買い得うなぎ】こだわりのジャポニカ種蒲焼きを試食レポート 2018/02/19
    【アンダーアーマー】訳あり・アウトレット・激安品情報|最新情報を随時更新中 2018/02/18
    【40代の自宅ダイエット筋トレ】男性・女性も成功のためには代謝を上げて継続できるメニューが大切 2018/02/18
    【上腕筋の鍛え方】腕力を決める肘を曲げる動作の主働筋の筋トレ方法を解説 2018/02/18
    【家庭用トレーニング用品】四大ブランドのダンベル・ベンチ・パワーラックなどを比較紹介 2018/02/18
    【初心者の筋トレメニュー完全版】自宅とジム各々の鍛え方と一週間の組み方を例示 2018/02/18
    【おすすめバランスボールと選び方】65~55cm各メーカー品紹介と選び方・使い方のポイント解説 2018/02/18


    【記事一覧はこちら】

    【筋トレ主要記事一覧はこちら】

    【筋トレ食事記事一覧はこちら】

    【生物写真集&グッズ記事一覧】

    サイト情報

    【FutamiTC.jp】

    トレーニングジムFutamiTC公式ブログ

    筋トレ関係情報はもちろん趣味紹介記事から科学記事まで幅の広い総合情報ブログメディア



    【人気記事一覧はこちら】

    ▼ダイエット専門サイトOPEN▼

    ▼ダイエット専門サイトメイン記事▼

    【女性自宅ダイエット筋トレ】

    ▼筋トレ専門サイトOPEN▼

    ▼筋トレ専門サイトメイン記事▼

    【筋トレメニュー100種大全】

    ▼FutamiTC公式Facebookページ▼


    ▼FutamiTC公式twitter▼


    Author:FutamiTC


    運営者:K.K
    ・グッズ記事担当
    ・Facebook広告担当
    ・Instagram広告担当

    執筆者:G.K
    ・トレーニング記事担当
    ・生物学学芸員/教育学士
    ・アームレスリング元日本代表
    ・ジムトレーナー

    プライバシーポリシー

    お問い合わせ:btjkuga@yahoo.co.jp



    当サイトは個人のジムブログであり、記事に記載されている内容は当ジムメンバーの実体験に基づく主観的意見および感想です。このため、記事の情報やこの情報を用いて行う利用者の判断について、当サイトFutamitc.jpは一切の責任を負うものではありません。記事の情報を用いて行う行動に関するあらゆる判断および決定は、利用者自身の責任において行っていただき、必要に応じて専門家等に相談されることを推奨いたします。また、トレーニングにおいては十分にウォーミングアップを行い、利用者自身の体力にあわせて動作を行うとともに、痛みや危険を感じる場合はすみやかに行動を中止することを推奨します。なお、当サイトの画像・テキストのコピペ・リライト・まとめ引用は固くお断りしており、場合によっては法的手段に訴えることもあります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ